起業力検定:第12問 - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » 起業力検定 » 起業力検定:第12問

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

起業力検定:第12問

ようこそ独立起業研究所へ

ここでは、皆さんの「起業に必要な力」つまり
「起業力」を判定します。

3人の生徒の回答を聞きながら現在のあなたにもっとも
近いと思うものを選んでください。

<生徒紹介>

見串井 良夫(ミクシイ ヨシオ)

大学卒業後人材派遣会社勤務3年目の25歳、「パワーポイント命」の企画書マニア。
趣味は「起業成功本」を読むこと

瀬玲部田 益代(セレブダ マスヨ)

短大卒業後、アパレルメーカー勤務時代に会社社長と結婚。子育ても一段落して
新たな自分探しを始める38歳。

団塊 一郎(ダンカイ イチロウ)

中堅商社での営業一筋30年。営業部長を務めるも早期退職に応募して
起業の道も探る53歳。

<第12問>起業直後は個人事業で行きますかそれとも法人化しますか?

見串井:やっぱり法人化でしょう。その方が信用力も高まりますし。

瀬玲部田:もちろん私も法人化しますわ。
代表取締役の肩書きがほしいですから。

団塊:とりあえず個人事業でいいかと。
儲かってから法人化を検討します。



見串井:5

瀬玲部田:3

団塊:9

業種によって法人化の必要性は変わるでしょう。
たとえば許認可が得られないなどの場合は
嫌でも法人化するしかありません。

しかし、税法などを考えると起業当初の所得の少ないときは
個人事業のほうが有利な場合が多い
のです。

まずは個人事業で起業し、
安定的な利益が確保できた時点で法人化しても十分です。

あと、飲食店やエンドユーザー向けのショップは
法人名を個人が意識することは少ないので
いきなり法人化するメリットはさらに少ない
でしょう。

人気blogランキングいつも応援ありがとうございます


【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/379-48c21e77

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。