決算書特集-その6:安全性を見る - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » 決算書・財務分析 » 決算書特集-その6:安全性を見る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決算書特集-その6:安全性を見る

<A社(金属製品製造業)の決算書>




◆「安全性」をみる

「安全性」とは要するに
お金が足りなくなって支払不能
になるリスクがどれだけあるか
ということです。

この安全性を知るための比率として
多くのものが掲げられますが、
今回は「短期的な安全性」
「長期的な安全性」について
それぞれ二つずつ紹介することにします。

◆短期的な安全性

すぐにその会社が資金繰りで
ショートを起こさないかという
支払能力を見る指標の代表例として
「流動比率」
というものが挙げられます。

これは、1年以内に支払わなければならない
買掛金や支払手形などの流動負債を、
おおむね1年以内で換金可能な
現預金や売掛金、在庫などで
支払うことができるのかを表わしています。

算式としては、

流動比率=流動資産÷流動負債(%)となります。

業種平均値を挙げると

製造業(金属製品製造業)160%

卸売業(電気器具卸売業)110%

小売業(婦人服小売業) 170%

サービス業(理容業)  200%となります。

なお、A社の流動比率は500÷300=167%となり、
やや業種平均値を上回っています。

理想的な数値としてはこの
「流動比率が200%」などと多くの
教科書には書かれていますが、
それは、在庫やその他の資産については、
流動資産といいながらも決して
そのまま簡単には換金などできない
ことから当然流動資産の方が
流動負債を大幅に上回る必要があるということです。


このほかに短期的な安全性を
見るための指標として
「当座比率」というものがあります。

これは、流動資産の中でも
特に換金性の高い現金預金と
受取手形・売掛金を「当座資産」いい、
その当座資産と流動負債を比較
することで安全性を判断します。

算式は

当座比率=当座資産÷流動負債(%)となります。
◆長期的な安全性

今度は短期的な支払能力ではなく、
構造的にこの会社は資金繰りに
困らないか
を知る必要があります。

そのための代表的な指標として
「固定長期適合率」というものが挙げられます。

土地や機械などの固定資産は、
投下した資金が回収されるには
非常に長い時間を必要とします。

ですから、この固定資産を
購入するための資金も返済の
必要のない自分のお金か、
あるいは長期間での返済でも
良い長期借入金でまかなう必要があるでしょう。

これが、短期借入金やましてや
支払手形などで土地や機械を購入したのであれば、
当然資金ショートの可能性が高くなります。

このようなことがおきていないかを
知るための指標が固定長期適合率です。

算式は
固定長期適合率=固定資産÷(固定負債+純資産)(%)

業種平均値は

製造業(金属製品製造業)80%

卸売業(電気器具卸売業)95%

小売業(婦人服小売業) 60%

サービス業(理容業)    70%となります。

なお、A社のこの比率は500÷700=72%となり
業種平均値よりはやや良いといえます。

この固定長期適合率は絶対に100%以下でなければなりません。

もし100%を超えているのであれば、
資金回収に極めて時間のかかる
固定資産をすぐに返済の必要なお金で
無理矢理なんとかしながら必死に
返済していることになるからです。

このほかに長期的な安全性を見る指標に
「自己資本比率」というものがあります。

これは総資産に占める自己資本(純資産)
の割合を見るもので、
この比率が高いほど、必要なお金を
自分の資金でまかなっていることに
なるので健全といわれます。

なお、算式は
自己資本比率=自己資本÷総資本(%)
です。

<まとめ>安全性は短期的・長期的に見る。
まずは短期は「流動比率」、長期は「自己資本比率」を!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます



【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

こんばんはv-280 お疲れ様です。

v-363勉強になって、感謝ですv-433
と、書いただけでは物足りないでしょうネe-263

埼玉のプリンスさまv-353のブログは真面目にコメントしなければ・・
とプレッシャーになって

『行くしかないだろう』v-39ブログよりコメントしずらい。
なんて口が裂けても言えやしない。v-12

2007-02-02 18:40 │ from ≪緑の葉≫URL

コメントありがとうございました。

>>≪緑の葉≫さん

まあ、過去の雑誌原稿ですからね。

突っ込みどころも何もなく、すみません。e-263

2007-02-02 19:42 │ from ヨシザワURL

吉澤さん、こんばんは。

空気読まずに(笑)、こちらに頂いたコメントの件について。
例の本の前作は、丁度「ウェブ進化論」の直後だったので、その流れで(?)結構売れたようです。

前作はバックエンドはほとんど無いに等しかった(商品が高額なので)のですが、本作では、最近独立されたあの方の「研究会」がバックエンドですね。

コースによって、年12万と24万くらいですから、法人(もしくは個人事業者)として契約するのならお手軽かと。

2007-02-02 21:26 │ from smooth@マインドマップ的読書感想文URL Edit

吉澤先生

謝らないで下さいネ。
頭の回転が激しく鈍いワタクシが悪いんですから・・(反省)

2007-02-03 06:32 │ from ≪緑の葉≫URL

コメントありがとうございます

>>smoothさん

今日書店で見ました。

独立なさったんですね。

バックエンドにうまく導けるとよいですね。

2007-02-04 00:54 │ from ヨシザワURL

コメントありがとうございます

>>《緑の葉》さん
いやいや、もう書いちゃったので
代えませんから。(^O^)/

2007-02-04 00:56 │ from ヨシザワURL

吉澤さん、こんばんは。

>独立なさったんですね。

そうなんですよ。
私も最近まで知りませんでした。
セミナー講師として大変面白い方なので、
一度無料セミナーの時にでも、乗り込んでみられては?
ただ、その時は、バックエンドにひっぱられないよう
お気をつけて(笑)。

ところで、コメント頂いた件。

安河内先生は、マジで存じ上げませんでした(汗)。
そこまで有名だったとは。
確かにアノ本も、ある程度英語学習を意識してますが、
かなり応用範囲は広いです。

2007-02-04 23:55 │ from smooth@マインドマップ的読書感想文URL Edit

コメントありがとうございました。

>>smoothさん

確か、私が以前に勤務していた
事務所にもセミナーで行かれた
んでしたよね。

どんな会計事務所なんだよ。e-263

私も一度行ってみることにします。

安河内さんは、野球選手並みの
年俸を稼ぐ予備校講師で、
その稼ぎをドンドン自己投資に
充てる、ものすごい人です。


2007-02-05 19:58 │ from ヨシザワURL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/238-6d544af7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。