【ボツ原稿】一直線に成果を出す勉強法(3) - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » ほぼ月刊ワンポイントアドバイス » 【ボツ原稿】一直線に成果を出す勉強法(3)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ボツ原稿】一直線に成果を出す勉強法(3)

(3) 学習を定着させる最大のポイントは「すぐ使うこと」

さて、「効率のよい勉強の順番」と「選択するテーマ」はご理解いただけたと思います。

ただ、勉強そのものをちゃんと定着させることも必要です。

そのために必要なことは何でしょうか?

一番いいのは「すぐに使う」ということです。

どんなに苦労して習得したとしても、使わないスキルは
あっという間にさび付きます。

そのため、まずは目の前の仕事に役立つことから
勉強することをおすすめしたのです。

この「すぐに使う」という視点で学習を定着させるのに
効果的な方法があります。



それは、「人に教える」ということです。

「人に教える」という作業は、
「どうやったら他人にうまく伝えることができるのか」を
精一杯考えることと、
教えながら自分がまだ完全に習得していない点を理解できます。

人に役立つようで、実は自分にも役立つ一石二鳥の方法といえます。

そのため、勉強は同じ志を持った人と一緒に進めたほうがよいのです。
その効果を理解する人が多いのか、
今は、SNSなどで読書会や勉強会が多く開かれています。

・サラリーマン勉強島 http://www.bstudy.jp/

「すぐに使う」ということで学習を定着させる
もう少し高度な方法もお伝えしておきましょう。

それは、「学んだ知識でカネを稼ぐ」ということです。

まず、お金をもらえることで新たな教育資金が稼げる上に、
そのことでモチベーションが上がります。

またプロとしての緊張感を伴うので仲間に教える以上に
必死でその知識を咀嚼するはずです。

「学んだ知識で稼ぐなんて本当にできるのか?」

「週末起業」の提唱者で、6万人の読者を擁するメルマガ
「ビジネス選書&サマリー」を発行する藤井孝一さんは、
ビジネスパーソン時代に読んだ本の書評を雑誌社に
売り込みに行って本の購入代金を稼いでいたそうです。

この行動力自体ものすごいことですが、
やはり「デキる起業家」はビジネスパーソン時代から
成果を意識した行動をしているものです。

「勉強上級者」は「学んだ知識で稼ぐ」ことにもチャレンジしてください。

いずれにしても、「学んだことをすぐに使うには
どうしたらよいか」という作戦も勉強を進める際には
同時並行で立てるとよいでしょう。


【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/780-5e934e5d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。