- あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【新刊】数字に強いと思っている人ほど自分が損していることに気がついていない〜「ケチな社長はなぜお金を残せないのか?」

ケチな社長はなぜお金を残せないのか?
ケチな社長はなぜお金を残せないのか?

3/24にかんき出版から
「ケチな社長はなぜお金を残せないのか?」という本が発売されました。

今回のテーマは「正しい損得の考え方」と言うもの。

巷では、半ば得をするための常識であるように語られていることが、
実は損であるということを15テーマでまとめています。

・減価償却費は支出もないのに損金になるオイシイ経費

・生命保険だと節税しながら退職金の準備ができる

・借金をせず自己資金で投資をした方が安全

・1割値上げと1割増販では増える利益は一緒

・原価割れするような価格なら受注しないほうがいい

・賃貸だといくら家賃を支払っても自分の物にならないのでムダ

・若いころから貯蓄代わりに生命保険に加入を

・自己資金で投資をすれば資金のコストはタダ

・税金を支払うくらいなら中古のベンツを買う

もし、ひとつでもそう思われた方はぜひこの本を読んでみてください。

残念ながらあなたは損をしています。

意外と「自分は数字には強い」と思っている人ほど
こういう思い込みをしているかもしれません。

この本を読めば、在庫と売上原価、原価計算、借金のリスクと効能、
持ち家と賃貸、資金調達と時間のコスト、設備投資と減価償却、
生命保険の仕組みとその節税対策などについて、
実はその本質はこういうものだったのかということに気がつくはずです。

20150321215320.jpg

正しい意思決定を積み重ね、損をすることなくお金を残したい社長に
是非お読み頂きたいと思います。

書店などで見かけたらお手にとってみてください。

ケチな社長はなぜお金を残せないのか?
ケチな社長はなぜお金を残せないのか?


【おさらい】会社にとって最も大切にすべき資源はなにか

スクリーンショット20150309162500

先日の経済性工学の勉強会でのネタを一つ紹介します。

数ある選択肢の中から一つのみを選択する(排反案)場合、
利益を極大化するためには、単純に「利益額」の
最も大きな選択肢を選ぶ事になります。

では、ある条件の中でいくつかの選択肢を選ぶ(独立案)場合には、
どんな優先順位で選択をすればよいのでしょうか。

今回はそんな意思決定の優先順位と利益を極大化するには
どんな資源(リソース)を最も大切にすべきかというお話をしようと思います。





⇒ 続きを読む 【おさらい】会社にとって最も大切にすべき資源はなにか

【御礼】第八回NoPlan勉強会「会計ではわからない本当の損得の考え方」にご参加いただきありがとうございました。

20150319075132.jpg

先日、お客様やお世話になった方限定のクローズドの勉強会を致しました。

タイトルは「会計ではわからない正しい損得の考え方」というもので
いわゆる経済性工学について一緒に議論をしました。

従来の会計的利益計算とは異なるややニッチで難易度の高いテーマだったので、
参加者は少ないものかと思っておりましたが、実際には過去最高のお申し込みを頂きました。

キャンセルを見込んで、実は当日までオーバーブッキングの状態でしたが、
大幅に増席をした収容人員ギリギリの30名の方にご参加を頂きました。(汗

勉強会後の個別の質問も多く、予想外に参加された方の関心の高いテーマなんですね。

ご参加いただいた方、貴重なお時間を頂きありがとうございました。






⇒ 続きを読む 【御礼】第八回NoPlan勉強会「会計ではわからない本当の損得の考え方」にご参加いただきありがとうございました。

【収録】日経トップリーダー経営者クラブ・トップの情報CDに社長力アップ講座が収録されております

20150313173325.jpg


日経トップリーダー経営者クラブで毎月頒布されている
トップの情報CD・2015/3月号に以前担当させていただいた
社長力アップ講座の内容が収録されております。

メインテーマは「理想的な役員報酬を考える」というもの。

中小企業のオーナーの場合、
役員報酬額を決める=個人と会社でどのようにお金を残すのか
という問題であり、法人税・所得税・社会保険料の負担を最少にするような
役員報酬額に設定するということが基本になります。

法人税が減税される一方、所得税が増税され、社会保険料の負担が増加する中では
役員報酬額を僅少にして、会社にお金を残すほうが有利だということに
基本的にはなるでしょう。

しかし、それをあまりに追求すると思わぬところで落とし穴に陥る
という話をしています。

既に日経トップリーダー経営者クラブにご加入の方は、お時間があれば
お手元のCDをお聞きになってみてください。

まだの方も、移動中に聞くのに便利なCDが毎月頒布される上に、
充実した無料のセミナーが用意されているなど魅力的なサービスですので
日経トップリーダープラチナ会員によろしければご加入をしてみてはいかがでしょう。

日経トップリーダープラチナ会員

日経トップリーダー経営者クラブ


【御礼】日本政策金融公庫「創業支援フォーラム」にご参加いただきありがとうございました。

20150212092238.jpg

本日、日本政策金融公庫主催、日経トップリーダー協力による
「創業支援フォーラム」に登壇させていただきました。

第一部は、日本最大級のクラウドソーシング企業であり、上場も果たした
株式会社クラウドワークスの吉田浩一郎社長。

ドリコムでも執行役員として上場を経験した後、
いろいろな事業にチャレンジしては失敗。

その経験を元に二度目の起業で上場を果たしたというそのお話は、
非常に興味深く、特に出資を受けることのメリットというものが
その本質をついているようで、大いに腑に落ちるものでした。

第二部は、私の苦しい一年目の乗り切り方とどんな時代も
生き残る無敵の会社を作る6つのキーワードについて。

あまり話すことのない、自分自身の独立に至った経緯や
起業直後の苦悩の時代についても語らせていただきました。

第三部は、

・上場企業の代表取締役である吉田社長
・日本政策金融公庫の東京地区統括
・日経トップリーダーの編集長

そして、なぜか一介の町の税理士である私という
4人で、参加者から頂いた質問に答える形での
パネルディスカッションを。

無料セミナーでは珍しく、出席率も極めて良い上に、
ご参加いただいた方は、非常に熱心で
メモを一生懸命に取っている姿が印象的でした。

どれだけ、起業志願ないし起業したての参加者の方々に
お役に立てたかはわかりませんが、少しでも
参考になることがあったのであれば幸いです。

貴重な機会を頂いた、日本政策金融公庫さん、日経トップリーダーさんにも
御礼申し上げます。

ご参加を頂き、どうもありがとうございました。


【比較】クラウド会計や弥生スマートコネクトを使いこなすために必要なたった一つのこと

スクリーンショット 20150302114342

確定申告のために経理処理に苦悩している方も多い時期でしょう。

そんな方のために、「簿記の知識がなくてもオンライン上の預金や
クレジットカードなどのデータから自動で仕訳を作成し、
簡単に確定申告が出来る」という謳い文句の
「クラウド会計サービス」が台頭してきました。

その代表格には、freeeMFクラウド会計というものがあります。

そこに加えて、市販会計ソフトシェアNo.1の弥生会計も
満を持して、オンラインデータの取り込み機能「弥生スマートコネクト」
リリースしました。

今回は、それらの使用感を比較し、どうすればそれらの
機能を最大限生かせるようになるのかを考えてみましょう。

⇒ 続きを読む 【比較】クラウド会計や弥生スマートコネクトを使いこなすために必要なたった一つのこと

【超速報】平成27年度税制改正大綱まとめてみました

さて、本日、やっと平成27年度税制改正大綱が発表されました。

127ページにも及ぶ資料の中から、主に個人の生活と
中小企業経営に関わるものをピックアップしてみました。

なお、速報版なので、ミス等ありましたらご指摘いただければ幸いです。

⇒ 続きを読む 【超速報】平成27年度税制改正大綱まとめてみました

【掲載】日経トップリーダーにセミナーの様子とエッセンスを掲載していただきました。

nikkei350.png

攻めるオーナーのための経済誌「日経トップリーダー」2015.1月号に
10月に日経トップリーダーさんが主催をし、私が講師をさせていただいた
「社長力アップ講座」の様子とそのエッセンスを掲載していただきました。

会社と個人にお金を残すための基本的なテクニックを中心に
お話を致しましたが、その中でも役員報酬の決定方法について
ピックアップして頂いております。



お手に取る機会があれば、ご一読いただければ幸いです。


【掲載】プレジデントムック「充実シニアライフガイド相続・贈与・事業承継」にインタビュー記事を掲載していただきました。

充実「シニアライフ」ガイド 相続・贈与・事業承継 (プレジデントムック)
充実「シニアライフ」ガイド 相続・贈与・事業承継 (プレジデントムック)

プレジデント誌のムック「充実シニアライフガイド相続・贈与・事業承継」の中で、
遺産相続の思わぬトラブル事例とその対処法について語らせて頂いております。

このムックは、相続・贈与について知っておきたい基礎知識から「争続」トラブルの回避法、
円満な事業承継のポイントまで一冊でコンパクトにまとまっていますので、
よろしければお手にとって見てください。


【御礼】「会社の数字に強くなる!」が9刷となりました

20141121164505.jpg

ディスカヴァートゥエンティーワンさんから出していただいた
「会社の数字に強くなる!」が再度重版となりました。

2012年の4月に出てからもう2年半が経過しておりますが、
まだまだ順調に販売されているようです。

おかげさまで先月に続き9刷となりました。

既にお買い求め頂いた方々、ありがとうございます。

まだの方は、コンビニで見かけた際には、お手にとって見てください。

【御礼】「2時間で丸わかり不動産の税金の基本を学ぶ」が4刷となりました

2時間で丸わかり 不動産の税金の基本を学ぶ
2時間で丸わかり 不動産の税金の基本を学ぶ

2月にかんき出版より発刊させていただいた
「2時間で丸わかり不動産の税金の基本を学ぶ」が4刷となりました。

発売から9ヶ月以上経ってのさらなる重版、お読み頂きありがとうございます。

これで、16,000部となりました。

派手な本ではありませんが、不動産の税務を学ぶ新しい定番と
なるよう、今後とも応援のほどよろしくお願い致します。

しかし、この時期に解散総選挙とは。

税制改正大綱の発表も大幅に遅れるようで、
税法の本を書く者としては、政策の賛否云々以前にイラッとしますね(汗


【御礼】第七回NoPlan勉強会「隣の相続はなぜあんなにもめたのか」にご参加頂きありがとうございました

なぜ隣の相続はあんなにもめたのか

先日、相続についてクローズドの勉強会を致しました。

やはり、この時期相続に対する関心は高いようで、
隣のセミナー会場も全く同じテーマで講演が行われていました。(汗

ご参加頂いたみなさま、どうもありがとうございました。

ちなみにこんなことを話しました。


⇒ 続きを読む 【御礼】第七回NoPlan勉強会「隣の相続はなぜあんなにもめたのか」にご参加頂きありがとうございました

【御礼】「会社の数字に強くなる!」が8刷となりました

20141121164505.jpg

ディスカヴァートゥエンティーワンさんから出していただいた
「会社の数字に強くなる!」が再度重版となりました。

2012年の4月に出てからもう2年半が経過しておりますが、
まだまだ順調に販売されているようです。

おかげさまで8刷となりました。

既にお買い求め頂いた方々、ありがとうございます。

まだの方は、コンビニで見かけた際には、お手にとって見てください。


【御礼】日経トップリーダー社長力アップ講座にご参加いただきありがとうございました

20141027205839 のコピー

本日、日経トップリーダー様主催の社長力アップ講座
講師を務めさせていただきました。

テーマは「会社を伸ばす財務戦略」

社長が、本当の意味で会社の数字に強く、お金を残すことが出来る様になるには
どの数字に着目すべきかというという話をさせていただきました。

財務という比較的集客がしづらいテーマでありながら
120名ものお申し込みを頂いたそうで。

その分、お聞きになって頂く方の業種や事業規模も幅広くなり、
それに合わせて最大公約数的なことを90分という時間でしなくてはならず
普段私が話していることのダイジェスト版になっていたかと思います。

20141027205836.jpg

もし、一つでもご興味があることがあれば、その分野について
私の書籍や勉強会の音源等で深堀りをしていただけたらと思います。

ご参加いただいた方、何度も貴重な機会を頂いた日経トップリーダー様、
本当にありがとうざいました。

20141027205840.jpg


私がSNSを仕事で使う上でやらないと決めた8つのこと

スクリーンショット20141012223806

twitterを始めたのが2009年の7月。

よくわからないながらも、いつかは仕事に活かせるかと
思い使ってみてもう5年以上が経ちました。

twitterやfacebookといったいわゆる
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に、
仕事を得る効果があるのかというと
結論は「ある」と思います。

実際に、セミナー等の集客については、これといった告知媒体を持たない中で、
有力な告知の手段になっています。

税務顧問契約についても、セミナーなどを受講していただいた方と、
SNSでの接触を通じて後日契約に至る例もあります。

やはり、SNSは「人は接触頻度が高いものに対して好意を持つ」という
ザイアンス効果(単純接触効果)を得るのに有力なツールだと言えるでしょう。

一方で、SNSは「時間泥棒」と言われるほど中毒性が高く、
人によっては無駄に時間を費やしがちです。

また、SNSでの発言によっては、無意味な論争に巻き込まれたり
かえって評判を落としたりということもあります。

twitterの臨界に巻き込まれてみました

そこで、今回は、5年間SNSをやってみて、税理士である私が
集客効果を得ながら時間的なロスを極力減らし自身の評価を守るために
「SNSでやらないと決めたルール」について話してみようと思います。

⇒ 続きを読む 私がSNSを仕事で使う上でやらないと決めた8つのこと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。