日経ベンチャー・NVCマンスリーで対談記事を掲載して頂きました。 - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » 当事務所からのご案内 » 日経ベンチャー・NVCマンスリーで対談記事を掲載して頂きました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経ベンチャー・NVCマンスリーで対談記事を掲載して頂きました。

中小企業経営者のバイブル、
日経ベンチャー・」NVCマンスリー
「未来型企業スタイル考・時間効率」という
テーマでの対談記事を掲載して頂きました。

日経BP社さん、ありがとうございました。

対談相手は、元「フォーブス」アジア太平洋支局長で
現在は、ノンフィクション作家のベンジャミンフルフォード氏。

良くテレビにお出になる方なので、ご存じの
方も多いことでしょう。

結構コワオモテの本を多数出している方なので
オファーを頂いたときは、ちょっとビビリ気味に。

ヤクザ・リセッション さらに失われる10年 (光文社ペーパーバックス)
ヤクザ・リセッション さらに失われる10年 (光文社ペーパーバックス)


でも、実際にお会いすると全然そんなことはなく、
気さくな方で、楽しい対談となりました。

しかし、テーマは「時間効率」なのに、
全然関係ない質問の方が多いくらいでしたね。

日経ベンチャーの編集者さんのお話だと、
むしろ今回はイイ方だとおっしゃってましたが。

それでもちゃんと記事にするのがプロの技。

ただ、誌面の都合もあるので簡単に補足説明をしておきます。







売上高や従業員数を成功の価値基準に置くのではなく
(収入-支出)÷時間=一時間当たりの稼ぎ
成功の価値基準に置くべき。

つまり「時間効率」に重点を置いた経営スタイルが必要。

時間効率を上げるためには、
まずは制約を掛けることが大前提。
制約を掛けることでプライオリティ(優先順位)を
意識した仕事をするようになる。

また、仕事の効率を悪くする最大の要因は、
需要変動。

閑散期に「パーキンソンの法則」が働き
「与えられた時間の限界まで仕事が増加」し、
結果的に効率の悪い仕事の仕組みが出来上がってしまう。


需要変動を小さくするためには、一つは閑散期の
売上を伸ばす。

しかしそれは難しいので、むしろ
閑散期の作業時間に制約を加え、
擬似的に繁忙期と同じような状態を作る。


具体的には既存業務を行う時間を週休3日体制とし、
新たに作った時間で、新規事業への取り組みや
知識習得に充てる仕組み
を作ればいいということです。

と言うことで、これを機会に
日経ベンチャー経営者クラブにご入会をどうぞ!

人気blogランキングいつも応援ありがとうございます

【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

ご活躍ですねー。素晴らしい!

> 閑散期に「パーキンソンの法則」が働き
> 「与えられた時間の限界まで仕事が増加」し、
> 結果的に効率の悪い仕事の仕組みが出来上がってしまう。

これは実感できることですね。

そんなわけで、たまっていた、ブログに飾りをつけたりなどの修正や、WEBのアクセスアップ対策など行っております。
といいますか、特にWEB対策など、常にやらなくてはいけないことですけどね。

ベンジャミンフルフォード氏といえば、9.11は捏造だ、陰謀だ、と主張する、変わったおっさんですね。よくぞご無事で(^^)/

『陰謀論の罠』にはベンジャミン氏の9.11陰謀論に対する反証がのっておりました。「コンベントリー爆撃」も陰謀論だとの主張でした。どっちが本当かわかりませんけどね。

2007-11-02 09:34 │ from 埼玉県の貸倉庫URL

こんばんはv-280

インターナショナルなご活躍、ホント!素晴らしいですね~

カロリー制限と自転車クラブの成果でしょうか?!

掲載お写真の吉澤先生
以前にも増してシャープなv-353お顔立ちv-218

三作目に期待大という意味合いもありそうですね♪

2007-11-02 19:42 │ from 《緑の葉》URL

コメントありがとうございます

>>貴夫さん

WEBマーケティングは
順調に効果が上がっているようで
何よりです。

あとは、キーワードマーケティング研究所、
どうぞよろしく。

2007-11-02 19:55 │ from ヨシザワ@手ガネ経営URL

コメントありがとうございます

>><<緑の葉>>さん

フルフォードさんは、帰化されているので
日本人ですよ。

たしか、「古歩道」さんだったような。

2007-11-02 19:56 │ from ヨシザワ@手ガネ経営URL

> 閑散期の作業時間に制約を加え、
> 擬似的に繁忙期と同じような状態を作る。

これは税理士事務所には、特に有効ですね!

アリとキリギリスのアリのように
しんどくない時期でもせっせと活動して
「備蓄」をしておく。

それが大切だと、思っております。

2007-11-04 19:19 │ from kimutax@税金まにあURL

ヨシザワさんこんばんは。

ビッグ対談ですね!

閑散期の時間の使い方についてはおっしゃるとおりだと思います。

意外と暇だとそれなりになりがちですが、
そういったときこそ時間投資の意識が必要ですよね。

2007-11-04 21:23 │ from 週末起業サラリーマン・・・hikaruURL

コメントありがとうございます

>>木村さん

そうね。我々の業界もかなり仕事量の変動がありますね。

夏の間に、冬の仕事ができれば
相当効率アップできますね。

2007-11-05 15:09 │ from ヨシザワ@手ガネ経営URL

コメントありがとうございます

>>hikaruさん

うちの閑散期ももうそろそろ終了です。

はあ、やってきますよ。
繁忙期が。e-263

2007-11-05 15:10 │ from ヨシザワ@手ガネ経営URL

あの日の・・・

この対談は東京でお会いした時の対談ですね!
兄さんの時間の使い方は、とても勉強になります。
でも週休3日は今は難しいなぁ、というか仕事をしないと不安というのが本音ですね。

話は変わりますが、僕の出版の件はある出版社に原稿を見てもらうところまではいったのですが、今回は事情があり見送ることにしました。
数年後にまた挑戦したいと思います!
色々とアドバイスありがとうございました。

2007-11-06 09:42 │ from 不動産投資専門税理士 叶URL

コメントありがとうございました。

>>叶さん

そっか、残念だったね。

うちも、いろいろ大変です。

ある程度の数の出版社にオファーして
ダメなら、企画がダメかもともと
ニーズのないテーマかのどちらかだと
俺は諦めるようにしている。

今あるコンテンツを少し切り口を
変えてまたチャレンジして!

2007-11-07 19:14 │ from ヨシザワ@手ガネ経営URL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/394-f4e99f34

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。