医療保険に加入する意味はあるのか? - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » ほぼ月刊ワンポイントアドバイス » 医療保険に加入する意味はあるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療保険に加入する意味はあるのか?

ほぼ月刊ワンポイントアドバイス<番外編>


皆さんは医療保険には加入なさっていますか?

医療保険は「万一高額の医療費がかかったときに支払えないと困るから加入する」ものですよね。

ところが、余程の大病でない限り、手元の現預金を食い潰すほどの医療費にはならないはずです。それに、そんなに高額の医療費には、健康保険による高額療養費制度できちんと付保がなされているのです。

実は医療保険というのは決して割りの良い「ギャンブル」ではありません。
つまり、かなり割高の事務手数料を保険会社が控除する前提で保険料率が算定されているからです。国が半分近く徴収する宝くじよりは良いでしょうけどね。

こういうことを書くと私が医療保険に加入することに反対するように聞こえるでしょう。

いや、全く逆です。仮に万一病気になった時に十分医療費の負担に耐えられる人でも「本人はもちろん、家族分の医療保険には加入してあげて欲しい。」というのが私の考えです。

確かに、専門家の多くは経済合理性の観点から「医療保険に加入するのは無駄!」と言っています。

しかし、何でも世の中経済合理性だけで判断できるものではありません。人は感情によって行動することが多いのです。

自分が病気になったときに、ただでさえ弱気になっていると言うのに、いくら現預金が豊富にあるからと言ってそれが1日1日減っていくと思うとこれは結構つらいものです。

事業を行っている人は、自分がいない場合に誰かに業務を委託するコスト分を付保すると言う観点からも医療保険には加入して欲しいものです。

また、例えば奥様が病気で入院をしたとします。もちろん、十分に医療費の支払いは出来るだけの現預金はあります。

ですが、多くの奥様は「家族に迷惑をかけたくない」と高額の負担を強いられる個室を敬遠するのではないでしょうか。

もちろん、相部屋がいけないといっているのではありません。ただ、本人が個室を希望しているのにそれを余計な負担がかかるからと辞退させてしまうのはちょっとかわいそうですよね。

そんなときこそ「いや、どうせ保険金も支払われるんだから、安心して個室に入ってはどう?」と言うことで奥様の心理的負担を解消してあげては如何でしょうか。

要するに、家族の医療保険は「差額ベッド代」のためということで、奥様へのプレゼントとして加入してあげるということです。

「えっ?プレゼントだったら保険なんかじゃなくて、ダイヤモンドの方が良いですって?」・・・

最新の人気blogランキングへ
【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

わたしもカラダが丈夫なんで、ダイヤモンドのほうがいいです♪

なんちゃって。いやー、まいどまいど勉強になります。吉澤先生は、私なぞ比べ物にならないくらい広範な知識をお持ちだと感服します。。。

2006-04-21 11:09 │ from kimutax@「税金まにあ」URL

コメントありがとうございます

>>木村先生

単に先生のような探求心がなく、飽きっぽいだけです。

なにせ小学校自体の通信簿に毎年のように「落ち着きがない」って書かれていましたからね。(^^;

2006-04-21 17:09 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

>なにせ小学校自体の通信簿に毎年のように「落ち着きがない」って書かれていましたからね

あら?( ゚д゚)おなじですわ。

私はそれに加えて
「協調性がない」
って毎回書かれてました。。。だから、大っきな会社とかで働かなくて正解だったかもしれません。

2006-04-23 10:52 │ from URL

同じですよー

>なにせ小学校自体の通信簿に毎年のように「落ち着きがない」って書かれていましたからね

あら??( ゚д゚)わたしもおなじですわ。

私はそれに加えて
「協調性がない」
って毎回書かれてました。。。だから、大っきな会社とかで働かなくて正解だったかもしれません。

2006-04-23 10:54 │ from kimutax@「税金まにあ」URL

コメントありがとうございます

>>木村先生

>私はそれに加えて
「協調性がない」
って毎回書かれてました

ハハハ。私も全く同じ。
だから事務所も3年で
やめちゃったんです。

というか、税理士は結構
こういう人が多いんじゃないでしょうかね。(^^;

2006-04-24 17:45 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/83-aa9d64e6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。