【相続特集】なぜ、隣の相続はあんなにもめたのか-18:連絡先をもう一度確認する - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » 遺言・相続 » 【相続特集】なぜ、隣の相続はあんなにもめたのか-18:連絡先をもう一度確認する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【相続特集】なぜ、隣の相続はあんなにもめたのか-18:連絡先をもう一度確認する

相続が発生する前に
もうひとつやっておくべきことがあります。

それは「誰に連絡をするかを
はっきりさせる」ということです。

最後のお別れをして頂きたい方、
葬儀が発生してから連絡をする方など
以前に作成したリストがあればそれに従い、
なければ作成をして連絡をします。

両親の交友関係をきちんと把握している人は
それ程多くないはずです。

中には親戚の連絡先も
あまりわからずおろおろする人もいるかもしれません。

葬儀に来ている親戚の顔と
名前が全員一致する人などどれだけいらっしゃるのでしょうか。


私など「まあ、大きくなって。私のこと覚えてる?」
といわれても全く記憶がなく
「その節はお世話になりまして」といいながら
何とか名前を聞き出そうと悪戦苦闘するばかりです。

これら連絡先リストを作成して思うのは、
「日ごろから慶弔記録をきちんと
管理しておくことの大切さ」です。


自らが以前に葬儀に参加した方の
近親者には原則として葬儀の連絡を
することになるはずです。

ですから
「誰からいくら香典をもらい、誰にいくら支払ったか」
という記録は常日頃から管理をしておくことが大切なのです。

この葬儀の連絡というのが意外と難しいものです。

というのは「祝儀よりも不祝儀」と言われるように
葬儀の連絡を受けたならば、
参加することが礼儀となるからです。

しかし、
「それ程のお付き合いもないのでわざわざ
お出で頂くのも申し訳ない」
と連絡を躊躇したとします。

しかし、葬式が終わった後で
直接ではなく別の人からその人に
葬儀があったことなどが伝わると
余りよい気がしないものです。

どちらを優先するかと言うことになると、
私ならできるだけ連絡をするようにしますね。



【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/657-8de121f7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。