セミナー音源No.2:たかが税務調査されど税務調査 - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » セミナー音源販売 » セミナー音源No.2:たかが税務調査されど税務調査

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セミナー音源No.2:たかが税務調査されど税務調査

税務調査


■第ニ回のテーマは「たかが税務調査されど税務調査」

「うちの税理士は税務調査で全く働いてくれなかった」
「むしろ、税務署の味方かと思った」
などという顧問税理士に対する不満を聞かされることが何度もあります。

税理士が税務署の味方などするメリットなど全くありません。

「一体どういうことなんだろう」と思って詳しく聞いてみると、
大抵は「社長、それは違うでしょ」といいたくなるようなものであり、
中にはむしろその税理士に同情したくなることもあるのです。

その税理士としては出来る限りのことをしているつもりなんだろうに、
残念ながらお客様にはそれは上手く伝わっていないようで、
お互いに不信感を持っている。

なぜ、こんな不幸なことが起きてしまうのでしょうか。

一言で言ってしまえば「税理士と顧問先のコミュニケーションの不足」でしょう。

思い描いている税務調査の成功と税理士の役割にギャップがあるのではないのか。

きちんと税務申告の段階から目指すべき税務についてのゴールについて
お互いに共有をしていれば、こんなことにはならなかったのではないか。

聞かされる度に自分自身も同じようなことになっているのではないかという
不安を感じるとともに残念な気持ちになってしまいます。

*  *

税務の世界には、面白おかしく広められた都市伝説や税理士による
「税務署は怖いものだが自分に任せれば大丈夫」という過度なアピール、
反対に揚げ足取りをされないために建前が並んだだけの税務調査対策本など、
税務調査の現実を歪めているものがたくさんあります。

そんな中で、こんな悲しいコミュニケーション不全に陥らないよう、
「税務調査って本当はこういうもんだよ」ということと、それを踏まえて
私はこういう考えで税務申告ないし税務調査に対峙しているということを
本に書くようなキレイ事は一切なしに、ありのままを伝えようと思います。

もちろん、私の考えが必ずしも正しいと言うつもりはないですが、
この勉強会をあなたと顧問税理士との間で「どんな税務戦略のゴールを
目指すか」を話し合うための基礎情報収集の機会にしてみてください。


■コンテンツ案

・税務調査の成否を税務調査だけで語っても意味が無い

・税務調査に強い税理士って本当にいるの?

・税理士によって調査の結果ってそんなに変わるものなの?

・なぜ、あなたの会社に税務調査が来たのか?

・修正申告をすると次の税務調査で不利になるってホント?

・是認を取るのが良い税理士?はい、それで良いなら喜んで

・税務調査をコストとして認識してみると

・肉を切らせて骨を断つ!戦略的な税務申告も

・税務調査で絶対にやってはいけない3つのこと

・指摘されて認めても良いもの、認めてはいけないものトップ3

・税務調査で"おみやげ”なんて本当にあるの?

・税務署が怖いと怯えるくらいなら、こういう準備をしておけば良い

・こんな顧問先は税理士だってお断り

・税務調査で目指すべきゴールってなんだろう


■収録時間:約120分


■料 金:10,000円(税込み)


■販売内容:セミナー音源+レジュメ一式


■お申込み:




セミナー音源販売一覧はこちら


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/521-518b0696

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。