【使える】iPhone3GSと3Gのカメラはかなり違う-DocScanner - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » 仕事術・時間術・カイゼン » 【使える】iPhone3GSと3Gのカメラはかなり違う-DocScanner

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【使える】iPhone3GSと3Gのカメラはかなり違う-DocScanner

わずか半年で3Gから3GSに買い換えたものの
ネットのスピードは慣れてしまえばよくわからず。

しかし、もっと劇的に違いが分かるものがありました。

それが意外にもカメラの機能。

動画に対応したのもうれしいですが、
このカメラの解像度が上がったことが実はiPhoneの
可能性をまた引き上げた気がします。

というのも、3Gの200万画素は、写真としてみる分には
私には十分なレベル。

それが3GSの300万画素に上がっても、別に
それほど影響はないと思ってました。

ところが、現実には相当な違いがあったのです。


3Gの頃のカメラでは、名刺を取ってみても余程うまく撮れない限り
そのまま読もうという水準ものではありませんでした。

ところが3GSのカメラでは十分読みとることができます。
同様に、本の図版なども十分後で読める水準での撮影ができます。

おそらく解像度以上にオートフォーカス機能が
効いているのかもしれません。

これならば、そのままevernoteに保存すればOK

「これ良いな」と思った図版をそのままiPhoneで撮影して
保存しておくことができます。


写真(2)

これでいわゆる「A6ノートでの一元管理」とほぼ同じようなことが
iPhoneでもできることになります。

ただ、さすがにA4サイズくらいの大きいものを撮影すると
なかなか読みにくい。

写真

ところが、A4サイズ程度のものもスキャナで読みとったように
PDFに変換してくれるガジェットがiPhoneにはあるのです。

それが、DocScannerというもの。

これを使うとiPhone3GSで撮影した写真をその場で
PDFに変換することができます。

明るさやコントラストをその場で補正できるので、
写真よりも結構読みやすくなりますね。

(PDFはサイズが大きいので省略)

これで、出先でスキャナがなくても、iPhone一つで
情報をPDFに変換して送信が可能です。

って、どういうときにそんなに急いでPDFで送る必要が
あるかは分かりませんが。

いずれにしても以前の3Gのカメラの接写機能に不満があって
別途デジカメを持参していた人は、3GSへの買い換えを
検討してみてはいかがでしょう。



【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/790-1c3c67fa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。