誰でも1日1冊ビジネス書が読める方法 - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » ほぼ月刊ワンポイントアドバイス » 誰でも1日1冊ビジネス書が読める方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰でも1日1冊ビジネス書が読める方法

今までの私の読書量は、年間で100冊程度でした。

ですがここ2ヶ月ほぼ1日1冊のペースでビジネス書を読み続けています。

別にノルマとしているわけではないので2冊の時やゼロの時もありますが。

最近は毎日1冊以上の本を読んでいるという書評家も多く、
最初は「そんなこと出来ない。それは超人というかむしろ変態だろ
くらいに思っていました。

しかし、実際にやってみると、そんなに大変なことではありません。
少なくとも楽しくやることが出来ています。


ただ、私の場合正確に言うと、
「1日1冊のビジネス書を読んでいる」というよりも
「1日1冊のビジネス書の情報処理をしている」というもの。

つまりその本から必要な情報を抜き出し整理しているわけですね。

具体的には、

1、タイトルを読む
2、作者のプロフィールを読む
3、目次を読む
4、「この本からどんな情報を抜き取るか」という目的を定める
5、必要なところを最初からページをめくりながら探す
6、必要なところだけはゆっくりと読み、付箋を貼る
7、付箋を貼ったところのキーワード、キーフレーズを書き出す

というものです。

所要時間はおおむね1時間。

電車に乗らず車でしか移動しない私には、その時間位しか、
1日の中ではとることが出来ません。

結果1時間になるというよりはむしろ
「1時間でやるにはどうしたらよいか」
を考えて読んでいるわけですね。

そうやって制限時間を設けると
試験を受けているのと同じ状態になり
頭の回転数も上がり、
「何が重要か」もはっきりわかるそうです。


脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)
脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)



もちろん、きちんと書評をメルマガやブログに
書くほうが知識も深まり効果的なアウトプットでしょう。

しかし、それは相当ハードルが高いもの。

読ませるための文章を書くということは
文章力アップにはつながりますが、
あまりにハードルが高く、
それはやっぱり変態、いや超人たちに任せたほうが良いのでは。

われわれ、凡人はそのために継続しないのでは意味がないのです。

まずは続けるためにハードルを下げた仕組みが必要です。

かといってこのアウトプットなしでは、
1日1冊の情報処理も意味のないものになります。


なぜなら「なんとなく読んだ」という自己満足だけで、
引用したり活用したりということには
なかなかつながらないからです。

では、私はどこにアウトプットをしているのか。

私が選んだのはGmail

つまり、自分宛にメールを書くのです。

具体的には、

件名には【書評】タイトルと著者名

本文には

1、この本を一言で言うと

2、付箋を張った場所のキーワード、キーフレーズ

をただただ殴り書きしていきます。

これですと1冊の本を処理する時間も
比較的短いものですみます。

えっ、キーワードやフレーズだけじゃ意味がわからなくなる?

そりゃ全文書いたほうが良いですが、結構大変です。

もし意味を忘れてしまっても、
そのキーワードでネット検索すればいいでしょう。

良い本だったら、きっと誰かが
そのキーワードについて言及しているはずですから。

(これぞ外部の力の活用による「レバレッジ」効果!
って単なる他力本願ですね

そして、Gmailであれば、
強力な検索機能によりいつでもどこでも情報を引き出すことも出来るのです

また、必要な人はスターを付けておくと良いかも。

ためしにおやりになってみてはいかがでしょう。

ただ、プライムにして手軽にオーダーできることも相まって、
アマゾンの支払いがものすごいことになってますけどね。

【参考文献】

レバレッジ・リーディング
レバレッジ・リーディング


齋藤孝の速読塾―これで頭がグングンよくなる!
齋藤孝の速読塾―これで頭がグングンよくなる!




人気blogランキングいつも応援ありがとうございます

【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

先生もフォトリーディング受講してましたっけ??

この辺の話は福岡で拘束した時にでも・・・(笑)

ちなみに僕のGmailも自分からのメールだらけ(汗)

2007-08-24 18:28 │ from 徳留新人URL

コメントありがとうございます

>>徳留さん

フォトリーは全く理解出来ない。

ベースは齋藤孝の読者術と王様の読者術という本(・ω・)/

2007-08-24 20:03 │ from ヨシザワURL

ヨシザワさんこんにちは。私も一時期速読していましたが、近ごろは熟読しています。なんとなくですが。貧乏性なのかもしれません…(汗

2007-08-24 20:11 │ from 週末起業サラリーマンURL

こんばんはv-280

土井英司先生は、Profileに「年間約100万円ビジネス書に費やす」
書かれてありますし

吉澤先生も、凄い読書量! 尊敬致します。

でも『手ガネ経営』がバイブルv-218
と擦り切れそうになるくらい何十回も読み返す方も多いかとv-220

2007-08-24 20:29 │ from 《緑の葉》URL

>フォトリーは全く理解出来ない。

同じ人がいてうれしいです。
多少参考になりましたが、あのやり方では何も残らず、そうそうに諦めました。

「レバレッジ・リーディング」は読んだので、「齋藤孝の速読塾―これで頭がグングンよくなる!」も読んでみます。参考になりました。

2007-08-24 21:43 │ from かまたURL Edit

× 読者術

○ 速読術

2007-08-24 22:02 │ from ヨシザワURL

コメントありがとうございます

>>hikaruさん

私も気になった本はあとで熟読します。

ただ20冊に一冊くらいしかないんですよね。

それを発見するための情報整理なのかも。

2007-08-24 22:05 │ from ヨシザワURL

コメントありがとうございます

>>《緑の葉》さん

セミナーの参加費を入れれば100万円位には
私もなるでしょうね。

税務の本は高いですから。

2007-08-24 22:07 │ from ヨシザワURL

コメントありがとうございます

>>かまたさん

良い本ですから、是非どうぞ!

2007-08-24 22:09 │ from ヨシザワURL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/343-5e7067ca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。