【オススメ】がんと向き合って:上野創 - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » ビジネス書評・オススメ » 【オススメ】がんと向き合って:上野創

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【オススメ】がんと向き合って:上野創

がんと向き合って (朝日文庫 う 13-1) (朝日文庫 う 13-1)
がんと向き合って (朝日文庫 う 13-1) (朝日文庫 う 13-1)

先日の某パーティで勝間和代さんにご紹介いただいたのが
朝日新聞天声人語補佐の上野創さん。

勝間さんを含めた3人で、他愛もない自転車談義で盛り上がり、
とても初対面とは思えないほど意気投合しまして。

さわやかでエネルギッシュな好青年だと思っていたところ
一緒にいらしていたこちらも朝日新聞の記者である奥様から
メールをいただいたのです。

「昨日は、新しい自転車仲間が出来て上機嫌でした。
彼はこんな人です」と

http://www.gsic.jp/support/sp_02/kvs/09_01.html


正直ビックリしました。

あんなに元気に見えた人が、実は、
26歳で肺に転移したガンが
発見され、その後二度の再発を乗り越えていた
なんて。

うちの父は、7年前に63歳でガンで亡くなっています。
そのときに、家族を代表して私が告知を受け
震える手でメモを取ったことを今でも忘れらません。

いや、上野さんは、親のことではない、自分自身のことなのです。

26歳といえば、くしくも私が独立した年。
そのときに、自分が「ガンが肺に転移している」といわれたら
どうしただろうか。

26歳で独立し、若くして数々の修羅場を経験してきたかのように
思っていたが、彼らは命を懸けて夫婦で戦っていたのです。

私は、久々に泣いた。
32ページの奥様が病床の上野さんにプロポースをし、
「いや、そんな、もう少し落ち着いてから・・・」ともごもご言っている上野さんに
「嫌なの」といっているシーンで。

そして、号泣した。
一年遅れの結婚式での二人の笑顔の写真で。

「ファルマシア医学記事賞」「日本エッセイスト・クラブ賞」受賞の文章は
過酷な闘病記であっても、なぜかさわやかな読後感!

「人はひとりで死んでいくけれど、ひとりで生きることはできない」

人の「強さ」を再認識し、夫婦の絆に感動したいあなたに、是非オススメします。

★★★★★

PS

上野創さん、高橋美佐子さん、これからも仲良くしてください。

【編集後記】

この記事のおかげで、この過疎ブログにもエライ数のアクセスが流入。

smoothさん、ありがとうございます。
おかげでこの本まで売れました。

儲かる会社にすぐ変わる! 社長の時間の使い方
儲かる会社にすぐ変わる! 社長の時間の使い方

あっちは、ユニークアクセス2000以上だったそうです。
(おそるべし「はてブ・トルネード」)

マインドマップ的読書感想文:
【英語学習】「留学なしでTOEIC985点彼女は何を選んで勉強したのか」&
「カリスマ税理士のオススメ英語書籍」


その「カリスマ税理士」って

勉強本マニアよ!そろそろ勉強しよう!

人気blogランキングいつも応援ありがとうございます
【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

うぅっ。ガンサポートセンターの記事を読んだだけで泣きそうになりました。

2008-03-21 14:15 │ from 埼玉県貸倉庫URL

コメントありがとうございます

>>貴夫さん

じゃあ、これから新聞も朝日?(・ω・)/

しかし「コバンザメ的ブレイク」すごいわ。

私の本までエラい売れて順位急上昇中!

2008-03-21 16:50 │ from ヨシザワURL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/484-6520b43e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。