取り扱い注意!相続時精算課税その4 - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » 遺言・相続 » 取り扱い注意!相続時精算課税その4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取り扱い注意!相続時精算課税その4

前回はそんなに生前に
お金を上げても大丈夫?

という視点から相続時精算課税制度を
話してみました。

今回は、私ならこう使う!というはなしです。

前回までに

1,多額の相続税負担の予想される人は不向き
2,不動産の移転コストは相続時が最も安い
3,現金しかないのにそんなに生前に上げても大丈夫?

と言う話をしました。

ということで、今回は
相続税負担は小さいものの、会社を
経営していて早く事業承継をしたい
と言う人
を想定します。


もし本気で自社株を贈与したいというのであれば、
この相続時精算課税制度は有用
だと思います。
(早く事業承継したいと言う割にはやらない人が多いもので

暦年課税であれば、年間110万円以上の
贈与になると多額の贈与税が課されてしまいます。

それがこの制度を利用すると2,500万円、あるいは
一定の要件に該当すれば3,000万円まで
贈与税の負担を気にすることなく自社株の移転が
出来るのですから。

自社株の移転であれば不動産取得税や登録免許税の
負担は必要ありません。

コスト的にも問題ないでしょう。

ただ、これも自社株の評価額が額面金額と
同じだと言うのであれば自社株を譲渡する
と言う選択肢
もあります。

というか、それだったら普通は譲渡を
選択します。どうせ相続税もかからないし、
手続きも楽ですから。

要するに、

相続税はかからないが、自社株自体の評価額が
高く、事業承継を早期に行いたい方


であれば、私もこの制度を選択肢に加えます。


またこれを機に退職をし自社株評価額を引き下げるとともに、
退職金支給を会社から
受けることでオーナーは現金を手に入れ、
老後の資金を確保
するのも良いでしょう。

一方で事業承継者は安定的な経営に必要な株式を
早い時点で確保することが出来るのですから。

「株式だけ上げちゃったら言うこと聞かなくなった?」


いやいや、一々口出すなら事業承継にならないのでは。

それがどうしてもイヤなら、拒否権のある黄金株と
やらもあるようですが。

ただ、生前に事業承継を行っても
金融機関が根保証の差し替えをすぐに
行ってくれない場合があります。

その場合は、保証責任が残っている場合
があるので、「早めにはずすよう」
銀行にアピールできるような
強い会社にしてください。

★ポイント 多額の相続税負担は予想されないが、
自社株評価額が高く事業承継を早く行いたい人はどうぞ!
(結構狭いぞ

人気blogランキングいつも応援ありがとうございます

 アライアンスLLPセミナー
       7/13(金)


マンダリンオリエンタル東京
     <満席御礼>
【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

こんばんはv-280

なるほど!

相続時精算課税の扱いが心配な方は、

『吉澤税務会計事務所』または

『アライアンスLLP』のメンバーに相談なさればいいんですよねv-221

 http://alliancellp.net/v-354

コメントにあえて挑戦してみましたv-218(微笑)

2007-06-21 19:24 │ from ≪緑の葉≫URL

(^ω^#)

色付きの文字正体見せたね
やっぱり、超有能な税理士だったんだ(^ω^#)

普段、税金のことを書かないのは、まさに能ある鷹はつめを隠す作戦と見た。。

わたしは、普段、税金のことばかり書いているのは…まさに自分へムチ打って修行のためなんですよ~(;^_^A アセアセ・・・

ヨシザワさんのセミナーで修行しますm(__)m

アライアンスLLPセミナー
http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/blog-entry-219.html
     7/13(金)

マンダリンオリエンタル東京
     <満席御礼>

2007-06-21 20:28 │ from kimutax@税金まにあURL

コメントありがとうございます。

>><<緑の葉>>さん

え~、この規定が有用となる
場面は、結構少ないですね。

一般的には、もともと相続税の
負担のない人の住宅資金の
贈与くらいでしょうか。

2007-06-22 08:42 │ from ヨシザワ@手ガネ経営URL

コメントありがとうございました。

>>木村さん

税金ネタを書かないのは、
木村さんに勝てないからさ。e-263


強者と無理に戦わないのも
弱者の重要な戦略だからね。

ちなみに、セミナーでも
私は、ほとんど税金の話は
しませんので。v-290

2007-06-22 08:44 │ from ヨシザワ@手ガネ経営URL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/294-910fb41c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。