みんなの相続-隣の相続はなぜ、あんなにもめたのか - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » マーケティング » みんなの相続-隣の相続はなぜ、あんなにもめたのか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなの相続-隣の相続はなぜ、あんなにもめたのか

実は、先日相続に関する書籍原稿を書いてみました。

私のタイトルは

「みんなの相続」-隣の相続はなぜ、あんなにもめたのか-

先日、プレジデントさんのインタビューで「遺産相続」の
話をさせてもらいながら、どうしても雑誌の誌面だけだと
すべてを伝えられないので、「このまま1冊の本にできないか」と
考えたわけですね。

コンセプトは、シチュエーションドラマ風の体裁をとることで、
隣の相続をのぞき見るようなつもりで
読んだものが、実は自分もその当事者であることに
気がつき「両親が元気なうちにしか対策ができない」
ことを理解してもらうことを目指したものです。

それも、自分自身相続対策にあれほど従事していながら
自分の父の相続時には、何もできなかったという
反省があるからです。

しかし、商業出版をしてくれる出版社を探したのですが、
結論は出版には至りませんでした。



打診をしたり、企画書を送付したのは全部で20社以上。

中には、懇意にしている出版社もありましたがそちらもNG。

数社の競合になった「起業本」とは大違いです。

というか、前から「相続と税金は無理!」と
何度も言われていたのですが。

内容以前に、「需要が全くない」とのこと。

まあ、自費や買取を付ければ出版も可能なのでしょうが
売れないならさすがに意味もないですからね。

「オイオイ、ダメだったものを書いてどうするんだ」
と言われそうですが失敗事例の方がむしろ貴重なデータなんですぜ。

って「せっかく1冊本を書いたのにボツになるのか」と
お思いの方。

別に負け惜しみじゃなくて本当に書くこと自体が
知識整理になるので絶対に無駄になんかなりませんよ。


そのまま、対面でのコンサルにも使えるわけですから。

だから、まずは書いてみてください。

今回は、全くブックマーケティングを考えず
純粋に「相続の準備は、両親が健康なうちにしかできない」
ということをクライアントに伝えるために書いたものです。

だから、この本を読んでも
全く新規のお客様や、新たな仕事が獲得出来る
と言うことはないはず。

うちの親が亡くなった時のことを思うと、
なかなかビジネスに直結をさせるために
過度に心理不安を煽ったりする気にもなれませんしね。

ただ、現実には、それだと
「センセーショナルで新鮮味のある本」には
ならない。

さらに、そもそもまだ痛みを実感出来ないし、
読んで何らかのベネフィットがすぐ生まれるわけでも
ないので、なかなか1冊の本となると、
販売には結びつかないそうなのです。

このあたりが商業出版の難しいところ。
こちらの思いを余り強く出すと、マーケットから乖離してしまう。
と言うことを身を以て知りました。

ちなみに「事例部分は面白かったけど
実用解説部分は要らない」
というのが、
読んで頂いた方の多くの意見でしたね。

いやいや、それじゃ、本にならないじゃん。

そう考えるとむしろ雑誌の記事向きかも知れません。

って思っていたらちゃんと活用してくれる
ところが。

我ながら、転んでもタダで起きないと言うか
結果オーライというか。

人気blogランキングいつも応援ありがとうございます

【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

コメントありがとうございます

>>hikaruさん

そうなんですか。

週末起業もダメなんですか。

何書こうかな~。

2007-09-21 20:32 │ from ヨシザワURL

さわやかな青年さま

元気なうちに相続対策は
ほんとうに大切なことなんですけどねぇ。

マーケット主導で動く今の世では
真に必要な情報や知識が
見えにくくなっているのかもしれませんね。

ところで、風のようにさわやかな青年さま
いつ、わたしたち、風になりましょうか?(自転車部結成の件)

2007-09-22 16:25 │ from kimutax@税金まにあURL

三冊目の本をいつ出すのかな~と思っていたら、やはり水面下で動いていたのですね。
タイトルまで出来ていたのに残念でした。
最後にどんでん返しがあったみたいですが、小冊子か何かになったんですか?
なんだか、企業秘密が隠されているようですね(微笑)

2007-09-22 18:14 │ from 川越市の税理士・大林 茂樹URL

コメントありがとうございます

>>木村さん

自分の言いたいことを
書きたいのであれば、
自費出版という選択肢に
なってしまうのかな。

ああ、今日自転車部結成しましたv-221

今のところ、部員は2名ですけどね。

木村さんもどう?

当面の目標は来年の
ツールド北海道出場と言うことで。

2007-09-22 20:50 │ from ヨシザワURL

コメントありがとうございます

>>大林さん

これ以外にも結構書いています。

日の目を見るかどうかは、
また別の話なんですけどね。e-263




2007-09-22 20:54 │ from ヨシザワURL

内輪ネタで恐縮です。
自転車部って何?
管理栄養士による栄養指導を受けざるを得なくなったので、興味あるけど…
でも、たぶん速さについていけないv-12

2007-09-22 23:54 │ from 川越名物☆税務と会計のビックリ箱URL

コメントありがとうございます

>>大林さん

うちもいい加減ウエイト落とさないとまずいので。

自転車で顧問先にも行きます!

2007-09-23 07:57 │ from ヨシザワURL

相続の出版って無理?

v-12>-隣の相続はなぜ、あんなにもめたのか-

 水面下で足こぎしている一人ですv-356

 サブタイトル、非常に似ているんですけどi-230

 まだ出版できるかどうかわかりませんがv-12

2007-09-27 17:23 │ from 加藤 厚URL

コメントありがとうございます

>>加藤さん

需要がないのとビジネス書ではないので、
実用書の出版社じゃないとそもそも棚がないそうです。

まあ、買取をつければいけるかもしれませんが。

2007-09-27 21:20 │ from ヨシザワURL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/362-0fd5fb65

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。