さわやかな読後感! - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » ビジネス書評・オススメ » さわやかな読後感!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さわやかな読後感!

三菱銀行との合併が不可避となった当時の第一銀行。
その合併に疑問を唱えた一人の常務が、
確実視されていた実質的な吸収合併からこの銀行を
救うという実話に基づいた経済小説。(「大逆転」)

その後、この銀行は第一勧業銀行(「大合併」)となり、
さらにはみずほ銀行となったわけだが、このとき
三菱銀行と合併していたら、銀行の業界地図も
今のものとは、まったく違ったものになっていただろう。

そんな視点からこの本を読んでみると
面白いかもしれない。


当時、大学生の私は、高杉良氏の本をほとんど
読んでいた。そして、いまでも「高杉良全集」と言えるほどの
本が、本棚に並んでいる。

ところが、最近の「金融腐食列島」当たりからは、何故かあまり読んでいない。

別に、作者の技量が落ちたなんてことは全くない。どうやら、私自身が変化をしてしまったようだ。

学生の頃や勤務税理士の頃は、「苦難に立ち向かう経営者」や「組織権力に立ち向かうミドル」の活躍に、胸を熱くした。

しかし、今は、「なんだか、きれいに書きすぎだろう。会社のちょうちん記事じゃないの?」とか「いやいや、そうはいうけど、結構経営者も大変なんだぜ」なんていう極めてひねくれたものの見方でこれらの本を眺めてしまうため、今ひとつ感情移入が出来ないのだ。

この本を読んでピュアだった大学生の頃を思い出すようにします。(^^)★★★★★

高杉良経済小説全集 (7)高杉良経済小説全集 (7)
高杉 良


Amazonで詳しく見る
by G-Tools






コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/47-ba35b8cc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。