【オススメ】「崖っぷち会社」が生まれ変わった3つの方法:中山裕一朗 - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » ビジネス書評・オススメ » 【オススメ】「崖っぷち会社」が生まれ変わった3つの方法:中山裕一朗

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【オススメ】「崖っぷち会社」が生まれ変わった3つの方法:中山裕一朗

「崖っぷち会社」が生まれ変わった3つの方法 ~売り上げが劇的に伸びる勝利のノウハウ!~
「崖っぷち会社」が生まれ変わった3つの方法 ~売り上げが劇的に伸びる勝利のノウハウ!~

フォレスト出版の「スター誕生プロジェクト」受賞者、
中山裕一朗さんが記した弱小企業大復活の記録


外資系IT企業で人工衛星を使ったデータ通信システムの提案をしていた
中山さんが三代目として引き継いだ会社は紙加工業。

「成熟・衰退産業」で「川中の業種」、おまけに「地方」の
「小さな会社」という
まさに「四重苦」の「崖っぷち会社」だったわけです。

ところが、この「崖っぷち会社」が3つの方法で
年商を2億2000万円から3億4000万円まで引き上げたとのこと。

その3つの方法が
「ノウハウ」「コミュニティ」「ブランド」なのです。



私が特に共鳴したのは
「コミュニティを作ってのノウハウのオープン化」のくだり

独自のノウハウとして囲い込むよりもむしろ
コミュニティ内でノウハウをオープン化することで
また新たな情報が入手できたり、異業種からのオファーが
来るようになったそうです。

また、コミュニティ参加者で築き上げた
企業共同体ブランド(コンソーシアムブランド)
「おいしいキッチン」はわずか1年半で1億円のブランドに成長したそうです。

このときに大切なのは
「誰に発信するのか」ということ。

やみくもな情報発信では一方通行になってしまうという
主張には大いにうなずきました。

そのほかにも「ノウハウが見つかる4つの質問」や
「コミュニティに欠かせない8つの材料」など
現実に試行錯誤をしたうえでの
ノウハウを惜しみなく提供した良書です。

どうせダメだからとあきらめてしまうような
中小企業のオーナーに是非読んでいただきたい一冊!


★★★★★

しかし、中山さんはこの本を読んでいたとのこと。

起業家のための「手ガネ経営」で勝ち残る法
起業家のための「手ガネ経営」で勝ち残る法

相当なマニアですね。

【編集後記】

本には「コミュニティに飲み会はいらない」
とおっしゃっていますが、
中山さんにお会いしたのは、
とある著者系パーティです。

人気blogランキングいつも応援ありがとうございます





【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/529-e036512c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。