【資金調達】資金調達用語・基礎の基礎8ー「自己資本比率」 - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » 資金調達 » 【資金調達】資金調達用語・基礎の基礎8ー「自己資本比率」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【資金調達】資金調達用語・基礎の基礎8ー「自己資本比率」

金融機関は融資先の「評価」をしています。
しかし、その金融機関自体も「評価」をされているのです。

その中のひとつにBIS規制というルールがあります。

これにより、国際取引を行う場合、「自己資本比率」が8%以上、
国内業務に特化する場合でも「自己資本比率」が4%ないと
いけない
と定められています。


この自己資本比率、通常の会社の場合は
自己資本÷総資本という計算式で求められます。

しかし、このBIS規制上の自己資本比率は
自己資本÷リスクアセットというもの。

自己資本には有価証券の含み益が一部組み入れられる一方、
リスクアセットは、単純にその資産の額を合計したのではなく、
資産の種類や貸出先のリスクによって加重平均をして
求められます。

では、計算上この自己資本比率を良くするには
どうしたらよいのか?

それは、分子を大きくするか、分母を小さくするしかありません。

ですから、金融機関はなんとかこの自己資本比率を
良くしようとする場合には、利益を上げて自己資本を
大きくするか、あるいは分母のリスクアセットに
組み込まれた貸出金を回収しようとするのです。

そのため、多額の貸し倒れが発生し利益が上がらず、
さらに保有する株式の時価が下落し、自己資本の額が
減ることが予測されると、貸出金を回収するという
「貸し渋り」が起きるわけです。


【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/703-b4863dce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。