【資金調達】資金調達用語・基礎の基礎6ー「部分保証」と「特別小口」 - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » 資金調達 » 【資金調達】資金調達用語・基礎の基礎6ー「部分保証」と「特別小口」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【資金調達】資金調達用語・基礎の基礎6ー「部分保証」と「特別小口」

さて、保証人を用意できない先のために
保証をしてくれる公的機関が保証協会。

この保証協会の保証枠は、
有担保で2億円、無担保で8,000万円
が一社あたりの上限
とされています。

なお、この無担保8,000万円の中には
1,250万円だけ「無担保無保証人保証」(特別小口)
というものが含まれています。

いずれにしても、保証協会を利用して融資を受けた人が
万一破綻した場合、保証協会は債務者に代わって
金融機関にその融資の弁済をします。

では、いくら保証協会は金融機関に弁済をしてくれるのでしょうか?



実は、以前は焦げ付いた金額の100%を
補填してくれていました。

「金利を取っておきながら、万一の場合にも
全額を保証協会が補填してくれる。」

なんともおいしい話ですね。

ただ、さすがにこれではちょっとおかしい。
金融機関がまともに審査などする気も起きません。

そこで、そんなモラルハザードを起こさないためにも、
「焦げ付きの80%だけ保証協会が補填をする」という
金融機関にリスクの一部をとってもらうことに変わりました。

つまり、今までの「全部保証」から「部分保証」
変わったのです。

ただ、ひとつ例外があります。

さきほど申し上げた「特別小口保証」は、
今でも「全部保証」なのです。

また、この特別小口保証は中小企業を支援するという目的から
通常の無担保保証よりも若干安い保証料となっています。

金融機関も取り組みやすく、利用する側のコストも
安いのでまずはこの特別小口保証をうまく利用することを
検討しましょう。


【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/701-77c35c08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。