税金はバブルとどうかかわったのか-その4 - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » 税金対策・節税 » 税金はバブルとどうかかわったのか-その4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税金はバブルとどうかかわったのか-その4

バブルの歴史―チューリップ恐慌からインターネット投機へ
バブルの歴史―チューリップ恐慌からインターネット投機へ


さて、賃貸用不動産の損益通算はいわば小口の
お話。今回はもっと大きなお話です。

バブル以前には相続税を計算する際の土地の評価額が
実際の時価(実勢価格)よりもかなり低い水準で評価
がされていました。

これは、所有に固定資産税がかかること、
現金化しようとする場合には譲渡所得税や仲介手数料等がかかること、
さらにすぐに売れるとは限らないと言うことも考慮すれば、
私自身は合理的なものと思います。

しかし、急激な地価高騰の中、この路線価と実勢価格のギャップ
目をつける人たちが現れました。



つまり、相続税の節税のために借入金で不動産を
購入する
ことを思いついたのです。

相続税の計算上、借入金は100%評価、ところがそのころの
土地の評価額は実勢価格の50%-60%程度でした。

不動産の鑑定上、賃貸用のビルの場合、入居者がいると
利回りが上がるので評価額が上がります。

しかし、なぜか相続税の評価上は、「入居者の
権利部分がある」と言うことでむしろ評価額が下がるのです。

そのため、賃貸用のビルの場合さらに80%程度に評価されるので
評価額は実勢価格の40%程度だったことも。

さらに賃貸用建物も新築の場合で実際の価値の40%程度でした。

例えば、10億円のマンションを借入金で購入するとします。

プラスの財産としては、10億円×40% =4億円
マイナスの財産としては、10億円
差引でマイナスの6億円です。

この△6億円は他の財産と合計して計算がされます。

つまり、この不動産を購入することで合法的に
相続財産額を6億円減少させる
ことができてしまうのです。

時は全額フルローンどころか諸経費まで融資をしてくれる
オーバーローンが当たり前の状態。資金調達も全く問題ありませんでした。

さらに土地はいくらでも買い手が付く状態でしたので、
相続というハードルを過ぎてしまえば、
いくらでも売却によって資金回収が可能
だったわけです。

そのため、高額の不動産所有者が
この方策に飛びつき、こぞって投資用不動産を借入金で
購入していったのです。

ところがそんな状況に国税庁が3つの手を打ってきました。
それは・・・

人気blogランキングいつも応援ありがとうございます

 アライアンスLLPセミナー
       7/13(金)


マンダリンオリエンタル東京
     <満席御礼>

【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

登録免許税が

ヨシザワさん、こんにちは!
聞いた話では。
わたし会社でビルを購入した翌年、
評価額が激減して、
払った登録免許税はなんだったんだぁと、
国を訴えると、激怒していました。

2007-07-06 16:59 │ from ニタ@「教えて会計」URL Edit

コメントありがとうございます

>>ニタさん

税率が変更されたからですかね。

この同時は、税法も
時代の変化に追いつけず、
右往左往していた感じがします。

2007-07-07 10:56 │ from ヨシザワ@手ガネ経営URL

こんにちはv-22

いつもいつも、息子の新人v-354が大変お世話になっております。
また、『最良の師v-353』として対応するよう
温かいお言葉をおかけ下さり
ココロより感謝申し上げますv-421

本来なら、即 コメント返しをするべきところでございますが
土・日は、デートと試験勉強で忙しいらしく
代わりに、お礼のご挨拶に参りました。

これからも、本人とブログ共々 温かく見守って下さいますよう
よろしくお願い奉ります。

いつものごとく 記事の内容とまったく関係ないコメントで失礼致しましたv-356v-356

2007-07-08 14:27 │ from ≪緑の葉≫URL

コメントありがとうございます

>>《緑の葉》さん
いつもありがとうございます。

金曜日はお気をつけていらっしゃいませ。(・ω・)/

2007-07-09 17:10 │ from ヨシザワURL

あら、お母さまこんなところにコメントくれてたんですね(笑)

大先生、金曜日はお母さまを宜しく!!

で、動画アップもね・・・(笑)


あっ、日経BPのコラムでSmoothさん出てましたよ。
ビックリした。。。
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/topics/pblogger/070710_4th/
って、僕会ったことないから知り合いじゃないけどね・・・(汗)

2007-07-11 10:27 │ from 徳留新人URL

コメントありがとうございます

>>徳留さん

動画ね。

とりあえず、アップしてみる。

よくわからないけど。

2007-07-12 11:55 │ from ヨシザワ@手ガネ経営URL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/314-c96f291f

起業 税金

海外起業とは何でしょうか。 この文章を読んでいる人は日本人と想定すると、日本国外の会社オーナーになるということですね。 では、海外で起業すると、どんなメリットがあるのでしょうか。 お金は儲かるのでしょうか。言葉や滞在ビザの問題は? 実のところ、お金儲けが目的

2007-07-14 12:31 │ from 起業について

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。