税金対策特集-その4:最適な役員報酬額の設定 - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » 税金対策・節税 » 税金対策特集-その4:最適な役員報酬額の設定

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税金対策特集-その4:最適な役員報酬額の設定

◆最適な役員報酬で合法的な内部留保を


中小企業オーナーは良くおわかりのことと思いますが、
「役員報酬をもらった」などと言っても現実には、
ほんの少し会社の資金が足りないと言うだけで、
泣く泣く一旦もらった役員報酬も
すぐに会社に貸し付けることで資金ショートを乗り切っています。

要するに、感覚的には役員報酬なんて
「仮払金」としてもらったようなものですよね。


別の言い方をすれば、
いくら法律上あるいは会計学上
「法人と個人は別」などと言っても
実態は完全に「法人と個人は一体」なのです。

融資についても、無担保無保証人と言いながら、
現実的にはほとんどの場合オーナーについては
連帯保証を要求されることからも、
法人と個人が別などとは誰も思っていないですよね。



◆課税方法は法人と個人では大きく違う


一方法人の利益に対する課税と
個人の所得税に対する課税方式には大きな違いがあります。


役員報酬として支給した方が、
そこから給与所得控除を利用できる上に、
所得税と法人税の税率構造の違いがあるため、
法人に利益を残して課税されるより
トータルの税負担が小さい場合があるのです。

その役員報酬額が「適正な委任業務の対価」
として妥当であれば、役員報酬額として
一旦支出された金額の一部が、
「良い意味での裏ガネ」として個人口座にプールされ、
法人で必要なときに資金を還流させたとしても
問題は全くないでしょう。


では、「法人・個人を合計して税額が
最小となる役員報酬額はいくらなのでしょうか。」

詳しくは下記のコラムをご覧下さい。

最適役員報酬額

最適役員報酬額はこう変わる


ただ、役員報酬は期中に増額すると
その増額分を役員賞与と見なされ
原則として損金不算入となります。

つまりあくまでも下記の利益は事前に
予想しておかなくてはならないという
ことだけはご注意下さい。

えっ、もっと詳しく知りたい?

それでしたら、是非こちらをお読み下さい。

起業家のための「手ガネ経営」で勝ち残る法
起業家のための「手ガネ経営」で勝ち残る法


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます

【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

役員報酬ってただの数値でしかないですよ。全く同感です。
ところで、やっと「凡人出版」(略するとなんかまずそうv-11)ダウンロードできました。
めちゃくちゃ良すぎる内容ですよね。
ダウンロードできないようにして欲しいな(笑)

2007-04-04 21:54 │ from 中川URL

コメントありがとうございます

>>中川さん

お誉めいただきありがとうございます。
本を出したい人には役立つはずなんですけどね。

特殊技能のない凡人の体験を
バイアスをかけずに書いてますから。

しかし、ただであそこまで教えることなかったかも。(^_^;)
そろそろダウンロード中止にしようかな。

2007-04-04 22:22 │ from ヨシザワURL

吉澤さん、こんばんは。

いよいよアノ規定も本番といったところでしょうか。
まぁ、この話は本業絡みなんで置いといて(笑)。

出版社の乗り換えについては、企画的に
元の出版社で出しようが無いジャンルなら
必然的に変わらざるを得ないでしょうね。

まぁ土井さんの「竹やぶ理論」から言ったら
どうなのかと思いますが。

それと土井さんの本の件については、
ご本人からのメールお読みならわかるかも
しれませんが、個人的にはミニマムの10は
私には難しいかと思っております。

特に本人が最初にメール打ってるし(爆)。

焼き畑農業が終わった後で刈り取れって
言うんですから、あの人も鬼です(笑)。

2007-04-04 22:31 │ from smooth@マインドマップ的読書感想文URL Edit

コメントありがとうございます

>>smoothさん

確かに竹やぶ理論が頭にこびりついてます。

ただ同じ出版社だと結構コンテンツのかぶり
に厳しいんですよ。
じゃあ、違うテーマにしようとしたら、
税務と相続もNGだそうで。(`へ´)

「悩んだらやる」タイプなので
今年中にはなんとかしますが。

その時はプロット読んで下さいね。

あと私もミニマム10は意識してないです。

確かに一番影響力のある人にまかれた
あとじゃキツいですね。ヾ( ´ー`)

2007-04-04 22:43 │ from ヨシザワURL

こんばんはv-280

『手ガネ経営v-354』の御著書も拝読して

吉澤先生の頭脳は、コンピューターv-353v-353

できているんじゃないかしらと感心してしまいますv-433


2007-04-04 23:01 │ from ≪緑の葉≫URL

個人口座は流出しやすい・・・

役員報酬でトータルの税額を抑え、個人口座にプールする。

それをいざとなったら会社へ還元する。

問題なのは、個人口座にいったん流れるとなかなか「プール」できないことなんでしょうね。

会社(特に中小企業)が繁栄するかどうかは、そこで分かれるように思いますね。

2007-04-05 09:36 │ from 勝野 弘志URL

コメントありがとうございます

>><<緑の葉>>さん

おっ、
知らない間に、
メールが送られるようになったのね。v-219

2007-04-05 12:02 │ from ヨシザワ@手ガネ経営URL

コメントありがとうございます

>>勝野さん

確かに、ちゃんとその口座から
納税をして残りをプールしている人と、
単なる計算値として役員報酬を
出している人がいますからね。

「キャッシュバランスを上げるために
預金と借入を一定額両建てにして」
と言っても、うまく活用する人と
「それじゃ、何を買おうかな~」
っていう人もいますから。e-263

2007-04-05 12:05 │ from ヨシザワ@手ガネ経営URL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/228-4117f46c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。