【ボツ原稿】「自分にしかできない仕事」と「他人でも良い仕事」を見極める(2) - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » ほぼ月刊ワンポイントアドバイス » 【ボツ原稿】「自分にしかできない仕事」と「他人でも良い仕事」を見極める(2)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ボツ原稿】「自分にしかできない仕事」と「他人でも良い仕事」を見極める(2)

起業家であってもビジネスパーソンであっても
優秀な人ほど陥りやすい罠があります。

それは、「すべて自分がやらないと気が済まない」
というものです。

私はそれほど優秀ではありませんでしたが、
この傾向の強いビジネスパーソンでした。

どうも他人がやった仕事が肌に合わず
結局自分でやり直してしまう。

これだと「自分の時間価値」が全く上がりません。

だいたい、他人の仕事は大抵違和感があるもの。
でも見慣れてくると「別にそれでも良い」と
思うことの方が多いはずです。

ちょうど、最初は違和感のあった奥さんの手料理が、
いつの間にか口に合うようになっているようなものです。

<自分でやる仕事他人でやる仕事区分イメージ>



そもそも「起業家視点」で考えれば、成果を出し、
その結果に責任を負うことがポイント。

誰が作業をしたかは関係ないのです。

このことは、その依頼人が上司であっても、
顧客であっても代わりがありません。

まずは、チームのメンバーを信頼して仕事をまかせましょう。

さて、他人でも良い仕事は、その「作業方法」、「デッドライン」、
「ゴールイメージ」を担当者に与えて、後の作業はできるだけ任せます。

この際「うまく頼むことができる」ポイントが一つあります。

それは、まずは「自分がやってみる」ということです。

全体の工程を把握するためには、
まずは標準的にかかるであろう作業時間を
把握していなくてはなりません。

また、自分自身で作業を行うと作業の面倒くささから、
「どうにかしてこの面倒くささから開放されたい」と
必死に改善案を考えます。

そこから把握した「標準的な作業時間」と
「効率化のためのコツ」「必ずあわせるべきポイント」を
きちんと伝えることで結果的にうまく仕事を頼むことができます。

「自分にしかできないことに専念せよ」
ということに一見反するようですが、
実際にはこうした方が遥かに
自分の仕事に専念できるはずです。

そもそも、最初から「いいから、うまくやっておいてよ」
という姿勢で相手に頼むと、
「こっちの苦労もわからないくせに、
自分でやってみろ」という批判を
買いがちではありませんかね?

★ポイント:他人に頼める仕事はできるだけ頼む。
ただまずは自分でやった上で頼むと「頼み方」もうまくなる。


【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/805-8a5b3d05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。