【オススメ】コンサル日記:斎藤広達 - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » ビジネス書評・オススメ » 【オススメ】コンサル日記:斎藤広達

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【オススメ】コンサル日記:斎藤広達

コンサル日記
コンサル日記

現ゴマ・ホールディングス代表取締役
斎藤広達さんが、はじめて文芸の世界に
進出した一冊


私も「文芸コーナー」でこの本を発見した時は、
結構ビックリしました。

そもそも、何でゴマブックスじゃなくて
飛鳥新社なのかと。


斎藤広達さんは、もともと
ボストンコンサルティンググループ出身で、
さらにシティバンク、ローランドヘルガーなどで
活躍したバリバリのコンサルタント。

それに、著書が20冊以上もある
ビジネス書著者なんです。

MBA的仕事人[仕事筋シリーズNo.3]
(PanRolling Library 14 仕事筋トレーニング No.)

MBA的仕事人[仕事筋シリーズNo.3] (PanRolling Library 14 仕事筋トレーニング No.)

それが、どういうわけか
ゴマ・ホールディングスの社長になり
今じゃケータイ小説などの大ヒットを
連発中なわけです。

出版社の社長というので、
お年を召した方を想像していたのに
なんと私より若い。

それも絶対に出版社の社長には
見えないさわやかさです。

世の中、本を出す経営者はいますが、
出版社経営とリアルな著者活動という
二足のわらじを履く人はまずいないでしょう。

そのあふれる才能にちょっと嫉妬しますね。

この本は、広達さんをモデルにしたと思われる
「悟」が一見華やかなコンサルの世界で、
クライアントのニーズに自嘲気味に妥協したり
周りの妬みなどに苦悩しながら
成長していく姿が描かれています。


主人公が胸に秘める
亡くなった父親に対する微妙な「ライバル意識」は、
私自身にも通ずることろがあり、
なんとも読後感のさわやかな一冊でした。

★★★★★

人気blogランキングいつも応援ありがとうございます



【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

Re: 【オススメ】コンサル日記:斎藤広達

こんばんはv-280

才能あふれる吉澤先生も
周囲の妬みに苦悩することもあるのでしょうネ。

できる男は辛いですねe-263

2008-07-31 20:24 │ from 《緑の葉》URL

コメントありがとうございます

>><<緑の葉>>さん

そんなもの全く感じたことありません。

なにせ鈍感なものでe-263

2008-08-01 07:28 │ from ヨシザワURL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/583-eb9a61cb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。