【長編】なぜ夜中まで働いてもカネが残らないのか:その1 - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » 儲かる会社にすぐ変わる!社長の時間の使い方 » 【長編】なぜ夜中まで働いてもカネが残らないのか:その1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【長編】なぜ夜中まで働いてもカネが残らないのか:その1

第一章 なぜ、夜中まで働いてもカネが残らないのか?

1、本当に勢いで会社を辞めてよかったのか

「リスク、リスクっていっていたら
何もできないじゃないですか」

「売れなかったときのことを考えるのは
当然のことだろう!」

大手アパレルメーカー、
エムズインターナショナルの冷房が効きすぎた会議室。
ただ、役員とのプレゼンに臨む私には、
体感温度が40度にも感じた。



「リサーチの結果を見たって、
このコンセプトは絶対に受け入れられるはずです。」

吉田拓海は、一歩も引くつもりはない。

ティーンエイジャーに支持される
デザインでヒット作を生み出し、
わずか入社3年目でプロジェクトリーダーに
抜擢された拓海には、絶対の自信があった。

「それに、確実に儲かるものだけやるなら、
誰にだって出来るでしょう。」

「リスクを一切取らないと言うのなら、
経営者といえるでしょうか!」

さすがにこの一言はまずかったかも知れない。

今まで、私と役員のアツイやりとりを黙って
聞いていた社長が口を開いた。

「吉田君と言ったな。
そんなに言うなら、やめて自分でやってみたらどうだ。」

社長の一言に、会議室は凍り付いた。

拓海の口の中は、カラカラに乾いた。

深呼吸をしたあと、搾り出すようゆっくりと話した。

「わかりました、そうさせてもらいます。」

「クライアントはきっと私についてきますから。」

会議資料のウラに殴り書きをしただけの退職願をたたき付け、
会議室を出て行く私を追いかけるものは誰もいなかった。

★ポイント 会社のありがたさは辞めてからわかる。
起業するには、勢いで辞めずに、経験と準備を重ねてから。

【編集後記】

また、おかしなことをはじめたとお思いでしょう。
理由はまた後日・・・


なんて、単に繁忙期開けまで
「エコノミーモード」で運営中

人気blogランキングいつも応援ありがとうございます

【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

つづきが楽しみです!

2008-01-21 09:32 │ from 貸倉庫URL

コメントありがとうございました。

>>貴夫さん

2月28日に並びますから
何卒よろしくお願いします。

2008-01-21 19:34 │ from ヨシザワURL

ヒエー。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。

ひー。わ、私のことですかっ!?

2008-01-21 22:10 │ from 働けど働けど。。。なんですぅURL

コメントありがとうございます

>>木村さん

木村さんは、ガッツリ稼いでるでしょうに。
私が寝ている時間から働いているけどv-425

2008-01-21 23:05 │ from ヨシザワURL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/433-f5503c47

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。