スタッフブログの落とし穴 - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » 単なる独り言 » スタッフブログの落とし穴

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタッフブログの落とし穴

とある編集者との会話

「いや~、なにが大変って、
どの本からコピーしていたのかを探すのが
一番やっかいでしたよ」

悲しいことですが、これが現実。
税務を含む「実用書」では他人の著書の
コピー、いやはっきり言って盗用が見られます。


中には、業界では超有名な税理士さんが
「盗用を指摘され、土下座をして謝罪をした」
などといううわさもあるくらいです。

そもそも内容にオリジナリティを発揮できないので
記述内容が似てきてしまいがちですが、
コピペは全く別次元の話でしょう。




私自身は間違ってもしたことはありませんが、
会計事務所名などで出される書籍の作成現場を
考えると同情したくなる点もあります。

タダでさえ、本業で手一杯のところを
「短期間で書け」などと無理なことをいわれるのに、
それで社長の名前や会社名で本が
出るのではモチベーションだって上がりませんよ。

そりゃ追い込まれて、盗用に走る人が
いたっておかくしくないでしょう。

そうはいっても、この場合の
責任は、執筆依頼を受けた会社の代表者にあるわけです。


最近では、お客様とのコミュニケーションのため
スタッフの方が当番制でブログを書くところも
あるようです。

これ自体は非常にいい試みだと思います。

ただ、「強制的」に書かされている場合、
中にはネタに困った人が他人のブログを盗用してしまう
こともあるのではないでしょうか。

追い込まれてしまった人たちの気持ちは
理解できますが、そういう人に一言。

「あなたがそのネタをネットで探せたのと同じ確率で
オリジナルの作者はあなたのブログを見ています」


なぜなら、自分の書いたテーマについて
他にどんな記載があるかを
後々チェックしているから。

そして憤り、悲しんでいます。マジで。
ねえ、○○姉さん。

加えて、自分以外の人に著書やブログを書かせる人は
必ず「出典はどこなのか」を確認することを
自分の身を守るためにも忘れてはいけないのではないでしょうか。

私も怖いので、「コピペ王子」の原稿は
必ずチェックしないと。

きちんと出典さえ書けば、むしろ
オリジナルの作者は感謝し、
良好なコミュニケーションも取れるのです。


もし、参考になったのであれば是非敬意を評して
出典を書いてあげてくださいね。



まあ、うちのサイトからの引用は見たことないし、
そんなネタも書いたことないけど。

人気blogランキングいつも応援ありがとうございます

【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

Re: スタッフブログの落とし穴

思い出した!O(≧∇≦)Oあのときは、怒ったぞー!

2008-05-15 10:09 │ from ○○姉さんURL

コメントありがとうございます

>>○○姉さん

そうね。

まあ、そういうことで
許してあげましょう。

人に書かせるというのは
難しいことだね。

2008-05-17 12:36 │ from ヨシザワURL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/524-e3f3a83a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。