決算書特集-その10:損益と資金の違いを理解する - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » 決算書・財務分析 » 決算書特集-その10:損益と資金の違いを理解する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決算書特集-その10:損益と資金の違いを理解する

◆「損益」と「資金」の違いを理解する

ここで質問です。
決算書に100万円の利益と表示されている
会社の金庫には100万円の
現金預金があるでしょうか?

実は「利益は出ているものの金庫は空っぽで、
納税をするために借金をした」
という会社も多いはずです。

なぜそのようなことが起こるのでしょうか。

それは売上と入金、仕入と支払に
違いがあるからです。
売上は、商品を納入した時点で計上されます。

しかし、入金はその後にもらうため、
それまでの期間は、売上があるのに
入金はないことになります。


ましてや受取手形などをもらった場合には、
実際の現金化まではかなりの時間
を要することになります。

仕入についても同じことが言えます。

請求書に基づいて納品された時点で
仕入等は計上されますが、
実際の支払はそれよりも後です。


そのため、その間は、
仕入と支出にずれが生じます。

加えて在庫は、
会計上の利益計算ではプラスの財産と評価されますが、
資金繰り上は、すぐに換金できるわけもなく、
倉庫代まで必要な単なるお荷物になのです。


このような資金と損益のズレから、
「勘定あって銭足らず」という状態が起こるのです。

<まとめ>資金と損益はかならず一致
するとは限らない。
利益分だけそのままお金が
増えるとも限らない。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます


【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

こんばんはv-280

なるほど、だから「黒字倒産」もありうるんですよねv-12

v-322http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534039816/yoshizawaacc-22%20/ref=nosim/v-364

v-357資金繰りの管理は、生き残りの命綱v-426

p114よりv-354

2007-02-16 20:00 │ from ≪緑の葉≫。URL

吉澤さん、こんばんは。

サラリーマン時代、新入社員の研修会で「入金の重要性」
の講義をしたことがあるsmoothデス(笑)。

ただ、純粋に法人税のことだけ考えると、
「仕入」「売上」の時点で終わっちゃってるような(汗)。
納税資金は別として(笑)。

コメント頂いた件、洋書なんで原題を見てみたら、
いずれも違ってました(笑)。
ただ原書だと、少なくとも「母の教え」は入っているので、
文庫本はまるっきり別物みたいな印象がありますね(汗)。
ちなみに単行本のタイトルは、土井さん的には
ダメだとか。
どちらがどの位売れたのか聞いてませんけど。

2007-02-17 02:15 │ from smooth@マインドマップ的読書感想文URL Edit

吉澤さん、こんばんは。

昨夜は花粉症の薬のんで眠くてモウロウと
している中、コメントしておりました(汗)。

時間見たら、2時15分ってナンだよ(涙)。

今日はさすがに懲りて、職場で休出と偽って
コメントしております(汗)。

2007-02-17 18:13 │ from smooth@マインドマップ的読書感想文URL Edit

コメントありがとうございます

>>《緑の葉》。さん

実際には黒字ならなんとか
資金調達するはずなんですけど。ヾ( ´ー`)

黒字倒産する会社はそもそもビジネスモデル
がおかしい場合が粉飾でしょうね。

2007-02-17 18:20 │ from ヨシザワURL

コメントありがとうございます

>>smoothさん

確かにスゴイ時間ですね。

今度は携帯を使ってトイレから
コメントするとかo(^▽^)o

2007-02-17 18:22 │ from ヨシザワURL

コメントありがとうございます

>>smoothさん

だいたい翻訳本のタイトルは
原文と大きく違いますよね。

直訳じゃ売れないんでしょうかね。

2007-02-17 18:26 │ from ヨシザワURL

吉澤さん、こんばんは!
黒字倒産というのは知っていましたが、
> 納税をするために借金をした」
> という会社も多いはずです。
ということもあるのですね。
あまり気にしないでいたことでした。ありがとうございます。

2007-02-18 01:52 │ from 手文庫URL

コメントありがとうございます

>>手文庫さん

そうなんです。

ある程度の規模の会社になると大体、
賞与と納税はそのために借入をして行います。

そのため次の支払いまでの期間を返済期間とする
「賞与資金」「納税資金」という短期借入
が銀行には用意されているのです。

見た目は高給取りに見えても、
経営者って悲しいですね。ヾ( ´ー`)

2007-02-18 08:12 │ from ヨシザワURL

稲盛さんがよく話しています。

こんにちは!
稲盛さんが経営者になりたての頃、
何度も、経理部長を捕まえ、
利益がでているのに、納税のために、なぜ銀行借入をするのか?と尋ねた。
と言う話は、経営講話というCDシリーズを聞いていると、何度もでてきます。
それだけ、経営者にとって、大事な話ということなんでしょうね。

2007-02-20 11:40 │ from ニタ@教えて会計URL Edit

コメントありがとうございます

>>ニタさん

それで、「その税金を減らせ!」
と言われて「繰延型」の節税をすると
さらに資金が足りなくなると言うe-263

キャッシュフローベースで
課税所得を計算してくれればいいのに。

そしたら、期末に商品バンバン仕入れる
から・・・

2007-02-20 12:07 │ from ヨシザワURL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/241-1e62482c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。