税金対策特集-その2:「繰延型節税」の本当の意味 - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » 税金対策・節税 » 税金対策特集-その2:「繰延型節税」の本当の意味

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税金対策特集-その2:「繰延型節税」の本当の意味

◆生命保険を活用した役員退職金の事前準備

「繰延型節税」の代表格に
「全額損金型役員保険」の活用があります。

具体的に説明すると、将来の退職金支払いに備えて
利益の上がっているうちに支払額の全額が損金
となるような生命保険に加入します。

その後でその保険を解約し、その保険解約返戻金で
役員退職金を支払うというものです。

よく「帳簿外に保険解約返戻金という
もうひとつの財布を作ることが出来るので
内部留保を作る仕組み」と説明がされます。


しかし本当にそうでしょうか?




◆生命保険でしか役員退職金は準備できないのか?


確かに、役員の退職など多額の費用発生が
将来見込まれる場合、
事前にその準備をするという意味では
非常に有効な方策です。

しかし、それは定期積金で準備することも
十分出来ますよね。


「定期積金をしても節税にはならないだろう!」

確かにそのとおりです。

しかし、役員退職金を支給したときに
支給額全額が損金となるため
その時点での法人税の負担は大幅に引き下がります。

要するに節税効果を「役員退職金支給時」に
ちゃんと受けることが出来るのです。

つまりこの仕組みは、よく考えると
生命保険に加入するから節税になるのではなく、
役員退職金が支給されることで節税になるのです。



◆手取額で考えましょう!本当に保険が得ですか?


それに、生命保険の解約返戻金は最も返戻率の
良いときでも掛金総額の70%から90%程度です。

それに比べて定期積金であれば、
いくら低金利であっても100%を下回る
ことは絶対にありえませんよね。

つまり掛け金の10%~30%を捨てることで、
純粋な意味での役員の死亡に備える保険
としての意義と、
もうひとつは一気に退職金を計上すると
大赤字になってしまうものを数期にわたって
分割計上することが出来る
という
メリットを追求することがこの対策の本質なのです。

別に内部留保の創造とは全く関係がないのです。

むしろ、繰り延べることが出来る税額も、
支払保険料の最大で40%程度であることを考えると、

保険料の支払いによって、

確実に資金繰りは悪化します。


税金の節約額よりも保険会社への支払金額の
方が大きいので当然でしょう。

万一内部留保をしようと思って支払った保険料
の支払いで資金ショートなどしたら本末転倒も
はなはだしいことになりますよね。



◆今期の税金を翌期に繰り延べる対策はもっと短命


そう考えると、もっと先送りできる期間の短い
「短期前払費用の特例」のように
「来期の費用を何とかして今期の費用で落とす」
というような節税策は、
どうせ来年その分の税金を支払うことになるので
決して内部留保(自由に使えるお金)の創造などにはなりません。


もちろん、経済環境自体どう変わるかわかりません。

ですから今期いくら儲かっても来期儲かる保証は
全くないわけです。

その点から、合法的に繰延型の節税をすることは
推奨されるべきことでしょう。

ただ、やっていることは「税金」という支払手形を
ジャンプ(支払日の変更)
しているのと同じなのです。

それが「自由に使えるお金が増えることには
つながらない」
と言うことがご理解頂けることでしょう。

(生命保険活用も事業承継コストを小さくするため、
自社株評価額を一時的に引き下げるためなど副次的な
メリットを追求するのであれば、有効な対策です。)

また、やみくもに節税ばかりに頭とお金を使う前に、
税金対策の効果がどれだけのものになるのかを
冷静に分析する必要がある
と言うことでしょう。




では、次回はもう一つの「永久型節税」について、
説明することにしましょう。

えっ、続きを早く知りたい?

それでしたら、是非こちらをお読み下さい。

起業家のための「手ガネ経営」で勝ち残る法
起業家のための「手ガネ経営」で勝ち残る法


PS なんだか逓増定期保険が売り止めになるとか。

元々あった「長期平準定期保険の通達」
をかいくぐりながら、
如何に前払保険料を多くするかという
視点で普及させたような商品ですからね。
(一応大義名分はインフレ対応ですけど)

度重なる規制をかいくぐりながら「進化」
しているというか何というか。

おそらくまた規制をかいくぐり抜けるような
ことを考える人が出てくるかもしれません。

なんか、ウイルスとワクチンの
攻防みたいですね。

って、バブル時代に散々勧めたオマエが言うなと。
いやいや自社株引き下げ対策には役立ってたんですよ~



人気blogランキングいつも応援ありがとうございます
【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

吉澤さん、おはようございます。

以前サンプルをご紹介した「手書きの達人」氏は生保の方
なので、コメントは差し控えさせていただきます(笑)。

そっち方面に焦点当てて出版するのもおもしろいかも
しれませんね~。
「節税するな」的なタイトルつけて(笑)。

あと、アドバイス頂いた件、ありがとうございました。
後ほど報告させていただきます。

2007-03-28 07:35 │ from smooth@マインドマップ的読書感想文URL Edit

コメントありがとうございます

>>smoothさん

保険活用のメリットがないと言っている
訳ではありませんよ。

内部留保創造にはならない。

ただ「合法的に損益計算を
歪めることが出来る」ということでしょうね。

それによって、法人税以外の
メリットを享受出来る場合が
ありますから。

「節税するな」的なものは、
書籍ではなく無料レポートにする
予定です。

なにせ、最近「節税の裏技教えます」
的なDMがウイルスのように
蔓延しているので、こっちも
ワクチンをお客様に
摂取しておかないとe-263

2007-03-28 09:17 │ from ヨシザワURL

保険で節税、よく聞く話ですね

ヨシザワさん、こんにちは!

なるほど、そんな小冊子ができるんですか、楽しみです。

ウチは、節税保険に入るほどの、余裕は今のとこないんで大丈夫ですが。

2007-03-28 11:40 │ from ニタ@教えて会計URL Edit

コメントありがとうございます

>>ニタさん

まずは、節税の本質と
真っ当な節税の仕組みについて
整理したいと思っています。

LLPのメンバー3人が書いて、
私が編集することになる予定です。(^^)

2007-03-28 18:40 │ from ヨシザワURL

PSに苦心の跡がv-10
これがなければ、完璧なシングルソースマルチユースだったのにね(爆)

2007-03-28 18:47 │ from 川越名物☆税務と会計のビックリURL

コメントありがとうございます

>>広報部長

チョット時事ネタを入れて、
「最近書きました」的なにおいを
させようと思ってたのに。e-263

しかし、私の本を
良く読んで頂いているようで。(^^)

2007-03-28 18:53 │ from ヨシザワURL

こんばんはv-280

流石!優秀な税理士v-354←三田のv-344マドンナ先生のお墨付き

v-322「繰延型節税」が非常食をつくるというのは、間違いv-364でしたネ。

2007-03-28 20:49 │ from ≪緑の葉≫URL

コメントありがとうございます

>>《緑の葉》さん
繰延でも良いんですけど、
それに多額のコストかけては
意味がないですからね。(^O^)/


2007-03-28 22:17 │ from ヨシザワURL

吉澤さん、こんばんは!
> また、やみくもに節税ばかりに頭とお金を使う前に、
> 税金対策の効果がどれだけのものになるのかを
> 冷静に分析する必要があると言うことでしょう。
これは税金以外にも言えますね。
受けた指示をこなすことだけに気が向いて、それがどれだけ意味があるのか考えない。効果がどれだけあるのかは考えないといけませんよね。

2007-03-29 00:51 │ from 手文庫@ビジネス書で問題解決URL

吉澤さん、おはようございます。

>「節税するな」的なものは、
>書籍ではなく無料レポートにする
>予定です。

楽しみにしております。

これもいつか本のネタになったら、
やはりマルチユースですね。

あと、バックアップの件はまたメールします。
ただ、今日は午前中から打ち合わせがあるので、
若干遅くなるかも(汗)。

2007-03-29 07:53 │ from smooth@マインドマップ的読書感想文URL Edit

コメントありがとうございます

>>手文庫さん

そうなんですよね。

感情的になったり、効果の大小を
考えずにやってしまうのは
どの業務においても避けないと
いけないですね。

2007-03-29 11:52 │ from ヨシザワURL

コメントありがとうございます

>>smoothさん

もう何回も遣い回してますから。e-263

私は、結構本を書くときにはそのテーマの
ことは、絞り出して全部書いちゃうので。

それで今度はテーマを変えようと、
「相続・遺言」でどう?

と言ったら、出版社はNGでした。e-281

あとは、近いテーマで表現の
仕方を変えるかですね。

2007-03-29 11:55 │ from ヨシザワURL

吉澤さん、こんばんは。

結局昨夜は土井さんのセミナーに強行出席してきました(笑)。

>あとは、近いテーマで表現の
>仕方を変えるかですね。

その辺のお話も色々あったんですが、
おそらく著作権の絡みで、ほとんど
何もかけないヨカン(汗)。

2007-03-29 18:37 │ from smooth@マインドマップ的読書感想文URL Edit

コメントありがとうございます

>>smoothさん

詳しいことはプライベートレッスン
をお願いします。(^O^)/

2007-03-29 20:53 │ from ヨシザワURL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/225-4dc6ae85

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。