【オススメ】ワークライフ“アンバランス”の仕事力:田島弓子 - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » ビジネス書評・オススメ » 【オススメ】ワークライフ“アンバランス”の仕事力:田島弓子

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【オススメ】ワークライフ“アンバランス”の仕事力:田島弓子

ワークライフ“アンバランス”の仕事力
ワークライフ“アンバランス”の仕事力

著者は、2000人以上の従業員を擁するマイクロソフト日本法人で
女性の営業部長であった田島弓子さん。

「仕事ばかりではいけない」という風潮に一石を投じる
情熱的な一冊です。



なお、プロデューサーは、「レバレッジシリーズ」の著者であり、
最近はプロデュース作品もヒット作連発の本田直之さん。

レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術
レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術

マジでヒット率でいったら、今やビジネス書ではトップランクだと思います。

この本も新人作家としてはありえない初版部数ですが、
目利きとしても名高いディスカヴァーの干場社長も
絶対の自信があるんでしょうね。

さて肝心の本の中身ですが、メインメッセージは
「アドレナリンが噴き出るくらい本気でハマることで、
仕事を面白くやりがいのあるものにせよ」
ということ

人生の多くの時間は仕事に費やされています。
その時間が面白くないというのはチョッと寂しい。

どうせだったら面白いものにしたいと誰でもが思うことでしょう。

ただ、別に仕事最優先で全てのことを犠牲にしろと
おっしゃりたいわけじゃありません。

周りからみればアンバランスに見えたとしても、自分にとって
調和が取れたものであれば、それが自分の
「ベストバランス」である。

その上で、人生の一時期くらい、燃え尽きるまで働いてみよう。
そうすることで本当の仕事力が身につく。
また、そういう経験をすることではじめて見えてくることも
多いはずであるということです。

「まずは、目の前の仕事を完璧にこなせ」という田島さんの主張には、
私も全く持って同意見です。

このときのセミナーでも
「時間効率を上げる最も良い方法は偉くなることである。
そのためには、まずは与えられた仕事で成果を上げ、
周りに評価されることが第一歩」と申し上げましたから。

ちなみに、一見相反する主張をしているような、
「効率UP」を唱える本の著者さんも(私も含めて)良く聞いてみると、
実は皆さんメチャクチャ働いていた時期があるんですよ。

そもそも本田さんも別にほったらかしで儲かるような
方法を提唱したことはなく、効率アップで得た時間を
さらに自分磨きとして投資せよという主張ですから。

田島さんと本田さんの主張は、根本的な部分は
相反するものじゃないんでしょう。

しかし、平川理恵さんの出版記念パーティ
「うちのカミさんが、『最近の若者はレバレッジとか言って、
楽して成果を出そうとばかり考えているようだが、
そんな暇があったら働け!』って言う本を書こうとしているんだよ。」
と本田さんが言うのをみんなで大笑いして聞いていたのが、
まさかホントになるとは。

「ライフワークバランスが大切」と表向きはいいながらも、
本心は「あたしって仕事したなー」って思える人生を
歩みたい情熱的なあなたにオススメの一冊!

★★★★★

人気blogランキングいつも応援ありがとうございます


【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/666-02c0b822

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。