税金対策特集-その5:役員退職金は一発勝負の大節税 - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » 税金対策・節税 » 税金対策特集-その5:役員退職金は一発勝負の大節税

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税金対策特集-その5:役員退職金は一発勝負の大節税

◆役員退職金の課税のされ方

前回の最適役員報酬額の設定以外にもう一つ、
「税率構造の違い」を活用した「永久型節税」に
ついて説明致します。

会社が役員退職金を支給した場合、原則として
法人では支給した役員退職金が損金に算入されます。

つまり当然その金額だけ利益が圧縮されるため、
その支給額の約40%(中小企業で課税所得800万円以下の部分は約30%)
もの法人税負担が圧縮されることになるわけです。


もちろん、
退職金を受け取った役員には、
所得税の課税がされます。


それでは何の節税にもならないような気がしますが、
ここに「税率構造の違い」があるのです。

つまり、この退職金は、他の給与と異なり


(1)勤続年数に応じた控除が受けられた上に、

(2)課税標準が1/2にされ、

(3)他の所得と分離して税金が計算される


というとんでもなく有利な計算方法で
税額が計算されるのです。

ですから、個人所得税は課税されるものの
その負担はきわめて小さく、
全体の税負担を小さくした上で、
合法的に内部留保を作り出すことも
出来ることになるのです。


なお、これは、「税率構造の違い」と
言うことで紹介しましたが、
その違いを認めているのは「政策的な配慮」
ということもできるでしょうね。

特に手許資金もないのに、
1期だけ予想外の利益が計上
されて
しまった企業では、
高齢の創業者やその夫人が役員に就任している場合、
これを機に役員を退職してもらうことによって
一気に納税問題が解決し内部留保を
確保できる
というきわめて
有利な方法といえるでしょう。

5回に渡って「繰延型節税」と
「永久型節税」について
説明してきました。

次回は、最終回として「節税の本質」
ズバリまとめてみたいと思います。

えっ、続きを早く知りたい?

それでしたら、是非こちらをお読み下さい。

起業家のための「手ガネ経営」で勝ち残る法
起業家のための「手ガネ経営」で勝ち残る法


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます


【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

う~、微妙にタイムリー

こんにちは!
以前は、消費税改正とか、2000年問題とか、大きな声ではいえませんが、「1期だけ予想外の利益」ありましたね。
そのうち、何か、ふって湧いてくるのでしょうか(笑)。

ビジュアル会計ソフトではありませんが、今度、見てください。

2007-04-06 12:32 │ from ニタ@教えて会計URL Edit

コメントありがとうございます

>>ニタさん

一期といわず毎期ガンガン儲けてください。(^O^)/

そうしたら毎年一人ずつ親族に退職金を!(^_^;)

2007-04-06 17:48 │ from ヨシザワURL

退職金のメリットって…
実は天下りの役人がいちばん美味しい思いをしてるんだよね。
くやしいけどv-12

2007-04-06 18:07 │ from 川越名物☆税務と会計のビックリURL

コメントありがとうございます

>>大林さん

天下り組の退職金はどう計算しても
過大退職金になるはず。

調査で過大退職金の指摘を受けた時に
「あんたたちの先輩は過大退職金の
認定を受けてないだろ!」といったら
それ以上追求してきませんでしたね。(^O^)/

2007-04-06 18:16 │ from ヨシザワURL

ヨシザワ語録

b>]「あんたたちの先輩は過大退職金の
認定を受けてないだろ!」

メモメモ…〆(・∀・)

こんど、ぜひ「ヨシザワ語録-調査を乗り切るキメ文句集」で出版お願いします。

2007-04-07 09:35 │ from kimutax@税金まにあURL

コメントありがとうございます

>>木村さん

4月から5月はチョイチョイ
税務調査がありますね。

「異動までに修正して欲しかったら
この辺で・・・」っていうのはダメ?e-263

2007-04-07 13:49 │ from ヨシザワ@手ガネ経営URL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/227-09dd28b0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。