商業出版特集-その4:ストレスなく執筆するコツ - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » マーケティング » 商業出版特集-その4:ストレスなく執筆するコツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商業出版特集-その4:ストレスなく執筆するコツ

ほぼ月刊ワンポイントアドバイス<番外編>

「先生、是非当社で執筆を!」などという
オファーのかからない私のような凡人の場合、
当然のように企画書を送って、商業出版を
実現させる
わけです。

企画書の書き方はまた別の機会にするとして
今回は
吉澤式「ストレスなく執筆するコツ」
について説明致します。

ほとんどの場合、企画書を通して
商業出版をしてくれる先を見つけてから
原稿を書き始めることでしょう。

しかし、私の場合、全く違った手法を採ります。


つまり先に原稿を書き上げてから、
商業出版をしてくれる出版者を探す
のです。

「ハァ?何をバカなことを言っているんだ」

まあまあ落ち着いて最後まで聞いてください。

この手法のメリットはたくさんあります。

一つ目はスムーズに企画書が出来るという
ことです。

それはそうでしょうね。何度も練り直して
原稿を書き上げているのですから、
論理の一貫した企画書をスムーズに
書くことが出来るわけです。

二つ目のメリットは、マーケティングの
観点から説明出来ます。

マーケティングの基本は
「如何に相手にストレスなく選んでもらうか」を
考えるということ。


よく考えてください。

全く実績のない新人が、企画書一枚を見せたところで
「どの程度の文章力があるのか」
「ちゃんと納期を守ってくれるのか」
と言う不安を編集者は持つはずです。

それを、「既に原稿はできあがっています」と
言えば、その原稿を見た上で
「どの程度の文章力があるか」と
「これからどれくらいの時間で書き上がるか」を
予想することが出来るでしょう。

そのため編集者の
採用に関する心理的なハードルは相当下がる
はずです。

そして、最後のメリット。

これが一番大きいと私は思っています。

それは「自分の都合で書くことが出来る」
いうものです。

めでたく企画書が通ったとしても、
その時点で締め切りまでに1から書くとなると
相当悶絶することでしょう。

ましてや、それが本業の繁忙期などと
重なった
となると、相当「イライラの
オーラ」を周囲にまき散らすことに
なるかも知れません。

しかし、雑誌やブログを含め
時間のあるときに書いておいた
ものを自分のスケジュールで編集し原稿にする
のであれば、それ程時間的な
ストレスを感じることはないはずです。

ですから、万一私にオファーが殺到する
ようなことになっても、このスタイルを
代えるつもりは全くありません。

実は、PR活動もほとんどの場合発売前に
行わなくてはならないのです。

そのときに執筆や本業で一杯一杯では、
もうどうにも身動きも取れないと言う
リスクもあるでしょう。

ですから、自分の都合でコントロール出来る
ようにするためにも事前に原稿を書いておく
吉澤式「執筆術」をオススメしたい
ところです。


実際のところ出版社サイドから見れば、
私は「使いやすい著者である」
という自信はありますね。(キッパリ)

(出版社の皆さんよろしくお願いします

なにせ絶対に納期に遅れず、手間がホントに
かかりませんから。


そりゃそうですよね。原稿ほとんど
出来ちゃっているんですからね。

まあ本のクオリティは別ですけど。

「オイオイ、そうはいっても商業出版を
してくれる出版社がなかったらどうするのさ!」

ぶっちゃけ、商業出版に至る可能性は
現実にはものすごく低いです。

ですが商業出版に至るかどうかは
単なる結果
なのでは。
ダメならその時点で自費出版にするか
あるいは分解して小冊子にしても良い
でしょう。

あなたの持つ知識と情報を

「どうしたら人に伝わるか」と

必死に考えた努力は絶対に無駄になりません。


対面でのセールストークでも大いに役に立つばかりでなく、
一生ものの財産になるはずです。

ですから、安心してまずは原稿を
書いてみてください。


あれ?もっと詳しく知りたい?

それではこのレポートを読んでください。

(やっぱり宣伝で、すみません。

凡人の凡人による凡人のための商業出版

人気blogランキングいつも応援ありがとうございます

【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

パネラー

と言うことで、ブロガーサミットのパネルディスカッション、よろしくお願いしますv-425

2007-02-05 01:14 │ from 加藤 厚URL

おはようございますv-22

ということは、もう次に出版される原稿を
しっかり執筆完了されているんですね。v-218

素晴らしい(尊敬のまなざし)v-10

どんなタイトルになるのかしら?

2007-02-05 06:23 │ from ≪緑の葉≫URL

思わず商業出版特集-その3を探してしまった・・・(笑)
http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/blog-entry-217.html#more

これだけ投稿日の日にちが空いていてもこの特集は筆者の都合で一気に書いたものに間違いない!!
・・・(爆)

2007-02-05 09:58 │ from 徳留新人URL

これは、名古屋まで封印するんじゃなかったの???
でも、名古屋の講演は温泉v-48で遊んでいると思うので、事前に公開してくれるのはありがたいですね。

2007-02-05 16:40 │ from 小江戸の税理士URL

コメントありがとうございました。

>>加藤さん

思いっきり浅い知識なので
ブログに書いた以上のことは
話せませんよ。e-263

2007-02-05 19:59 │ from ヨシザワURL

コメントありがとうございました。

>>≪緑の葉≫

いやいや、何時出すかはわかりませんよ。
具体的な計画もありませんし。

私の場合、実際書き始めると10日もあれば
終わっちゃうので。e-263

2007-02-05 20:02 │ from ヨシザワURL

コメントありがとうございました。

>>徳留さん

ちなみに、12月以降に
書いた記事は、1本のみ。(^^)

2007-02-05 20:03 │ from ヨシザワURL

コメントありがとうございました。

>>大林さん

え?パネルディスカッションでないの?

まあ、温泉に勝てるような
ものではないかもしれませんけど。e-263

2007-02-05 20:04 │ from ヨシザワURL

吉澤さん、こんばんは。

おっしゃるとおり、先に書き上げる、というやり方は、
中山マコトさんも最初の出版の時になさってましたし、
有効な策だと思います。

それにしても。

>ちなみに、12月以降に
>書いた記事は、1本のみ。(^^)

ヨメやムスメに隠れて毎日記事書いてる私は・・・(涙)。

2007-02-05 23:41 │ from smooth@マインドマップ的読書感想文URL Edit

さすがです。

今月の神田さんのCDが、
きむらゆういち先生で同じようなことを言ってました。
目指せ、ミリオンセラー、ですね。

2007-02-06 11:59 │ from ニタ@教えて会計URL Edit

コメントありがとうございました。

>>smoothさん

>ヨメやムスメに隠れて毎日記事書いてる私は・・・(涙)。

この時期も毎日フレッシュなネタを
書き続けるなんて、本当にすごいです。

うちは、3月末まで取りあえず
ストックで乗り切ります。

まあ、書きたくなったら
少しは書くでしょうが。e-263

2007-02-06 21:22 │ from ヨシザワURL

コメントありがとうございました。

>>ニタさん

きむらゆういちさんもそうなんですか?

オファーが殺到してそうで、
とても先に書いておくなんて
出来なそうですけど。

「原稿を先に書く派」も
結構いるものなのですね。

2007-02-06 21:24 │ from ヨシザワURL

吉澤さん、こんばんは。

吉沢さんが「NG」作ってらっしゃったとは知りませんでした。

そういえば私も、登録後すぐ、夜遊び時代の
知り合いから自分のお店(飲み屋)見て欲しいと
言われたのですが、一足先に税理士になった
先輩に相談したところ、「荷が重過ぎるのでは」
と言われた記憶が(汗)。

結局その先輩に協力してもらったものの、
あまりにお店のやり方がずさんで、先輩と
知り合いが喧嘩になってしまったという(汗)。

2007-02-06 21:44 │ from smooth@マインドマップ的読書感想文URL Edit

コメントありがとうございます

>>smoothさん

飲食店の顧問をする友人は別に問題ない
と言うのですが、私はなんとなく
やりたくないので。ヾ( ´ー`)

2007-02-06 22:29 │ from ヨシザワURL

吉澤さん、こんばんは!
今回も勉強になりました。ありがとうございます。そもそ商業出版の進み方自体知らない、知識不足の私です。
> あなたの持つ知識と情報を
> 「どうしたら人に伝わるか」と
> 必死に考えた努力は絶対に無駄になりません。
考えることが大切なんですよね。

2007-02-12 00:14 │ from 手文庫URL

コメントありがとうございました。

>>手文庫さん

そうですね。私の考えでは、
商業出版という結果よりも、
むしろその過程そのものが
その人を成長させるはずと言うことで
オススメしたいわけです。

手文庫さんも如何でしょう!

2007-02-12 11:00 │ from ヨシザワURL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/255-406d2409

スゴイパネラーを集めました!

 3月17日に名古屋で開催される、第3回税務会計系ブロガーサミットの企画ですが、「誰でも出来る商業出版のウラオモテ(仮題)」というパネルディスカッションがあります。 そのパネラーをこの度、公式ブログで公開しました。そのメンバーが凄いんです。私が独断と偏..

2007-02-07 09:02 │ from 名古屋市緑区の加藤厚税理士事務所 鳴海駅徒歩8分 相続贈与対...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。