【長編】なぜ夜中まで働いてもカネが残らないのか:その4 - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » 儲かる会社にすぐ変わる!社長の時間の使い方 » 【長編】なぜ夜中まで働いてもカネが残らないのか:その4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【長編】なぜ夜中まで働いてもカネが残らないのか:その4

4、本当にその商品を売り切ることが出来るのか

まあ、すぐにシオックスとの取引は無理だろうから、
まずはネットショップを作って自分で売っていこう。

その前に、利益の計算をしなくちゃいけない。

「これからの経営者は数字にも強くないないといけない」と、
多くの「成功本」にも書いてあったからな。

まずは、粗利益率を計算してみよう。



エムズが卸していたときのシオックスの
買取額が上代(定価)の50%だろ。

同じ条件だとすると定価2,000円のシャツを
シオックスが1枚買ってくれると、
うちには1,000円の売上が立つわけだ。

それでそのシャツを上代の20%で
上海の工場が作ってくれるとなると原価400円。

うちは400円で作ったものが
1,000円で売れるので粗利益額600円だ。

するとうちの粗利益率は600円を
1,000円で割るから60%か。

エライ儲かるぞ。

チョット待て、ネットショップで売るとどうなる。

定価2,000円のものを2割引で売っても1,600円。
そうなると、うちは400円で作ったものも1,600円で
売れるので粗利益額は1,200円。

粗利益率は1,200円を1,600円で割るからナント75%!

すると、1,000枚売れれば、
うちは1,200,000円も儲かるのか。

それがアイテム数を増やせば
かけ算で儲かっていく。

夢は広がっていくぜ。

★ポイント 商品は必ず売り切れるわけではない。
ロスの損失も含めた上での粗利益率計算が必要

【編集後記】

勝間和代さんが週刊ダイヤモンド上で展開した
「知的生産革命」特集。

週刊 ダイヤモンド 2008年 2/9号 [雑誌]
週刊 ダイヤモンド 2008年 2/9号 [雑誌]

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法

いや、すごかったです。

個人的には、コンテンツ以上にその取り組みそのもの
に大いに刺激を受けました。

というのも、勝間さんはある目的を
もってこの特集に挑まれたようで。

そのために、「こうすればこうなるはずだ」という
仮説を立て、その検証をとるために
ベンチマークとなる書店ごとの売上げについて、
目標値と実績値の比較検討をちゃんとしています。

それも自らでその結果を独占することなく
周りの人にフィードバックまできちんとして。

広告予算を取ってのその効果と
本がどれだけ顧客を誘引するかはちゃんと
検証していたつもりですが、ここまで
きちんと仮説立てと検証はしていませんでした。

ちなみに私が行った商業出版を通じてのフィードバックはこちら
(このレポート欲しさに本を買ってくれた方までいらっしゃいましたね)

出版社と相談して、私もいろいろ取り組んで見ようっと。

なんかあっちは、「ド派手な仕掛け」が嵐のように
続くみたいだけど。

人気blogランキングいつも応援ありがとうございます

【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

v-280こんばんは

紹介されている2冊、読んでますよ。
勝間さん、ホントにすご~いスーパーウーマンですねv-91

凡人のワタクシとは、雲泥の差v-12


でも、吉澤先生の取り組み、楽しみですネv-218

2008-02-12 20:04 │ from 《緑の葉》URL

コメントありがとうございます

>><<緑の葉>>さん

うちの本の発売日が
勝間さんの「インディで行こう!」の
携書版発売日と同じ。e-263

応援よろしくお願いします。

2008-02-14 07:11 │ from ヨシザワURL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/436-3af339af

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。