【相続特集】なぜ、隣の相続はあんなにもめたのか-19:誰にでも出来る最初の第一歩とは? - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » 遺言・相続 » 【相続特集】なぜ、隣の相続はあんなにもめたのか-19:誰にでも出来る最初の第一歩とは?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【相続特集】なぜ、隣の相続はあんなにもめたのか-19:誰にでも出来る最初の第一歩とは?

ここまでお読みいただき、
遺産相続対策の必要性について
理解いただけたことでしょう。

そこで、これからは
「あなたが今日から出来る相続対策」について話していきます。


交通事故などで急になくなったとき一番困るのが、
「資料の散逸」です。

つまり、どこにどの資料があるかが
わからなくなるのです。

特に問題となるのが生命保険。

というのも生命保険自体は
遺族が請求しない限り保険金を
受け取ることができないからです。

預金から保険料が引き落とされていれば
まだなんとか把握出来ます。

ですが、既に保険料の払込期間が終わっている
ような終身保険の場合、全く預金にも
動きは出てこないのです。

「保険証券がどこにあるかわからない」では
せっかく保険料を支払っていた
生命保険も日の目を見ないこともあるのです。

また、最近はネットで株式などの
取引を行う方も多いでしょう。

こちらも、取引を行ったときには
紙ベースでの取引記録が送られてくるはずです。

しかし、管理コストを軽減するため
ネットでの取引報告のみを選択している方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

その場合には、すぐに株式を発見することはできません。

特に海外で開設した銀行口座など
もっとわかりにくいでしょう。

奥様をはじめ家族に内緒で行っているような
金融取引はそのまま誰にも相続されない
恐れもあるので要注意です。

それだけではありません。

場合によっては、
「こっそり行っていた信用取引がそのまま継続され、
自分の死後大暴落をして遺族が知らない間
に多額の追証を請求される事態になっていた」
など笑えないことにもなりかねません。

では、そのようなものを
回避するにはどうしたらよいのでしょうか。

それは、極めて簡単なことです。

保険証券、預金通帳のコピー、
株式の取引記録などを
一つのクリアフォルダで一元管理しておくのです。

さらに、「どこに連絡をすれば良いか」を書いた
連絡先リストを加えたものを作っておくことを
オススメしています。


ちなみに私は、飛行機に乗るときなど、
万一の場合に備えてこのクリアフォルダを
一番目につきやすい事務所の机の上に置いてから
出発するようにしています。

「これだけ読んで、勧める相続対策がクリアフォルダか!」
と思う方もいらっしゃるかも知れません。

ですが、現実にはこの対策で少なくとも
資料の散逸はかなりの部分が防げるのです。

私のお客様の中にも
「俺が死んだらあとは先生に聞いてくれと」
ご家族におっしゃる方がいます。

それよりも是非「どこに資料があるのか」、
「どこに連絡してほしいか」をだけでも明らかに
しておいて欲しいものです。

決して難しいものでもコストもかかるもの
ではありませんからね。


ではお聞きします。

「両親が亡くなる前にこの人にだけは
知らせてほしいという人をご存知ですか?」

「墓を供養してくれている菩提寺には
盆暮れにどれだけの掃除料を支払えば
よいのかご存知ですか?」

なかなか答えられる人は少ないでしょう。

そんな人は、これらの点を含めご両親に
「何かあったときに慌てないために
財産や名簿のリストアップをしてほしい」

と呼びかけてみてください。

このクリアフォルダと財産・連絡先一覧こそが、
ご両親にまずは必要性を理解して頂く、
「相続対策の重要な第一歩」となるのですから。



【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

Re: 【相続特集】なぜ、隣の相続はあんなにもめたのか-19:誰にでも出来る最初の第一歩とは?

能天気そうなワタクシですが
親戚が多い事もあり、特に年明けから野辺送りが続いていて

これまでのエントリー、一つ一つに肯きながら拝読しておりました。

いざという時の為、大事ですよね。



ところで、吉澤先生が講師をされるあのセミナーは
もうすでに満席なんですネ。

さすがです!

2009-03-25 21:43 │ from 《緑の葉》URL

コメントありがとうございます

>><<緑の葉>>さん

相続についての知識が役に立たないと
いうことは幸せなことなんですが、
いったんもめてしまうともうどうにもならない
ことが多い。

そうならないために、ひとつでも
お役に立てるようにと思って
書いてみました。

2009-03-29 19:47 │ from ヨシザワURL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/658-1857af5a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。