取り扱い注意!相続時精算課税 - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » 遺言・相続 » 取り扱い注意!相続時精算課税

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取り扱い注意!相続時精算課税

今回は、私が書くとなぜかアクセスが落ちる
税金関連記事です。

相続時精算課税制度ってご存じですか?

これは、一定の要件に該当する人が生前に
贈与をしても2,500万円、場合によっては
3,000万円、3,500万円まで贈与税を非課税に
してくれる制度
です。

もともとは、金融危機当時に、

「預金が高齢者に偏在している。
それは贈与税が高いからだ。」

それじゃ、「贈与税のハードルを下げれば
お金の必要な若年層に資金が移動し、
景気が回復する」と言う理論で導入された制度です。

結論は、この制度はうまくニーズに合えば
有用な制度
です。

ですが、はっきり言って非常に
副作用の大きい制度でもあるので、
本当にこの制度がベストなのかを慎重に
判断する必要がある
と私は考えます。



まずは、「相続対策」と「相続税対策」の違いを
はっきりさせることが必要です。

この制度は「相続対策」には有用ですが
「相続税対策」には全く効果がありません。

むしろこれから行う相続税対策の手を縛るものと
言っても良いでしょう。

誤解なさっている人もいるかも知れませんが、
この相続時精算課税制度は通常の年間110万円という
基礎控除枠が拡大されたものではありません。


「贈与税」について通常の「暦年課税制度」ではなく、
「相続時精算課税制度」という別の制度を
利用することを宣言する
制度なのです。

この相続時精算課税制度を利用すれば、確かに贈与税の
非課税枠は2,500万円と一気に大きくなります。

そしてその非課税枠を超えたものは一律20%で
贈与税が課されます。

一方、暦年課税の場合は基礎控除110万円が
差し引かれた残りについて累進税率による贈与税が
課されます。

じゃあ、この二つの贈与税の損益分岐点を
求めどちらか有利な方を利用すれば・・・

と言うものじゃないんです。

実は、言葉の通り「相続時精算」、つまり
この贈与はあくまでも仮のものであり
相続時にその贈与を全くなかったものとして
全部相続財産に合算し、相続税が課されるのです。


まあ、所得税の源泉徴収みたいなもので
「取りあえず、贈与税は安くしていてあげるから
相続の時にちゃんと精算してね」という制度なのです。

また、怖いのは一旦この相続時精算課税制度を
選択すると、それ以後は同じ人からの
贈与についてはもう二度と暦年課税を
選択することが出来ません。



相続税対策の効果を安定的に発揮させる
最大の武器は「時間」です。

つまり、暦年贈与課税に従い、
時間を掛けて少しずつ毎年贈与を繰り返す
ことが地味ながら安定的な相続税
軽減効果を発揮するのです。

しかし、この相続時精算課税制度を
選択したらもうこの手法を使うことは
出来ないのです。

つまり、この制度の利用に関して、

多額の相続税負担が予測される人は
相当慎重に利用しなくてはいけない


ということです。

この制度の本質は「自分の目の黒いうちに
誰にどの資産を相続して欲しいか」を明示する

ための制度と言うことなのです。

これが、「相続対策」には
なっても「相続税対策」にはならない
と言った意味です。

(贈与時点よりも相続時点でその財産の
価値が上がっていれば、相続税軽減効果も
あったことになります、

でも、それはあくまでも結果論。

贈与時点で相続時の財産価値を予測できるのは
神様のみです。)

そもそもよく考えてみましょう。

元々贈与税は「相続税の補完税。」

もっと言えば
生前贈与で相続税逃れをするのを防止するため
あえて相続税よりも不利にした税法です。

それを財務省がそんな簡単に
軽減なんてするはずないじゃないですか。

私など、資産家が相続税対策をさせないための
「国家の罠」じゃないかと思っているくらいで。


★ポイント:多額の相続税負担が予想される人は慎重に!

次回は、いつ財産を移転するのが
最もコストが安いのか?という視点で
この制度を見てみることにします。

人気blogランキングいつも応援ありがとうございます

 アライアンスLLPセミナー
       7/13(金)


マンダリンオリエンタル東京
     <満席御礼>
【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

さて、本日のエントリーを『なかのひと.jp』で解析すると財務省って出てきますかねぇ~(笑)

2007-05-30 14:29 │ from 徳留新人URL

こんばんはv-280

とても勉強になり、感謝申し上げます。

資産家では無いのでv-356
罠にはまらずに済みそうですが・・v-218

次回も、必見ですねv-426

それから、コメント書けない時もありますが
朝晩2回は必ず、応援クリックしてますv-433

2007-05-30 19:59 │ from ≪緑の葉≫URL

わたしも・・・

わたしも(^_^;)さいきん、びみょうに税金ネタから離れつつあるよ~

税金ネタ書かないのって
いちどなれちゃうと
なんかクセになりそうねwww

2007-05-30 21:34 │ from kimutax@税金まにあURL

ウチは税金ネタonlyです。
税理士ブログですものv-91
実務に直結しませんけど…
実務に関係ないネタ書かないのって
いちどなれちゃうと
なんかクセになりそうね(爆)

2007-05-30 22:10 │ from 川越名物☆税務と会計のビックリURL

実務に関係ないネタ書かないのって×
実務に関係あるネタ書かないのって○

2007-05-30 22:25 │ from 川越名物☆税務と会計のビックリURL

コメントありがとうございます

>>徳留さん

どうだろう~。

財務省の中にも、税金よりも
マーケティング好きの職員が
いればね。e-263

2007-05-31 08:42 │ from ヨシザワ@手ガネ経営URL

コメントありがとうございます

>><<緑の葉>>さん

いつも、応援ありがとうございます。(^^)

詳しいことはご子息にお聞き下さい。v-218

2007-05-31 08:43 │ from ヨシザワ@手ガネ経営URL

コメントありがとうございます

>>木村さん

木村さんの税金ネタを一般の人に
わかりやすく説明する
才能は大したものよ。

私は、フローチャートまで
作る根性ないですもの。e-263

2007-05-31 08:50 │ from ヨシザワ@手ガネ経営URL

コメントありがとうございます

>>大林広報部長

5月申告も今日で終わり。

そろそろ、本格的な広報活動ですか?v-425

2007-05-31 08:52 │ from ヨシザワ@手ガネ経営URL

んにちは、LAビジネスウォッチャーズのKOOと申します。

税に関する問題は複雑なイメージがありついつい敬遠しがちです。このようにブログで色々な話題について手軽に知れると役に立ちますね。またブログ拝見しますね!

2007-06-01 03:50 │ from LAビジネスウォッチャーズURL

コメントありがとうございます

>>LAビジネスウォッチャーズさん

役に立ちそうな情報ありがとうございます。

これからもよろしくお願いいたします。

2007-06-02 16:54 │ from ヨシザワURL

受贈者の性格?にも注意しろ!!
みたいな本を見たことがあります。

もし、受贈者が浪費家だったら、
連帯納付の関係もあるし・・・

と書いていた記憶が・・・(汗)

いずれ、ヨシザワ先生が、税の本を書いてくださるんでしょうけど・・・

2007-06-05 23:05 │ from DOOR5296URL

コメントありがとうございます

>>5296さん

ゲッ、

来週のネタを潰さないようにe-263

2007-06-06 20:51 │ from ヨシザワ@手ガネ経営URL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/291-9f721abb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。