他人の仕事に尊敬の念を払おう - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » 単なる独り言 » 他人の仕事に尊敬の念を払おう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他人の仕事に尊敬の念を払おう

熟年離婚をした女性によると旦那の一番許せなかった言葉が、「俺がお前を食わせてやっている。」というものらしい。

でも、それって本当に他人事だって笑っていられますかね。私の見る限り、自営業の奥様ほど不条理な職業はないように思えますよ。

ワクワクするような仕事はすべて社長がやり、経理事務のような面倒でやりたくない仕事はすべて奥様に押し付けられる。その上、家事や子育てまでやらなくてはならない。

仕事がうまくいけばすべて社長のおかげ。ちょっとでも、意見をすれば「お前は黙っていろ!」と怒られる。それなのに、万一仕事がうまくいかなければ、「申し訳ない。」の一言で一緒に破産ですからね。

思い当たる人も結構いるんじゃないでしょうか。(^^)
なんで、こんな話をしたかというと、クライアントのインセンティブ規定の作成のお手伝いをしていて一つ感じたことがあるからです。

インセンティブである以上、当然のことながら「競争」の概念は必要ですよね。

ただ、獲得売上のみを評価対象とすると、どうしても仕事を獲得する営業担当者ばかりが評価され、中には「実際に獲得した仕事をこなすオペレーション担当者のことを食わせってやっている。」ような錯覚を持っちゃう人もいるんですよね。

これじゃ、いずれは営業とオペレーションの「会社内離婚」みたいな状態になってしまいますよね。

そこで、このクライアントの場合には、営業担当者とオペレーション担当者それぞれが「他人の仕事に尊敬の念を払える」ような評価方法を出来るだけ目指そうとしています。

強い組織を作る、それ以上によい人間関係を作る上でこの考え方ってすごく大切なんじゃないでしょうかね。それでいて、自分も含めて結構出来ていないですものね。

もちろん、完璧な評価システムなど存在しませんが、試行錯誤を繰り返しながら「従業員自身の成長促進」「従業員が幸せな働き手」となってもらえるような仕組みづくりのお手伝いが出来ればよいなと。

私が仕事をしていられるのも、すべて家族の支えと無理難題を迅速に処理して頂いている方々のおかげでございます。もちろん感謝の心で一杯ですよ。ホントにホントに。

最新の人気blogランキングへ





【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

「俺がお前を食わせてやっている」と言いそうで、言えない私・・・。
でも、こんな言葉は男の発想ですね。

2006-01-25 18:54 │ from 若手税理士URL

この言葉は本当に嫌です。

でも逆にそれを「はいはい。そうですよ。あなたが頑張っているからですよねv-8」と流せる奥様になりたいですね。

私は無理です~。

逆に恥ずかしがらずに、感謝・感謝の言葉を
言ってくれると気分良く事が進むんですよね。


2006-01-25 22:13 │ from ママさん税理士URL

コメントありがとうございます。

若手税理士様

私の周りは、「俺が食わせてやっている」どころか、「鬼嫁日記リアルバージョン」みたいな人ばかりです。v-12

ママさん税理士様

口に出さないとわからないことって多いですからね。良い言葉は積極的に使うようにします。

2006-01-26 09:02 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

私は、父が
「誰のおかげで食っていけてると思ってるんだ!」
と子供の頃から怒鳴り続けているのを見て育ったので、幼稚園の頃から
「手に職をつけてやる…ぜったい、自立してやる…」
と胸に秘めてました(笑

だから、父には感謝しております。

ところで、こういわれていた母は、そんな言葉をしゃぁしゃぁと受け流すオトナの女でした。

というか、暴言を吐く父でしたが、実は、人一倍傷つきやすく、外で苦労していることを、母は誰よりも理解していたからなのです。。。

最近、私は、母のような女性になりたいと、心より思っております。

2006-01-28 20:14 │ from kimutax@「税金まにあ」URL

コメントありがとうございます

木村先生

大人だね~。

我々の両親世代のオヤジは感情表現が苦手のようで。

先生のご両親もきっと心の中ではお互いを尊敬しあっているのでしょうね。



2006-01-29 00:56 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

はじめまして 吉沢様。
私の両親は非常に中がよく、理想的な家庭であったので、なかなかイメージが沸きませんが、ただ2人とも給料が安いながらも共働きで、お互い協力し合っているって感じをうけました。だから私にとっては共働きが理想です。ただ、仕事の内容とか報酬の違いなどはどうでもよく、とにかく社会に出て自己実現をしてほしいだけなんですけどね。それだけで私は十分で、その人を一生尊敬出来る気がします。。

2006-02-02 02:14 │ from 公認会計士うぐうぐの日記URL

コメントありがとうございます

公認会計士うぐうぐの日記様

「理想的なご家庭」とご自身で
おっしゃることができるのは
本当に幸せなことですよね。

うちも両親が喧嘩をしていた姿は
一度も見たことなかったな~。

2006-02-02 12:56 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/58-638c2479

中日新聞社説

 今朝の中日新聞朝刊、「ひずみは放置できない」という社説が載っています。 最初は、今回の実質的な一人会社に対する課税の強化に対する反対論かと思いきや、矛先は税理士業界へ向けられており、 「事業主たちが反対するならわかるが、税理士たちの  ....

2006-01-26 08:11 │ from 名古屋発 税理士の独り言 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。