【オススメ】世界一受けたいお金の授業:和仁達也 - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » ビジネス書評・オススメ » 【オススメ】世界一受けたいお金の授業:和仁達也

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【オススメ】世界一受けたいお金の授業:和仁達也

世界一受けたいお金の授業
世界一受けたいお金の授業

ビジョナリーパートナー、和仁達也さんが
お金の仕組みをこれ以上はできないというくらい
シンプルに説明した一冊。


この本は品川女子学院での課外授業を
ベースにしたものだそうで、そのときの模様は
あの「カンブリア宮殿」でも紹介されたのとこと。



この本では、お金を「稼ぐ・使う・貯める・活かす」仕組みを
STRAC図表を発展させた「お金のブロックパズル」で
説明してくれています。


常々STRAC図表のすばらしさは体感していたものの
個人の生活でのお金の仕組みにも活用できるものなんですね。

このお金のブロックパズルを使えば、正しいお金の使い方を
ビジュアルに理解できるとともに、
新聞の業績記事を自分たちの皮膚感覚で理解できる
お金に簡単に「翻訳」できるようになります。

事例であげた、しゃぶしゃぶレストラン「木曽路」の
経営状況もすごくわかりやすい。

こういうシンプルに物事を解説する本というのは、
実は書くのがむずかしい上に、プロから
「中身が薄い」「簡単すぎ」などという批判も受けるリスクもあります。

あえて、そのリスクをとってでも、高校生にもわかるレベルに
お金の仕組みを説明しようという和仁さんの取り組みには
敬意を表したいところ。

一生お金に困らない「稼ぐ、使う、貯める」技術を
習得したいあなたに是非オススメの一冊!

★★★★★

【編集後記】

私も、女子高で授業がしたい!
いや、できれば女子大で!

人気blogランキングいつも応援ありがとうございます



【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

Re: 【オススメ】世界一受けたいお金の授業:和仁達也

>私も、女子高で授業がしたい!
>いや、できれば女子大で!

助手が必要なときは、いつでも声かけて♪
ヾ( ´ー`)

2009-02-27 14:40 │ from 徳留新人URL

Re: 【オススメ】世界一受けたいお金の授業:和仁達也

私は、普段熟女を相手に講義をしているので、同じく女子大生をお相手にトークしたいものですv-10

2009-02-28 02:58 │ from 加藤厚URL

コメントありがとうございます

>>徳留さん、加藤さん

それじゃ、3人で全国ツアーを!

2009-03-01 21:51 │ from ヨシザワURL

「世界一受けたいお金の授業」のご紹介ありがとうございます。

和仁達也の会社のスタッフの、山内と申します。

「世界一受けたいお金の授業」をご紹介いただいて、ありがとうございました。

>私も、女子高で授業がしたい!
>いや、できれば女子大で!
コメント欄も盛り上がっているようで何よりです。

この本を通して、「お金や経済、数字は難しい」
と思い込んでいた方が、苦手意識を少しでも取り払い、
ビジネスや人生に生かしていただくきっかけになれば、
と和仁はじめ、スタッフ一同、考えています。

ですので、こうやってご紹介いただけること、
とってもうれしいです!

おかげさまで、2月に出版されたこの本も、7月には
7刷、34,500部となり、経営者やビジネスパーソン
はもちろんのこと、主婦や学生さんにも愛読いただけて
いるようです。

和仁にもブログでご紹介いただいたことを伝えておきますね。
ありがとうございます。

今後とも、よろしくお願いします。

2009-08-05 17:50 │ from 経営ビジョン実現化!ワニマネジメントURL Edit

コメントありがとうございます

>>山内様

むずかしいことをやさしく書くのは
非常に難しく、そしてプロの批判を
恐れない勇気が必要。

和仁さんの本は、わかりやすく
それでいて実践的なので、
私も勉強させて頂きます。

これからもどうぞよろしくお願い致します。

2009-08-16 13:31 │ from ヨシザワURL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/687-b1baf819

-

管理人の承認後に表示されます

2009-02-27 12:21 │ from

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。