新たな法人成り損益分岐点はこれだ! - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » ほぼ月刊ワンポイントアドバイス » 新たな法人成り損益分岐点はこれだ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな法人成り損益分岐点はこれだ!

ほぼ月刊ワンポイントアドバイス<番外編続報>

平成18年4月1日以降開始の事業年度から、一定の同族会社の場合、オーナーの役員報酬のうち、給与所得控除額相当額については、損金不算入とあることは、何度も申し上げていますね。

そして、新設一人法事人については、「過去3年間の平均所得(役員報酬控除前)が800万円以下の者には適用しない」という規定も適用されず、初年度から給与所得控除額相当額の損金不算入となることも明らかになりました。

これにより、従来考えられていた個人事業から法人成りをした方がよいと思われる「損益分岐点」も大きく変わることになるのです。

結果は結構びっくりものですよ。・・・
従来私の試算では、「事業所得が400万円ぐらいになったら、法人成りを検討しても良い」と申し上げていました。

しかし、今回の改正を織り込んでみると相当この損益分岐点は上がることになりそうです。

私のシミュレーションに基づく結論は法人成りの損益分岐点は事業所得が650万円!となりました。

想像以上に高いでしょう。

この原因として考えられるのは、
1,個人事業所得には青色申告特別控除65万円が認められている。
2,個人事業税には290万円の事業主控除が認められている。
3,地方税の均等割が法人では最低7万円必要。

と言ったことが考えられます。

<前提条件>
1,役員報酬は一人のみ支給
2,所得控除は150万円と仮定
3,資本金は1億円以下
4,法人成り後も国民健康保険加入を前提
5,金額は一部概算

なお、これはあくまでも税金・社会保険負担上の損益分岐点です。

もちろん、社会的信用や資金調達、将来の株式公開思考等の理由で、それ以下の事業所得であっても法人成りする事もあるでしょう。

この他にも法人設立後は、社会保険加入をする必要もあります。給付内容が異なるため単純比較は出来ませんが、資金負担は当然増大することになるでしょう。

(現実には、「一人法人」では国民健康保険に加入している方が多いので、シミュレーション上はあえて国保加入を前提と致しました。)

今までは、給与所得控除のお陰でこれらのデメリットが十分カバーで来ていましたが、今回の改正で、「一人法人設立」による節税スキームは相当制約を受けることになりそうです。

国は、新会社法で、SOHOや独立起業者の法人設立を促進しているのではないかと思っていましたが、違っていたのでしょうか。

創業を支援するための「中小企業挑戦支援法」なんていう法律を作っていたこともブラックジョークのようになってきましたね。

それとも、これもいつものごとく、産業経済省の予算確保のために「中小企業支援を名乗った」だけの施策だったのでしょうか。

省庁ごとに目指すべきベクトルが全く逆ですね。うまくいかない経営戦略の典型例のようです。(^^)

最新の人気blogランキングへ


【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

んー

なるほどー、それは大きな違いかも。実は新しくビジネスを始めようと考えていたのですが、しばらくは個人事業で様子を見た方が良さそうですね。勉強になります。

あ、それからリンク設定ありがとうございます。それで、お時間のある時で結構ですので、「大人の科学」→「大人の大学」に直していただけませんでしょうか。お手数おかけして申し訳ないです・・・

2006-01-13 01:11 │ from K. I.URL

吉澤です。

コメントありがとうございます。

すみません。
それと、ブログ名を間違えちゃいけませんよね。訂正させて頂きました。v-12

2006-01-13 09:42 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/54-195f9959

何もかも増税ムードになってきた・・・・・・

たばこ1本1円=1箱20円の増税第三のビール1本3.8円の増税ビール→発泡酒→雑酒(第三のビール)まで・・・・もろもろで2兆円を超える税収なそうな・・・取りやすいところから取る。常套手段ですね。私は、タバコは吸いませんが、愛煙家の方々に同情します。...

2006-01-12 07:44 │ from 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!

中小企業へ打撃!~同族会社役員給与に関連する見直し~

会計系の人気ブログ「木村会計会計事務所通信」でも紹介されていましたが、今回の税制改正で大きな波紋を広げている「同族会社の役員給与に関する見直し」の影響が懸念されます。不動産関連では賃貸業で不動産管理会社を設立して節税を図る人が多かっただけに影響が大きいで

2006-01-15 23:09 │ from グルグル 不動産@なび

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。