【精読】黄金の扉を開ける賢者の海外投資術:橘玲 - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » ビジネス書評・オススメ » 【精読】黄金の扉を開ける賢者の海外投資術:橘玲

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【精読】黄金の扉を開ける賢者の海外投資術:橘玲

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術
黄金の扉を開ける賢者の海外投資術

私も会員になっている「海外投資を楽しむ会」の10周年記念として
刊行された橘玲さんの最新作。


位置づけは「臆病者のための株入門」の上級者版であるため、
私を含めて書いてあることの全てを理解するのはちょっとしんどいかも。

それでもエキサイティングな投資理論に、思わず精読してしまうこと
間違いなし!

臆病者のための株入門 (文春新書)
臆病者のための株入門 (文春新書)



第一章では「美味しんぼ」の「至高の料理」と「究極の料理」の対決になぞらえ、
「投資んぼ」として富裕層のポートフォリオにしがないサラリーマン記者「山岡士郎」が
300万円という投資資金で挑んでいきます。

この際に最も根幹となる理論が「分散投資」の必要性

こう聞くと「またかよ」とお思いの方も多いでしょう。

しかし、橘さんの主張は、30代のサラリーマンであれば
「レバレッジをかけて全資産を株式に投資せよ。それも海外資産で保有せよ」
今までの分散投資の常識からするととんでもないものです。

ただ、このぶっ飛んだ理論と同じレバレッジの掛け方を我々は住宅ローンで
自宅を購入するという行為で既に行っているとのこと。

その答えは、ネタバレになるので本をお読みください。

この他にも、FXの「ギャンブルとして」の宝くじに比べての優位性や
ヘッジファンドの仕組みなど見所がたくさん。

さらに、税理士に読んで欲しいのは
「究極の節税をめぐる非居住者裁判」のくだり。

海外の事例やハリポタ作者、そしてあの武富士事件を
きちんと論点を整理しながら説明しています。

いやいや、これだけ非居住者の税務についてきちんと
わかりやすく説明している本も少ない
のでは。

私は、自分で海外口座を開設したり、
ヘッジファンドを購入したりするものの
周りに非居住者がいなかったのでこのあたりの税務は
イマイチ他人事だったのです。

ただ、どうも一年の半分以上をハワイで過ごすベストセラー作家や
シンガポールに移住しちゃった作家とのお付き合いをする中で
この当りの知識がリアルにリンクし始めたというか。

損失を管理しながらリスクプレミアムを享受する手法を
知りたい方に是非オススメ!


★★★★★

人気blogランキングいつも応援ありがとうございます


【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

まだまだ、ランキングv-354が上がってe-70いる様子からすると

来年あたり、海外で過ごすベストセラー作家v-66の仲間入りですねv-91

2008-03-15 19:43 │ from 《緑の葉》URL

コメントありがとうございます

>>《緑の葉》さん

土日はビジネス書は売れないはずなのに、
ありがたいことです。

雑誌書評はタイムラグがあるのでそれまで
書店が返品しないことを祈ります。(・ω・)/

2008-03-15 20:15 │ from ヨシザワURL

度々の訪問とコメント有難うございました。

社長にも紹介しました。(笑)
反論めいた事も言われましたが、
常々、社長が悩んでいる部分に合致していると思っていましたので、
再度、お勧めしておきました(笑)

>一方、新聞広告は費用対効果はあまり高くないそうです。
>出版社として、「こういうところにも
>広告を出していますよ」というアピールと割り切っているようです。

こういったコメントを頂けると、今後の参考として非常に参考になります。
本当に有難うございました。(御礼)

2008-03-15 23:17 │ from ケイエムURL

コメントありがとうございます

>>ケイエムさん

度々のご紹介並びに周りの方にオススメ
頂きましてありがとうございます。

これからもよろしくお願い致します。

2008-03-15 23:22 │ from ヨシザワURL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/478-d62bd63e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。