コムスン、連結子会社に事業譲渡 - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » 単なる独り言 » コムスン、連結子会社に事業譲渡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コムスン、連結子会社に事業譲渡

久しぶりに予約投稿ではありません。

そのかわり単なる独り言です。

まずは、読売新聞の記事から

訪問介護最大手「コムスン」の親会社の
グッドウィル・グループ(東京都港区、GWG)は6日夜、
コムスンの全介護サービス事業を、
連結子会社の日本シルバーサービスに譲渡
するとの
基本方針を明らかにした。

「お客様へのサービス継続と従業員の雇用の
確保を最優先するため」としているが、
厚生労働省がこの日に出した新規指定・更新禁止
の通知を逃れる可能性もあり、同省で対応を検討している。

同省は、コムスンが運営する介護サービス
事業所の新規指定・更新禁止を都道府県などに通知し、
同社の役員が別会社で介護サービス事業を
行うこともできなくなった。

しかしコムスンとは役員が異なる
日本シルバーサービス社が運営する形で
事業を引き継げば、コムスンの事業継続は可能
となる。

日本シルバーサービス(東京都目黒区)は
1964年6月に設立。資本金は8000万円。

GWGの子会社が約93%の株式を取得している。

今月15日にコムスン、日本シルバーサービスの
株主総会での決議を経て、
7月31日に事業譲渡する予定だという。

厚生労働省の阿曽沼慎司老健局長は
「6日にコムスン社長に通知内容を伝えた時は、
別会社への譲渡の件は出なかった。
詳細は聞いてみないと分からない」と話している。【柴田朗】

◇解説 

全事業の更新と新規申請の禁止という厚労省の通知に、
コムスンは関連会社への営業譲渡という手段で対抗した。

同社側は「サービス継続が最優先」と主張するが、
不正行為についての説明もないままの一方的な宣言では、
制度の趣旨に反した脱法的な手法と非難されても仕方ない。


そもそもコムスンが、全事業の不許可という
事態に陥った原因は全国の事業所で不正請求などが
明らかになった際、処分を逃れるかのように
廃止届を次々と出したことにある。


そのまま取り消し処分を受けていれば、
有料老人ホームなど訪問介護以外の事業は
更新禁止を免れていた。

傷口を広げたのは、コムスンにほかならない。

関連会社への事業譲渡が、
利用者保護の観点からも果たして妥当なのか、
厚労省は慎重に見極める必要がある。

「法律で禁じられていない」といった拙速な判断では、
制度に対する国民の信頼も揺るがすことになる。【清水健二】

(太字は、私がつけました)


これって、ありなんですか?

最初は、事業所の新規開設・更新禁止というのは、
ものすごく厳しい措置だと思ってましたが。

なんでも、その理由は

1,勤務実体のない看護師について
虚偽申請をして不正に報酬を受託していた。

2,さらにその処分を受けるのを避けるために
自ら廃止届けを提出した。


というもの。

これは悪質だということで、いわば「死刑判決」ともいえるような、
最も重い更新禁止措置に踏み切ったのでしょう。

でも、営業譲渡でまたも処分を実質的に
避けられるのであれば、この規定はいったい何なんだと。

最も重い「死刑判決」すらまったく処分の意味がないと
いうことになれば、何でもOKということ。

税法でいえば、
「どんなに悪質な脱税をしても、
代表者が辞めればもう懲役は絶対にない」
というのと同じですからね。


介護サービスのお世話になっていないので
現場のことはわかりませんが、
いくらなんでも、これはないでしょう。

どうなんでしょうか、詳しい方教えてください。

まさか、「子会社の名前をコムスンに変える」
なんてことはないでしょうね。

あれだけ広告を打ったのだから、ありえるかも。

Livedoorの例もありますから。

人気blogランキングいつも応援ありがとうございます

 アライアンスLLPセミナー
       7/13(金)


マンダリンオリエンタル東京
     <満席御礼>

【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

コムスンが引っ掛かったけど…
○タ○の介護もいい噂を聞かないですね。
まあ、耐震偽装やジェットコースターと同じで次から次へと問題が出てくる予感v-12

2007-06-07 09:01 │ from 川越名物☆税務と会計のビックリURL

一方的な報道なんで

ちょっと、
不明な点もありますが、
全て事実なら、折口会長は引責辞任ですかね。
ほとんど、一人で引っ張り、財務的にもヤバイ橋を渡っている最中でしょうから・・・。
逆に、厚生省に裁判を起こすかも。

2007-06-07 10:02 │ from ニタ@「教えて会計」URL Edit

コメントありがとうございます

>>大林さん

不正請求は大手3社ともですものね。

でもコムスンに頼るしかない現状も
一方であるのが悩ましいところですね。

2007-06-07 12:58 │ from ヨシザワURL

コメントありがとうございます

>>ニタさん

これだけの不祥事だったら辞めるでしょう。

捏造やあり得ない取材をしても辞めない
T○Sの社長の例もありますが。ヾ( ´ー`)

2007-06-07 13:01 │ from ヨシザワURL

ヨシザワさんこんばんは。
こういったニュースは難しくてよくわかりません(汗)

簡単に言うと、コムスンは介護を受ける人達から多額の請求をしていたということでしょうか?

2007-06-08 00:31 │ from 週末起業サラリーマン・・・hikaruURL

コメントありがとうございます

>>hikaruさん

医療と一緒で
自己負担以外は、国が
コムスンに報酬を支払う。

実際には作業を
行っていないものを
あたかも仕事を行ったかのように
して国に不正請求をしたようです。

これって詐欺にならないんでしょうか。

詳しい人教えてください。

しかし、行政処分を免れるために
24時間以内に廃業届を出す。

それが逆鱗に触れて厚生省が
処分をしようとしたら、それを
察知したのか、自分の子会社だった
今回の事業譲渡先を
グッドウイルの孫会社に変更。

さらに、役員を全員退任させて、
同じ役員がいる会社ではダメという
規定をすり抜けるとは。

2007-06-08 08:28 │ from ヨシザワ@手ガネ経営URL

こんにちは。

コムスンは、きちんと社会的な懲罰を受けるべきでしょう。

一方で、介護保険をめぐる厳しさもまたきちんと議論がいりますね。

社会保険庁の役人をこっちの現場に回すか!

2007-06-10 18:00 │ from タツURL

コメントありがとうございます

>>タツさん

コムスンは弁解出来ないでしょうね。

ただ、全国展開してから、
採算が合わなくなるようにルール改正を
されたらさすがにキツいでしょうね。

自分だったらと思うとゾッとします。

2007-06-10 19:08 │ from ヨシザワURL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/309-327998e0

コムスンの不祥事は関連会社に事業譲渡で許せるのか!

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/blog-entry-309.html勤務実態のない職員を使って事業所の不正申請していたコムスンに対して、厚生労働省は同社の介護事業の新規開設や更新を認めないことを全国に通知した。事実上、介護事業が遂行できなくなった。コムスンの親会社であ

2007-06-07 09:29 │ from かきなぐりプレス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。