【新刊】日経BP社より「会社の財務」本日発売です - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » 会社の財務 » 【新刊】日経BP社より「会社の財務」本日発売です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【新刊】日経BP社より「会社の財務」本日発売です

kaisyanozaimu-160.jpg

さて、10月28日に日経BP社より
「会社の財務」を上梓させて頂きました。

今回は、まさに
「私の税理士としての経験と執筆活動の集大成」
とも言うべき書籍で、相当本気で書かせて頂きました。

「20万字以上」という通常の書籍の2倍以上の執筆量の中から
ギリギリまでの磨き込みを掛けたかなりの力作だと自負しております。

先行き不透明な時代を勝ち残る中小企業には
「少数精鋭による高効率経営」が不可欠であるという
開業以来の持論を実現するための手法について
自らの経験を元に余すことなく書かせて頂きました。

もし、ご興味があればお手に取って頂ければ幸いです。

なお、今回はいわゆる書店で販売をする書籍ではありません。
お求めは日経BP社さんのサイトからお申し込みください。

また、当事務所に経由で
お買い求め頂くことも可能です。


(期間限定ですが、お礼の特典を付けさせて頂きました)

なお、申し訳ありませんが通常の書籍よりは少しお高め。
また別巻の「会社の労務」とのセット販売となります




<目次>

1無敵の会社を作る財務戦略

第一章 無借金経営はそんなに偉いのか
第二章 会計知識があなたの会社の資金繰りを救う
第三章 金銭的な有利不利を分ける6つのキーワード
第四章 「無敵の会社」になるもう一つの財務

2裏技ではない真っ当な銀行対応

第一章 金融機関に対する基本姿勢はこう理解
第二章 銀行の行動原理を知っておこう
第三章 これだけは知っておきたい!銀行取引の基礎
第四章 銀行はあなたをこうやって評価している

3困ったときの財務問題解決Q&A50問

<以下「はじめ」により>

 リーマンショックに端を発した
今回の世界同時不況は、金融・不動産業はもちろん、
それ以外の分野でも名だたる大手企業にも
大きな打撃を与えました。

しかし、「売上高が8割、9割減」という
一企業の改善努力を超えるレベルの衝撃を受けたのは
そんなマネーゲームとは何の関係もない中小企業の方です。

また、この不況に対応するため、
金融機関は中小企業に対し融資先選別の動き
を強めてきています。

業績の良い会社に対しては非常に好条件での
融資提案が殺到するのに対し、業績の悪化した会社に
対しては新規の融資に金融機関は消極的なのです。

結果として未曾有の売上減に加え資金調達力低下の
ために存亡の危機に直面している中小企業も少なくないのです。

このように、中小企業は外的要因によって
まさに荒波にさまよう小舟のように翻弄されてしまいがちなのです。

一方で少子化により今後マーケットが小さくなる上に
相対的な人件費が上昇してくることは間違いありません。

加えてグローバル化の進展により今までの尺度全く違った競合と
しのぎを削らなくてはなりません。

ですから今回直面した未曾有の売上減少ほど
ではないにしても、今後はもう、
以前の売上を望むことの方が難しいかも知れないのです。

つまり、これから中小企業が生き残るためには、
むしろ「売上5割減の時代」であっても勝ち残る会社を目指す
必要があると言うことなのです。

では、そのために財務ははどのような役割を
果たせるのでしょうか。

私は長年、税理士として「金銭的に有利なビジネスモデルは何か」
を問い続けるとともに「ファイナンス用心棒」として
銀行との折衝のアドバイスをしてきました。

その経験の中からこの質問の答えとなるべき
「潰れない会社作りに寄与」するための
「財務基本方針の立て方」や「金融機関との適切な対処法」
について、余すことなく書き記させて頂いたのがこの本です。

「一社でも多くの中小企業がどんな時代がこようとも
勝ち残る会社となって欲しい。」

そんな思いから書いた裏技でも何でもない
まっとうな資金繰り・資金調達の教科書なのです。

この本を読み終わる頃には、あなたも銀行から
「是非とも融資をしたい会社であるが、
あの会社にはいい加減な融資条件は付けられない」
と一目置かれた経営者になっていることでしょう。

まさにこの本が中小企業経営者にとって
「一生使える資金繰りの教科書」となれば幸いです。

■当事務所経由でお買い求め頂いた方に
お礼の特典を付けさせて頂きました。


<特典1・限定30組>

ということでちょっとお高めの書籍ですので、
当事務所で作成し販売しているDVD
「潰れる会社と潰れない会社を分ける6つのキーワード」
(販売価格10,000円)
もおつけ致します。


<特典2・期間限定>

それでもちょっと申し訳がないので
読者限定の出版記念セミナーにご招待させて頂きます。

【読者限定・出版記念セミナー】

(書籍の購入とは別に、セミナーのみのご参加も歓迎いたします)

◆日時:12月4日(金)

◆時間:18:00-20:00

◆場所:東京駅周辺

◆タイトル:「会社の財務」のウラオモテ

◆料 金: セミナー 8,000円
 「会社の財務」を当事務所経由でお買い求めの方は無料招待致します。    

◆定員:30名(先着順)

◆期日:11月30日までにお申し込み分まで

 *人数に達した場合には、期日前でも締め切らせて頂く
 こともございます。

 *セミナーにご参加頂く方は、書籍のお申し込みと同時に
 セミナー及び懇親会のお申し込みもして頂ければ幸いです。

セミナーの詳細はこちら

もしご興味がありましたら、お手に取ってみてください。

詳しくはこちら

お申し込みはこちら

*お支払いは代引きにてお願い致します。
 
 なお、お手数ですがその際の送料及び代引き手数料は
 お客様でご負担頂きます。


【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

Re: 【新刊】日経BP社より「会社の財務」本日発売です

おめでとうございます!20万字はすごいですね。

私の今度の本は、絵ばっかりなので、文字数はその1/4ぐらいです。

2009-10-31 13:28 │ from 近藤学URL Edit

コメントありがとうございます

>>近藤さん

執筆が2ヶ月間しか時間がなくて、
さすがに今回は書いても書いても
終わらない気がしました。

でも、文章だけでなく図版が
半分以上カットされちゃっていますが。

近藤さんの本も早速読ませて頂きました。

手書きの絵で入り口は広くしていながら
かなり本質に突っ込んだところまで
書いたなかなかの良書だと思います。

2009-10-31 13:35 │ from ヨシザワURL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/836-1e38776e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。