税金はバブルとどうかかわったのか-その8 - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » 税金対策・節税 » 税金はバブルとどうかかわったのか-その8

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税金はバブルとどうかかわったのか-その8

所得バブル崩壊―危機の連鎖を招く「バブルの負の遺産」を断ち切れ!!
所得バブル崩壊―危機の連鎖を招く「バブルの負の遺産」を断ち切れ!!


同額の不動産を買い換えたとします。

この場合には、別にお金が増えるわけでもありません。

しかし、税務署はあくまでも一旦売った時点で
儲かっているのであれば、そこに譲渡所得税を
課税してきます。

するとその分手持ちのお金がなくなってしまうので
同額の不動産を購入することはできなくなってしまう
でしょう。

そこで、一定の要件を満たす買換については
利益の100%または80%をその時点では
一気に課税しないという制度が買換特例です。

私は、この規定がバブルに与えた影響は
小さくないと思っています。



もちろんこの規定自体が悪いわけではありません。

しかし、
「この規定を受けないと税金が取られてしまう。」

「それには、一定期間内に新たな不動産を購入しないといけない。」

「もう値段は多少高くてもいいや。」

と言う形で、どうも購入価格についてネゴシエーションを
厳しく行うという姿勢が明らかにゆるんだ気がする
のです。

この姿勢が不動産価格の実態以上の高騰を
煽ったのではないでしょうか。

実は、このようなことが今も起きているような気もします。
「今月中に、どうしても買わないと」という
話をしているのを聞く場面も多くなりました。

本当に歴史は繰り返すというか。

なおこの制度は、節税策ではありません。

建物の減価償却費が押さえられるため、
結果的に税金を分割払いしているのと
同じになったり、土地については
次の譲渡の時にまとめて税金が
課されたりするのです。

バブル崩壊後に損切りをしても
土地を処分して借入金を返そうとしたら、
損切りなのに多額の税負担が発生するため
処分ができない

という例も多数発生しています。

何とも罪作りな制度ですね。

人気blogランキングいつも応援ありがとうございます

【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

こんばんはv-280

そうだったんですか・・・

今日の記事はシビアというか、

ご期待に沿えず

ツッコミどころがなく、完敗ですv-421

応援クリック  ぽちっv-22

2007-07-20 19:04 │ from ≪緑の葉≫URL

コメントありがとうございます

>><<緑の葉>>さん

そんなに、コメントしづらいですか。

というか、そんなに無理させてスミマセン。

税法のマーケットは小さいですね。

2007-07-20 20:45 │ from ヨシザワ@手ガネ経営URL

マーケットというか

吉澤さんが税務について書くと、レベルが高すぎるんですよ。

あと、突っ込みどころといか、スキがないかな(税務の記事のときは)。

でも、イソログも、あれだけ一般の人が寄り付けないような記事ばかりでも、すごいアクセス数と人気。ヨシザワブログも、こういったレベルの記事を一年間くらい更新し続ければ、たいへんなブログになるのでは?

まヾ( ´ー`)ヨシザワさん自身が、それを望まないだろうけど。

2007-07-20 22:48 │ from kimutax@税金まにあURL

コメントありがとうございました

>>木村さん

まあ、へそ曲がりですからね。(・ω・)/

ツッコミどころを入れると。なるほど。φ(.. )

2007-07-20 23:01 │ from ヨシザワURL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/318-48946a08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。