【長編】なぜ夜中まで働いてもカネが残らないのか:その10 - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » 儲かる会社にすぐ変わる!社長の時間の使い方 » 【長編】なぜ夜中まで働いてもカネが残らないのか:その10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【長編】なぜ夜中まで働いてもカネが残らないのか:その10

10,不良品が出来るリスクは想定していたのか?

サンプルが来てから2週間後、やっとシオックスオリジナル商品の納品があった。

これぞ一発逆転の宝の山に見えたものだ。

しかし、満面の笑みが一気に曇ったのだ。
糸がほつれているものがある。
それによく見ると一つ二つではない。
むしろほつれているものばかりだ。
中にはケチャップの跡のついたものまである。



「なんだこれは、サンプルと全く違うじゃないか!」

あわてて無料電話スカイプを手にした拓海は、
上海の商社を呼び出した。

「どういうことだ!周さん。不良品ばかりじゃないか。」

「そんなことはない。ちゃんとチェックしている。」

「こんなものは日本じゃ売れないんだ。」

「中国じゃそんなことをいう人はいないよ。
日本人が細かすぎるんだよ。」

また、怒りで体感温度は40度に上がったようだった。

「もういい、返品するからサッサと返金してくれ!」

「残念ながら返金は出来ないよ。うちは悪くない。
どうしてもというなら次に頼んでくれたときに
値引きをしてあげてもいいがね。」

「ふざけるな!すぐに返金しろ!」

ヘッドフォンをたたき付けながらも、気がついた。
相手は上海。それも金は既に払い込んでいる。

沸々と胸が泡立ち、怒りを抑えるために
残りの缶ビールを煽ったのだ。

ちくしょう!埒があかない。
でもシオックスへの納品期限は近づいている。

だいたい、あの金は明代が俺との結婚のために貯めていた資金だ。
それを俺は「うまく言ったら結婚しよう」とまで言って借りたのだ。
この金だけは何とかして返さないと。

★ポイント 海外の業者は交渉が日本の業者以上に手強い例が多い。
委託する場合はその当たりのリスクも織り込んで判断を。

【編集後記】

先日、「俺100」の聖幸さんが東京にお見えだというので、smoothさん
を交えて、今回の新刊について「何が良くて何が悪かったのか」
の総括をお願いしまして。

聖幸さんsmoothさん、貴重なご意見ありがとうございました。

場所は、私のホームグラウンド銀座うかい亭。

オッサン3人で行くには、微妙な場所でしたね。

人気blogランキングいつも応援ありがとうございます

【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

新刊の総括についての会合って・・・。
もはや、税理士さんの領域ではないですよね(微笑)


って、サミットでも4人中3人が自分は税理士に向いていないから他の事したいだって・・・。

受験生の僕にはだんだん税理士業界が・・・(以下、自粛)

・・・(笑)

2008-03-24 13:23 │ from 徳留新人URL

コメントありがとうございます

>>徳留さん

>サミットでも4人中3人が自分は税理士に向いていないから

そういう人ばかりに近づくからだろ。e-263

もっと、王道を行く人の話を聞くように。

2008-03-24 20:02 │ from ヨシザワURL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/442-fcedfa47

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。