【精読】デッドライン仕事術:吉越浩一郎 - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » ビジネス書評・オススメ » 【精読】デッドライン仕事術:吉越浩一郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【精読】デッドライン仕事術:吉越浩一郎

デッドライン仕事術 (祥伝社新書 95)
デッドライン仕事術 (祥伝社新書 95)

「時間効率の鬼」、元トリンプ・インターナショナル・ジャパン社長
吉越浩一郎さんの本。

「効率が上がれば残業がなくなる」と言う発想では、
絶対に残業はなくならない。
「残業をなくせば効率が上がるのだ」

と言われると「意味はわかるが、そうはいかないんだ」
と反論したくなる人もいるでしょう。


ただ、掛け声だけでなく現実に吉越さんの在任期間中、
この会社はPM6:30には全員退社をするというルール
でありながら15年以上にわたって
増収増益を継続してきたと言うのがすごいところで。

時間効率アップ手法の代名詞となった「がんばるタイム」
をはじめ「時間効率マニア」の私が大好物の一冊です。


ちなみに、私が作った読書メモはこんな感じ

<デッドライン仕事術>

仕事のアウトプットは能力×時間ではなく、
能力×時間×効率

効率を上げれば残業がなくなるではなく
残業をなくせば効率が上がる
 週一日だけノー残業デイとすることからはじめる

書類を時系列でファイリングして今日やるべきことを明確にする

デッドラインの基本は「明日」
ドンドン前倒しにする
仕事は発生した瞬間に取り組むことで一番効率が上がる

「がんばるタイム」が
午前中まで、がんばるタイム中、定時までという
3つのデッドラインを設けたことになる

会食も一次会でさっさと切り上げて、
家に帰って明日に備える

一日分の仕事の順位で悩むのは無駄
仕事の効率を上げるには、朝イチからエンジン全開で仕事をする

判断の前提となる知識(情報)レベルが高いほど、
それを共有している人間は難しい話を当たり前の顔で議論できる
 それがなければサッカーチームの作戦会議にオフサイドのルールを知らない
 人間が参加しているようなもの

撤退のルールを決めておけば、迷わずチャレンジできる

仕事の対極として、休みではなく遊びの時間を持とう
 効率よく働いて、しっかりと休むことが大事

2-6-2の法則
 優秀な人間は2割、6割は可もなく不可もない、残りの2割は
 ほとんど戦力外

会議の意味
 情報の共有化で現場の判断力を上げる

会議では下手な言い訳を許さない
 家族が熱を出したので
  ーだったら熱を出させるな!

会議は話し合う場ではなく、決める場

仕事は部下に任せてデッドラインで管理する
 部下の仕事の方向性のズレは見逃しがちなので注意


そしてこっちは、・・・


2分以内で仕事は決断しなさい―スピード重視でデキる人になる!
2分以内で仕事は決断しなさい―スピード重視でデキる人になる!

<2分以内で仕事は決断しなさい>

ビジネスで何より大切なのはスピードである

毎朝8時半から開かれる早朝会議(MS会議)
 40-50の議題を一時間で片付ける
 この間1-2分

会議で決まったことはその日のうちに実行に移す
仕事のデッドラインは明日の会議までが原則

トリンプでは全ての仕事にデッドラインが設けられている

デッドラインが仕事のスピードを上げる原動力になる

出来るビジネスマンは宵越しの仕事は持たない

仕事の基本的なキャパシティは能力×時間

イオングループ
 「大黒柱に車輪を付けろ」
  成功体験にこだわらず常に変化に対応する

根回しは明らかに仕事のスピードを鈍らせる

私が会議で追いかけるのは「遅れたもの」と「外れたもの」

部下にとって最大の褒美は「上司が何も言わないこと」

ただし、部下をトラストしすぎるのもいけない
 やるべき仕事が遅れ始めたり、その方向性がずれてしまった時に対応できない

コントロールではなくチェックをする
 デッドラインごとに

会議を通じで全社員が同じ情報を共有する
 スピードを上げるためには重要なこと

午後12時半から2時間はがんばるタイム
 私語一切禁止、電話もダメ、自分の机に張り付いて仕事をせよ

残業は悪
 罰金を
  部署単位でボーナス予算から控除

効率化はコストではなく時間で考える

会社経営にとって多数決は百害あって一利なし

ドラッカー
 レイヤーがひとつ増えるたびに、情報量は半分になり、雑音は倍になる
  間に入る人が増えるたびに情報の正確さは薄れ、
  トップは不確かな情報をもとに判断を下さなくてはならない
   =伝言ゲーム

人間の知恵は足し算ではなく掛け算
 知恵を持たないもの同志が話し合っても、知恵は増えるどころか減っていきます。

決断は常に一人が責任を持って行う

会社組織は森の生態系と同じ
 植物社会の掟は「競争・共生・我慢」

とまあ、重複しないように書いたつもりでこんな感じですから、
内容はかなり重複してますな。

と言うことで、料金も安くて新しいデッドライン仕事術のほうを
オススメします。

時間効率を上げワークライフバランスを実現したい全ての人に
激オススメします。


って、このエントリを書いた後にもう、この本もベストセラーに

「残業ゼロ」の仕事力
「残業ゼロ」の仕事力

まあ、どれでも一緒といえば一緒・・・

お好きなものをどうぞ

★★★★★

【編集後記】

昨日、藤井孝一さんのビジネス選書&サマリー主催で、
本田直之さんが講師のセミナーに、
うちのアライアンスLLP鈴木克俊君と行って来ました。

人脈レバレッジの効く交流会のつくり方などは、
以前から私が感じているところに近く、大いに勉強になりました。

ちなみに、本田さんと鈴木君は、大学の同期。
それも同じサーファーなわけで。

今じゃ、ずいぶん差がついたもんだな~。

人気blogランキングいつも応援ありがとうございます

【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

ためになりそうですね。
吉越さんの本は読んだことがありません。
近いうちに読んでみます。(いつだろうな~。)

2008-03-28 12:32 │ from 埼玉県貸倉庫URL

茂木さんの「脳を活かす勉強法」に
共通することが書いてありましたv-21

「タイムプレッシャーをかけて
問題を解こうとする時、
脳に負荷がかかり、
それを乗り越えられた喜びを得て
ドーパミンが分泌される=成功体験
そして次は更に短い時間で解こうとする、
強化学習のサイクルができる」
そうです。。

あと、宇宙もスピードが大好きだそうですv-19

2008-03-28 18:36 │ from ナカムラURL Edit

コメントありがとうございます

>>貴夫さん

是非読んでみてください。

1冊でいいですからe-263

2008-03-29 00:40 │ from ヨシザワURL

コメントありがとうございます

>>ナカムラさん

デッドラインを決めて試験を
受けているような状態にすると、
重要性の判断がより出来るように
なるんだと。

でも、会計資料はお早めにe-263

2008-03-29 00:43 │ from ヨシザワURL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/416-0511afdd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。