【資金調達】資金調達用語・基礎の基礎4ー「証書貸付」と「枠貸し」 - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » 資金調達 » 【資金調達】資金調達用語・基礎の基礎4ー「証書貸付」と「枠貸し」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【資金調達】資金調達用語・基礎の基礎4ー「証書貸付」と「枠貸し」

「枠貸し」とは、一定金額の融資可能額の範囲内であれば、
利用者は金利だけを支払うことで
自由に元本を返済したりあるいは返済せず
にすむ融資のことです。

形式としては、「当座貸越」や「カードローン」
といった形で運用されます。

一方「証書貸付」とは、本来は、
融資金額、金利、返済条件が証書によって
定められた融資のことです。

ただ、「枠貸し」との対比で考えるならば、
「元本を分割して返済する融資のこと」ということもできます。



まるで根雪のように常に立替資金の必要な
卸売業や製造業であれば、本来元本の返済のない「枠貸し」の
方が利用しやすいといえます。

貸す側からしても、せっかく貸した元本が
勝手に返済されてしまうよりも
ずっと残高を持ってもらった方がうれしい。

ただ、一方で証書貸付の場合、借入金の返済が
遅れることでその会社の異常を察知できます。

しかし、枠貸しの場合、
何の変化もないまま融資枠全額を使い切って
ある日突然倒産ということが起きてしまいます。

ですから、この枠貸しは一般には
優良企業向けにされる場合が多く、

今日のように業績が悪化する企業や金融機関自体の
融資引き締め姿勢が強くなるときには、
この枠を縮小したり、証書貸付への変更を求められる
ことが多いのです。

人気blogランキングいつも応援ありがとうございます



【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/699-32459c26

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。