商業出版特集-その3:商業出版のジレンマ - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » マーケティング » 商業出版特集-その3:商業出版のジレンマ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商業出版特集-その3:商業出版のジレンマ

ほぼ月刊ワンポイントアドバイス<番外編>

ほとんどの市場にいえることですが、
初心者>>中級者>上級者と言った
ピラミッド状に市場規模は形成されていることでしょう。

税理士よりも税理士志願者、現実の会社経営者よりも
起業志望者の方が遙かに人数は多いですよね。

ですから初心者を相手にした方が
単純にボリュームは取れる
ことになるわけです。

当然のことながら需要の多い本の方が、
企画は通りやすいことになるでしょう。


(類書が多くて販売は大変だと思うのですが、
それでも結構後から後から似たような本が出るんですよね。
まあ、その方が出版社はリスクが小さいですから

一方で、ブックマーケティングの視点から考えると
初心者そのものが自分の顧客ターゲットと
なっているとは限りません。

我々で言えば、いくら人数が多くても
「これから起業を考えてみよう」と言う人は
すぐに顧客ターゲットにはならないわけです。

ですから、これから起業を考える人向けの
本が売れても、実は自身の売上増には
あまりつながりません。


でも、我々が直接ターゲットとしたい
「現実に企業経営をしながら解決策を探している層」は
起業希望者よりは圧倒的に数は少ないことになります。

だからその層向けに本を出そうとしても今度は
出版社が躊躇して企画自体が通らない・・・


(もちろん内容が良ければ通るでしょうが、
ハードル自体は高くなるでしょうね)

「企画を通すことを優先すると自身の
売上増加につながらない。

でも、自身の売上増加を狙うと
今度は企画自体が通らない」
という
「商業出版のジレンマ」に陥ることになります。

では、このジレンマを解消するには
どうしたらよいのでしょうか。

答えは、・・・

CMのあとで

起業家のための「手ガネ経営」で勝ち残る法
起業家のための「手ガネ経営」で勝ち残る法


<ツアイガルニック効果




では答えを。

それは2冊出す!と言うことです。

いやいや、まじめに言っているんですから。


現実に、私も最初はまずは企画を通すことを
優先して「独立・起業者向けの本」を書き、
3刷重版というある程度の実績が出たので
今度は、本気で顧客ターゲットである
企業経営者向けの本」を出したわけですから。

もちろん「読者に料金以上の情報とメッセージを届けたい」
と言う考えは言うまでもないことですよ。

それがないと、いくら広告活動とはいえ
あんな面倒なことは出来ません。(キッパリ)


出版社に見られたら怒られそうですが、

正直に言って

部数的には

「はじめての~」>>「手ガネ経営」


って感じでしょうね。

マーケットの大きさが違いすぎますから。

ただ、

顧客誘因効果は

「はじめての~」<<<<<「手ガネ経営」


位の違いがありましたよ。

まあ、このあたりは別にブックマーケティングだけでなく
多くの事業でも同じでしょうね。

とりあえず最初は実績狙いで。二度目以降で
直接収益を狙い
に行くという。

そんな目でもう一度
2冊を読み返して見てください。

結構テキトーに見えて、
いろいろ考えながら書いているんですから。

起業家のための「手ガネ経営」で勝ち残る法
起業家のための「手ガネ経営」で勝ち残る法


はじめての「独立・起業」なるほど成功ガイド
はじめての「独立・起業」なるほど成功ガイド


ちなみに、このレポートもゲットできますし。

(やっぱり宣伝で、すみません。

凡人の凡人による凡人のための商業出版

さあ、3作目は何をしようかな。

今度はやっぱり、
マーケットの大きな所を取りに行くでしょうね。

って、こんなことばかり言っていて、
企画通してくれるところあるんだろうか

出版社の皆様、一生懸命売れそうな本を書きますので
何卒よろしくお願い申し上げます。

人気blogランキングいつも応援ありがとうございます

【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

吉澤さん、こんばんは!
二冊出す!これはなるほどと思いました。何の制限もないのにひとつに絞ろうとすることってあるなぁと反省です。

2006-12-12 00:42 │ from 手文庫URL

ヨシザワさん、こんばんわ!

なるほど~って思いました。
どちらも購入しましたが、手がねー>はじめての・・順でした。
どちらも分かりやすくて手がねは将来のバイブルだと感じています。

次も楽しみにしています(^-^)

2006-12-12 01:54 │ from たなかURL Edit

 私は何の戦略もなく3冊の出版に携わっていますe-330

 さすが奧が深いですねv-364

 さて、私もそろそろ戦略的に、能動的に仕掛けるとしますかe-414

 って、そんな能力もありませんがv-12 

2006-12-12 02:25 │ from 加藤 厚URL

いや~、最近は便利ですよね。
見たくないCMは飛ばせますから。。
(^_^;)

流行語大賞は残念な結果となりましたが、
個人的には『手ガネ』の方が好きです。

出版社の皆様、吉澤先生はいい気づきを感じさせるご本を書かれますので、私からもよろしくお願いいたします。
m(__)m

2006-12-12 09:06 │ from DOOR5296URL

コメントありがとうございます

>>手文庫さん

あれれ、なんでこの記事が(T T)

実は、1月にアップするつもりで
まとめて書いておいたものなんです。

なんでいきなり、その3からスタート
するのかと。

仕方ないので、古い記事を
その1,その2にでもします。e-263

2006-12-12 09:09 │ from ヨシザワURL

コメントありがとうございました。

>>たなかさん

2冊とも購読頂いたなんて
本当にありがとうございます。

その上、バイブルとまで
おっしゃって頂けるとは。e-319

これからも、よろしくお願いします。

2006-12-12 09:11 │ from ヨシザワURL

コメントありがとうございます

>>加藤先生

何言っているの。

大学講師の職まで獲得して
そこから顧客ガンガン取っている
じゃないですか!(^^)

2006-12-12 09:11 │ from ヨシザワURL

コメントありがとうございます

>>5296さん

また、予約投稿の罠に
はまったよ。

前回の「あけましておめでとうございます」
よりは良いけど。e-263

2006-12-12 09:13 │ from ヨシザワURL

あ、それで遺言特集が・・・(笑)

今年もよろしくお願いいたします
m(__)m

2006-12-12 12:55 │ from DOOR5296URL

コメントありがとうございました。

>>sさん

いやいや、「立場が違えば意見が違う」
と言うことで。e-263

たとえば、中国進出支援コンサルを
する人と、うちのお客さんのように
中国でのトラブルシューティングを
している人では、やっぱり
意見が違いますし。

今日もあの方達が推奨した
「おしゃれ起業」の後始末で
頭を下げてきました。e-263

本人は知らないんですけどね。(T T)

2006-12-12 13:32 │ from ヨシザワURL

コメントありがとうございました。

>>5296さん

誰かがブログ更新50しろと言うから
マジで書いちゃったよ。(^^)

とりえあず、サミットまで
ちゃんと月・水・金で更新するから。

昨年はお世話になりました。

今年もよろしくお願いします。

2006-12-12 13:34 │ from ヨシザワURL

昨日、ワールドビジネスサテライトで遺言の特集してましたよ。

先生のブログ見てるのかな??…(笑)

団塊の世代が相続した遺産を子供たちにきちんと相続できるようにって今から対策を…云々…。

僕は先生の3冊目の本よりもあのお店の方が気になります。

以上、coCommentより初投稿!!
僕が使ってるブラウザに対応してるかちょっと不安…。

2006-12-12 13:52 │ from 徳留新人URL

こんばんはv-280

こちらですか?

≪緑の葉≫さんが泣いた!商業出版特集ってv-290

 ↑  聡子先生のレスポンスからヒントv-426
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534041144/yoshizawaacc-22%20/ref=nosim/v-363

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534039816/yoshizawaacc-22%20/ref=nosim/v-363

感動いたしましたv-354

2006-12-12 20:04 │ from ≪緑の葉≫URL

コメントありがとうございました

>>《緑の葉》さん
宣伝ありがとうございました。(^O^)/

今一つ気付いたことがあります。



遺言は人気がない!┐(´ー`)┌

私が真面目に書くとコメントが
減ることが分かりましたよ。

ただあと5回ありますからね。

2006-12-12 20:18 │ from ヨシザワURL

kこんにちは。

吉沢さん

企画という関門突破の秘策ですね。
「抱き合わせ販売」のような。

2006-12-12 22:50 │ from タツURL Edit

吉澤さん、こんばんは。

確かにイキナリ「3」から始まってビックリしましたが、「きっとずっと昔に1,2を書かれたんだ」と前向きに(?)考えてました(汗)。

もう来年の分まで買いてらしたとは(汗)。

そんなに余裕あるなら、私のように毎日更新してください(笑)!

それと遺言でコメントできるのは、同業者かお金持ちさんなのではないかと(汗)。

絶対検索エンジン経由ではアクセス来ますって(笑)。

2006-12-12 22:54 │ from smooth@マインドマップ的読書感想文URL Edit

コメントありがとうございました

>>徳留さん

遺言は生々しすぎでリアクションが
悪いような。(//▽//)

ココメントにちゃんと反映してる?

2006-12-13 07:49 │ from ヨシザワURL

コメントありがとうございました

>>タツさん

抱き合わせ販売ですか。

また二冊買って頂いた方用の
プレゼント企画でも考えます!(^-^)/

2006-12-13 07:51 │ from ヨシザワURL

コメントありがとうございました

>>smoothさん

毎日なんて絶対無理ですよ~

ホントにいつ書いているんですかね。

一度止めると復帰が出来ないたちなので
取りあえず継続を優先します。(^O^)/

2006-12-13 07:56 │ from ヨシザワURL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/217-6b765ba6

宮川明のインターネット起業短期成功バイブル

インターネット・マーケッターの宮川明さんが公開する、全くのゼロからたったの1ヶ月で1,000万円以上稼ぎ出した、「ネット起業」“儲けのルール”、知りたい方は他にいませんか?このページであなたが見る情報は、あなたのインターネットビジネスの常識を覆すことになるで

2006-12-12 11:21 │ from 情報販売のインフォカート・・・SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。