カミさんの役員報酬はいくらまでとれるのか? - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » ほぼ月刊ワンポイントアドバイス » カミさんの役員報酬はいくらまでとれるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カミさんの役員報酬はいくらまでとれるのか?

夫婦が役員というような中小企業の場合、
オーナーがすべての給与を取るより
夫婦で所得分散をした方がトータルの税負担が
軽減される
のはご存知のことでしょう。

これは税率構造が累進課税なためと
概算経費とも言える給与所得控除が
給与額が増えるにつれて
その割合が小さくなるからです。

では一体オーナーの奥様が
どのように給与をとることで
一番夫婦合計の税負担が
軽減されるのでしょう。

当然夫婦同額の給与とすることが
理想
ということになります。




さらに今回の
「特殊支配同族会社の役員報酬
についての給与所得控除額の
損金不算入」規定の影響もあるため、
出来るだけ奥様の給与を
オーナーの給与に近づけたい
ところです。

ただ課税当局も合理的な理由のない
夫婦間の「給与の付け替え」は
「同族会社の行為計算否認規定」で
否認する
と警告を出しています。

まあ、この規定を持ち出した時点で、
「個別規定では否認できない」
ということを宣言したような
ものなので現実にどんな更正文を
書いてくるのか楽しみですけど。

ただ奥様の勤務実態を考慮せず、
無条件に夫婦同額の役員報酬とするのは
「過大役員報酬の損金不算入」規定という
個別規定で否認されるリスクはある
でしょう。

なんで、こんなことを書いたかというと、
この間読んだ、一般の方向けの「節税本」に
「夫婦同額の役員報酬とすべし」と
堂々と書いてあったから
なんです。

まあ、確かに理屈上は、そうなんだけど
そう言い切っちゃって良いのかと。

本で書くってものすごい大変なことですから。
疑問を感じた人から批判される場合もあるし、
結構ビビリながら書いているはずなんですが。

お客様から問い合わせられる場合もあるので、
ここで私の考えとスタンスを明らかにしてみます。











って長いので今日は、ここまで。

次回に続きます。

人気blogランキングいつも応援ありがとうございます

 アライアンスLLPセミナー
       7/13(金)


マンダリンオリエンタル東京
     <満席御礼>
【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

ウチは・・・

勤務の実体がないから、無理ですね。
そもそも、
下の子は9ヶ月だし。
会社の社風とか、経営者の考え方とか、
夫婦のポリシーだとか、イロイロありますよね。
まぁ、税金ばかり払ってちゃ、しょうがないのですけど。

2007-05-09 17:08 │ from ニタ@「教えて会計」URL Edit

こんばんはv-280

吉澤先生のところでは、どうなさっていらっしゃるのでしょう?

と、ビビリながらv-356コメントを書いてみましたv-12

2007-05-09 19:07 │ from ≪緑の葉≫URL

コメントありがとうございます

>>ニタさん

千差万別でなかなかこうあるべきとは
いえませんけどね。

ただ勤務実態がほとんどないのに、
給与支給をするのはやっぱり問題
ありますね。

2007-05-09 19:09 │ from ヨシザワ@手ガネ経営URL

コメントありがとうございます

>><<緑の葉>>さん

別に、ビビることはないですよ。e-263

ちなみに、うちは役員一人です。(^^)

2007-05-09 19:10 │ from ヨシザワ@手ガネ経営URL

吉澤先生
こんばんはv-82

私はまだ開業して10ヶ月ですが早く別会社を作れるくらいになりたいと思いつつ頑張っていますv-91
かみさんv-77が今、中小企業の経理部にいて、もうすぐ辞める予定なので何とかうまいことやろうと画策中ですv-61

県民共済+小規模事業共済の件、ありがとうございました。
またいろいろ教えてくださいv-222

2007-05-09 22:20 │ from 近藤正臣URL

吉澤さん、こんばんは。

例の件ではありがとうございました。
お互い忙しい時にお手数おかけしました(汗)。

今日の記事の件はタイヘン興味があるところ
なので、続きを楽しみにしています!

それと、例のヤマトの件は、箱詰め済んで後は
連絡するだけの状態で積んであります(汗)。

2007-05-09 22:32 │ from smooth@マインドマップ的読書感想文URL Edit

コメントありがとうございます

>>近藤さん

私は売上が全くないのに独立と
同時に法人を作りました。

理由はセカンドオピニオン契約のため。
顧問税理士に別の税理士の顧問料支払いは
見せられないという人が多いですから。
この間合同会社を新たに作ったのですが、
えらい簡単です安いですね。

消費税の免税期間が終わった時にでも
設立してはどうですか。(^O^)/

2007-05-09 22:33 │ from ヨシザワURL

コメントありがとうございます

>>smoothさん

なかなか難しい問題ですが、
うちのスタンスを次回は書いてみます。
その時はご意見を(^O^)/

あとおわかりだとは思いますが、
収益事業からの寄付金は、
ちゃんと現金動かさないと
税務署うるさいっすね。ヾ( ´ー`)

2007-05-09 22:40 │ from ヨシザワURL

ヨシザワさんこんにちは。
次回は専門家の見解ですね!
このシリーズは保存版ですね^^;

2007-05-09 23:53 │ from 週末起業サラリーマン・・・hikaruURL

ヨシザワさん、こんにちは。

ヨメにもすすんでできるような仕事を作れないか。と模索していました(^-^;

興味深い記事ありがとうございます。
次回も楽しみにしています。

2007-05-10 08:52 │ from たなかURL Edit

コメントありがとうございます

>>hikaruさん

条文を細かく読むと言うより、
「現実はこうなっている」という
視点で書いてみます。

そう言うデータって税務署は
持っているのに、こっちは
もってないんです。

エライ不利ですよね。

2007-05-10 11:52 │ from ヨシザワ@手ガネ経営URL

コメントありがとうございます

>>たなかさん

奥さんに所得分散した方がよいのは
間違いないです。

あとは、「どれだけ報酬を
高められるか」という視点で
業務の割当や、資料整備を
するかでしょうね。

2007-05-10 11:54 │ from ヨシザワ@手ガネ経営URL

独立と同時に会社設立

あと2ヶ月で私も開業です。

今のところ合同会社を設立する予定です。

税理士は綱紀があるので、今研究中です。

・・・皆さんにコメント返却するの、これだけあるとたいへんじゃないですかー?

2007-05-10 22:06 │ from 勝野弘志URL

コメントありがとうございます

>>勝野さん

いやいや私など全く大した数じゃないですよ。

あの姉さんなんて一体いくつ
コメント返しているんだか。ヾ( ´ー`)

2007-05-10 22:12 │ from ヨシザワURL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/269-6f23dff2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。