【相続特集】なぜ、隣の相続はあんなにもめたのか-6:相続権のない人に財産を分けるには? - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » 遺言・相続 » 【相続特集】なぜ、隣の相続はあんなにもめたのか-6:相続権のない人に財産を分けるには?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【相続特集】なぜ、隣の相続はあんなにもめたのか-6:相続権のない人に財産を分けるには?

本来は相続権のない人に
相続をさせたい場合はどうしたらよいのでしょうか。

その場合には二つの方法が考えられます。

一つは遺言を書くと言うことです。

その遺言に相続人以外の人にも
相続させることを記載すれば
財産を分けることが可能です。

もう一つはその人を養子にしてしまうと言うことです。

養子には実の子供と同様の相続権があるのです。



なお、自分より年長者を養子とすることは出来ません。

例えば、お子さんのいらっしゃる方と
結婚をしたとします。

その場合、あなたが亡くなったとしても
実の子供ではないためその子供に相続権はありません。

その子にも相続をさせたいというのであれば、
その子との間で養子縁組をかわすのです。

そうすることで実の子供と同じ
相続権を有することができるのです。

また、「介護をしてくれるのが自分の子供ではなく
実はそのお嫁さん」という場合もあるでしょう。

しかし、そのままではどんなに一生懸命介護を
してくれていてもそのお嫁さんには相続権はありません。


もし、その方の努力に報いたいと思うのであれば、
そのお嫁さんを養子にするという選択肢も
視野に入れてはどうでしょうか。



【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/644-00969203

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。