決算書特集-その15:見抜け!粉飾決算2-資金ベースを重視せよ! - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » 決算書・財務分析 » 決算書特集-その15:見抜け!粉飾決算2-資金ベースを重視せよ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決算書特集-その15:見抜け!粉飾決算2-資金ベースを重視せよ!

◆資金ベースを重視せよ!

ほとんどの財務分析のテキストは
損益をベースにその会社の収益性等を判断しています。

しかしそもそもその数値が作為的に
作られたのであれば全く意味がありません。


それに対して資金繰りは、
実際の預金残高に嘘がなければ、
そこから計算される資金繰りの状況は
比較的信頼度の高いものといえます。


銀行が融資の際に、いくらでも改ざんの出来る
試算表だけでなく、この資金繰り表も
同時に提出求めてくる
のは、このためです。

また、このことは、公共工事に入札をする際に
提出する経営事項審査の評価においても、
この粉飾しにくいキャッシュフローの概念
が多く取り入れられたことからも
明らかといえるでしょう。

そこから、決算書の信憑性が高くない場合でも、
会社の経営状態を比較的良く表している
指標を見つけ出すことが出来ます。

それは「経常収支比率」
というものです。



経常収支比率とは、
通常の営業活動からの経常収入と
それらを獲得するために支出した
経常支出との割合
で示されます。

この比率が100%を超えていれば
経常収入が経常支出を上回っているため
資金繰りは安定しており、
100%を切っていれば本業で
資金繰りが逼迫していることになります。

要するにキャッシュフロー計算書の
「営業キャッシュフロー」を見ればよいわけです。

もし取引先のこの比率が105%を超えれば優良企業、
95%を切ればかなり厳しい状況で、
それが3期続いた先との取引は
相当慎重に行わなければならないといえます。


なお、業績が急拡大しているときなど
一時的にこの経常収支比率が
悪化することもあるので、
できれば連続した分析をしたいところです。

本当は赤字なのに融資を引き出す
ために黒字にした場合、
売掛金や在庫を水増しする場合があります。

しかし実際の入金はありません。

このような状態だと
損益計算書から計算される経常利益率は黒字なのに、
キャッシュフロー計算書から計算される
経常収支比率が100%以下
ということになるのです。

このような状況であれば、
まず粉飾を疑ってみる必要があります。

もちろん、この算式にも限界はあります。

この指標1つで経営状態の
すべてがわかるわけではありません。

なお算式は
経常収支比率=経常収入/経常支出×100(%)です。

<まとめ>経常収支比率で「ホントの経営状況」をあぶり出せ!

えっ?もっと詳しく知りたいですって?

それでしたらこの本をお読み下さい。

はじめての「独立・起業」なるほど成功ガイド
はじめての「独立・起業」なるほど成功ガイド


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます

【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

危ない、危ない。。。

危うくもう一冊、買うところだった・・・(笑)

2007-03-07 09:57 │ from 徳留新人URL

恐ろしいですね

こんにちは!

稲盛さんの教えだと、1対1の対応ですとか、ダブルチェックの原則ですとか、
とにかく、粉飾ができない仕組みづくり、あるいは、哲学が徹底されています。
それだけ、逆に言うと、難しいということなんでしょうね。

2007-03-07 13:21 │ from ニタ@教えて会計URL Edit

コメントありがとうございます

>>ニタさん

こんばんは!

バブルの頃は、粉飾なんて
考えもしませんでしたね。

もちろん今も、
全く考えてませんよ。e-263

2007-03-07 19:05 │ from ヨシザワURL

コメントありがとうございます

>>徳留さん

>危うくもう一冊、買うところだった・・・(笑)

Youも買っちゃいなよ。v-421

2007-03-07 19:07 │ from ヨシザワURL

吉澤さん、こんばんは。

>Youも買っちゃいなよ。

激・受けました(笑)。

これも洗脳活動?

情報商材の件については、確かにアンチも
多く生み出されているでしょうね。
短期決戦でサクっと稼いで逃げちゃう人もいそうですし・・・。

2007-03-07 23:33 │ from smooth@マインドマップ的読書感想文URL Edit

コメントありがとうございます

>>smoothさん

>短期決戦でサクっと稼いで逃げちゃう人もいそうですし・・・。

それでも、同じ人が「次こそは」って
何度も似たような商材を購入するんです
よね。e-263

ほどんど、パワーストーンと
変わりませんね。

2007-03-08 17:03 │ from ヨシザワURL

吉澤さん、こんばんは。

>ほどんど、パワーストーンと
>変わりませんね。

だからこれだけ「情報商材」がブームになるんでしょうね。

ところで、コメント頂いたように、SEOとSEM(特にPPC)は
基本的には戦略が全然違います。
時間かかるSEOやるくらいなら、SEMで、
となるのもある意味アタリマエ。
特にSEOの場合、効果が保証できませんしね。

ただ、SEOで評価されるくらいの被リンクされるようなサイト
つまり「役に立つサイト」を作るのが、長い目で見た場合、
「資産」となるサイトなのではないでしょうね。

ちなみに私のブログは本業とは全く違う
資産価値を持たせつつありますが(爆)。

2007-03-08 22:02 │ from smooth@マインドマップ的読書感URL Edit

吉澤さん、スイマセン(汗)。

>「資産」となるサイトなのでしょうね。

ですた(汗)。

2007-03-08 22:04 │ from smooth@マインドマップ的読書感想文URL Edit

コメントありがとうございます

>>smoothさん

>なみに私のブログは本業とは全く違う
資産価値を持たせつつありますが(爆)。

読者にとっても貴重な財産です。

これからも、よろしくお願い致します。

2007-03-10 12:18 │ from ヨシザワURL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/244-c7dd2f8e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。