【保存版】年末調整に必要な資料一覧 - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » ほぼ月刊ワンポイントアドバイス » 【保存版】年末調整に必要な資料一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【保存版】年末調整に必要な資料一覧

当事務所のお客様で、年末調整業務を
ご依頼頂いているお客様へのお願いです。

さて、早いものでもう年末調整の季節となりました。

お手数ですが、下記の資料をご用意頂きますようお願い致します。



<ご記入頂きたい申告書>

さすがに、従業員皆様の家族構成の変更等を把握することはできませんので、
必ずご自身でお書き頂きますようお願い致します。

1.扶養控除等申告書

 こちらにご本人及び扶養親族の
 「氏名」「住所」「生年月日」「アルバイト等の収入額」をご記入ください。

2.給与所得者の保険料控除申告書

 生命保険料控除額、損害保険料控除額は
 当事務所でも計算可能ですが、 ご本人及びご家族分で
 ご本人が負担なさった「国民健康保険料」
 「国民年金」額については、ご本人にご記入をお願い致します。
 
 なお、国民健康保険料の今年分の金額は、
 納付書であれば「納付日が今年のもの」、
 振り込みの場合は、「引き落とし日が今年のもの」を集計してください。
 (12月引き落とし分も加えてください)

 また、市区町村によっては、国民健康保険料について負担額の
 確認書が出る場合があります。
 その場合にはその金額をご記入ください。

3.配偶者特別控除申告書(2と同じ紙です)

 配偶者のパート収入などが141万円未満である場合は、
 その収入額をご記入ください。なお、12月支給分の給与額は
 見積もりで計算をしてください。

4.給与所得者の住宅借入金等特別控除申告書

 残高証明書を添付して頂ければ、こちらで計算も可能です。
 
 なお、この申告書を紛失した場合には、税務署でご本人が
 再発行を受けてください。

 また、はじめてこの制度を受ける場合には、年末調整ではなく
 ご本人が確定申告をして頂く必要があります。

<添付して頂きたい証明書等>

適用対象ものについて証明書の同封をお願い致します。
もちろん、対象とならない人は必要ありません。

1.生命保険の控除証明書

2.損害保険の控除証明書(地震保険・長期損害保険のみ)
 
3.国民年金納付証明書

4.国民年金基金納付証明書

5.小規模企業共済掛金証明書

6.住宅ローンの借入金残高証明書

7.前職の当年中の給与分の源泉徴収票


どうぞ、ご協力をお願い致します。

人気blogランキングいつも応援ありがとうございます



【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/637-d90f78fd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。