起業力検定:第1問 - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » 起業力検定 » 起業力検定:第1問

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

起業力検定:第1問

ようこそ独立起業研究所へ

ここでは、皆さんの「起業に必要な力」つまり
「起業力」を判定します。

3人の生徒の回答を聞きながら現在のあなたにもっとも
近いと思うものを選んでください。

<生徒紹介>

見串井 良夫(ミクシイ ヨシオ)

大学卒業後人材派遣会社勤務3年目の25歳、「パワーポイント命」の企画書マニア。
趣味は「起業成功本」を読むこと

瀬玲部田 益代(セレブダ マスヨ)

短大卒業後、アパレルメーカー勤務時代に会社社長と結婚。子育ても一段落して
新たな自分探しを始める38歳。

団塊 一郎(ダンカイ イチロウ)

中堅商社での営業一筋30年。営業部長を務めるも早期退職に応募して
起業の道も探る53歳。

<第1問>

あなたが選んだ商材・サービスは何ですか?

見串井:中小企業向けの新入社員獲得支援と新人研修ですね。

瀬玲部田:輸入雑貨のセレクトショップを自由が丘に開きますわ。

団塊:自分が扱っていた機械工具類の卸売りとメンテナンスです。



見串井:8

瀬玲部田:3

団塊:5

採点は難しいところですが、今回は他社と差が見出す余地があるか
という視点で採点してみましょう。

新入社員獲得や研修自体多くの大手企業も行っています。

しかしある業種に特化したり、新しい研修コンテンツを
探すことで他社との差を見つける余地はあるでしょう。

機械工具類や輸入雑貨という商材はなかなか他社との差を
見出すのは難しいところです。

セレクトショップの場合、大手とバッティングしない品揃え
に特化するか、機械工具類の場合「最も適切な商材を推奨する」
というコンサルティング的な付加価値をつけないと
難しいところでしょうね。

人気blogランキングいつも応援ありがとうございます
【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

ヨシザワさんこんにちは。初期投資、ランニングコスト等リスクを考えて1を選びました。やりたいという基準なら2です。カフェがいいんですよね。

2007-10-01 16:14 │ from 週末起業サラリーマンURL

あは。

この企画おもしろいですね!!

でも、企画が終わったらちゃんと税務の世界に戻って来て下さいねぇ~(笑)

2007-10-01 16:47 │ from 徳留新人URL

コメントありがとうございます

>>hikaruさん

いや、それは別の問題で出て来ます。(^_^;)

2007-10-01 22:48 │ from ヨシザワURL

コメントありがとうございます

>>徳留さん

当分税務には戻ってこないので
「探さないで下さい」ヾ( ´ー`)

2007-10-01 22:50 │ from ヨシザワURL

吉澤さん、こんばんは!
面白いですね。

私は団塊さん派です。
ついつい自分が知っているものに流れてしまいます・・・。確かに差別化は難しい。

2007-10-02 00:15 │ from 手文庫@ビジネス書で問題解決URL

コメントありがとうございます

>>手文庫さん

いや、そ、それも別の問題で
出てきます。e-263

2007-10-02 06:44 │ from ヨシザワURL

ランキングクリックしておきました!

毎日楽しく拝見させていただいております。 私のブログはまだまだですが頑張っておりますので、気が向いたら覗いてくださいね

2007-10-02 15:26 │ from 世界一の不動産王URL

吉澤さん、こんにちは!

わたしは、家から近いので、2番です。
でも、
誰か、スポンサーが必要です。

2007-10-02 16:26 │ from ニタ@「教えて会計」URL Edit

コメントありがとうございます

>>世界一の不動産王さん

はじめまして。こちらこそよろしくお願いいたします。

2007-10-02 23:42 │ from ヨシザワURL

コメントありがとうございます

>>ニタさん

そ、そ、それも微妙に
あとの問題で出てきます。e-263

2007-10-02 23:43 │ from ヨシザワURL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/367-0df46db5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。