商業出版特集-その7:こんな本を書いてはいけない! - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » マーケティング » 商業出版特集-その7:こんな本を書いてはいけない!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商業出版特集-その7:こんな本を書いてはいけない!

ほぼ月刊ワンポイントアドバイス<番外編>

前回の商業出版特集からの続きです。

メリットの多いブックマーケティングですが、
それ相応のデメリット、リスクというものがあります。

一つ目は「自分の言葉に責任を持たなくてはならない」ということ。

そしてもう一つのデメリットは、
批判されるリスクがあるということです。

「派手なタイトルと刺激的な文章で有名な
出版社から本を出した著者が、その後多数の
批判を受けてノイローゼで入院した」などという
噂もあります。

やはり、世の中に何らかのメッセージを出し、
露出することになれば当然批判をされるリスク
を負うことになるのです。


ただ、ここは非常に難しいところですね。

確かに、全く個人的なメッセージを載せず、事実だけを
書き連ねるという本もあるでしょう。

そのような本は、もちろん読者にとって
メリットの大きいものであるかも知れませんが、
その利用方法はいわば「手引書」であり、
その著者の名前すら覚えてくれない場合も
あり得るのです。


そういえば「法人税の取扱いと申告の手引き」の
著者さんって誰でしたっけ?

もちろんその本に意味がないと言うことではありませんが、
本をきっかけに顧客誘引をするという
ことを目指すのであれば
「読者に何らかの感情を持ってもらい
行動に移してもらう」

ようなメッセージを埋め込まないと
意味をなさなくなってしまうということです。

逆に言えば、ここがうまくいけば、
それ程部数が伸びなくても、かなり多くの
好意的なリアクションを頂ける場合もあるでしょう。

つまり、ここで大きな葛藤が生まれます。

ターゲット層の胸に響くメッセージを
埋め込まなくてはならないと言う必要性と
その主張に反発する層からの批判を受けるリスクを
どう考えるかと言うことです。

当然、誰もが納得するメッセージであれば
当たり前すぎて誰も反応しません。

大抵は、相手の心を動かすメッセージとは
「今までのものはダメ」
「私は他人とは違う」と言うような
何らかの既存概念と対立するものになるはずです。

そのため、そのようなメッセージを書く場合に、
「果たしてそこまでして言う必要のあることなのか」
を何度も検証した上で
書く必要があると言うことでしょう。

事実、私も第一作目の時は、
「いかに批判を受けないか」を考え、
相当最初の文章よりマイルドな仕上がりに
しましたし。

それを、単なるストレス発散のため
同業者の批判や業界裏話のような
ことを書き連ねることは、のちのち
大きな問題を自ら抱えることになりかねません。

例えば、我々に関わらず異業種や
同業者と人的なネットワークを
組んで知識の共有や仕事そのものに取り組む
場面も多いでしょう。

そのようなときに当然同業者を酷評したり
業界裏話的なものを披露しまくりの
本を書いていてはなかなか良好な
人的ネットワークなど作る
ことはむずかしいはずです。


そもそもストレス解消のために
書かれたとしか思えない
「自分以外はみんなバカ」的な本に反応
してくる人は「批判好き」な人でしょう。

影では自分が批判されることになる場合も。

ですから、そのようなメッセージを
お書きになることを私はオススメできませんね。

ってこの記事自体が、そういうメッセージを
書いている人を批判していることにもなるのかな~

だったら、すぐ謝ります。そういう人は怖いから


さらに詳しい説明は、
(株)アックスコンサルティング刊
月刊カセットCDの1月発刊分から3回に渡って
解説しております。

あるいは、こちら

凡人の凡人による凡人のための商業出版という
無料レポートをどうぞ。

そのためにも、改めて読み比べてみましょう。(^^)


起業家のための「手ガネ経営」で勝ち残る法
起業家のための「手ガネ経営」で勝ち残る法


はじめての「独立起業」なるほど成功ガイド
はじめての「独立?起業」なるほど成功ガイド


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます




【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

「派手なタイトルと刺激的な文章で有名な
出版社から本を出した著者」

これは、F出版のことかな?
著者は、もしかしてO先生
あれv-12イニシャルが全く同じだあ~
先日のカローラの話も同一人物なの?
ところで、私はベンツに興味ないです。
リセールバリューが低いのは大歓迎v-221
中古車狙いの私にとってはありがたい話ですね。
先代の7なんて新車のカローラ並みだもんね。
その7にも乗ったことがないけど(泣)

2007-03-14 20:31 │ from 川越名物☆税務と会計のビックリURL

さすが、埼玉のプリンスさまv-354

各方面へ綿密な気配りをなさりながら
有益な内容の御本を出版なさっただけあって
偉大なる大ベストセラー作家v-353として
説得力ありますね~v-426

2007-03-14 20:57 │ from ≪緑の葉≫URL

コメントありがとうございます

>>大林さん

いや、特定の方は想定していないです。ヾ( ´ー`)

あくまでも一般論として
注意すべきと思うことですから。(^O^)/

2007-03-14 22:42 │ from ヨシザワURL

コメントありがとうございます

>>《緑の葉》さん
いやいや単にビビっただけです。

誹謗中傷はやっぱり怖いですから。(≧▽≦)

2007-03-14 22:47 │ from ヨシザワURL

吉澤さん、こんばんは。

本田健さんは、あらゆる方向から文章をチェックして、「傷つけないよう」留意しているとか(汗)。

さすがです(汗)。

私の場合も、コメントしていて、たまに傷つけてしまうこともあるので、気をつけたいな、と(汗)。

2007-03-15 00:16 │ from smooth@マインドマップ的読書感想文URL Edit

コメントありがとうございます

>>smoothさん

本田健さんはさすがですね。

ただそれだけ注意しても一定数量の批判を
拾ってしまうのですから難しいですね。
私もちょっと調子に乗って言いたいこと
言ってしまうことが多いので自分への戒め
の意味を込めてこの記事を書きました。(^_^;)

2007-03-15 05:15 │ from ヨシザワURL

吉澤さん、こんばんは。

何とか15日も終わりました(多分)。
そろそろ帰りマス。
それとさっきフライングしたのは忘れてください(笑)。

2007-03-15 21:33 │ from smooth@マインドマップ的読書感想文URL Edit

吉澤さん、こんばんは!
なかなか見られない世界を少し見られたような気がします。
確かに批判されるリスクってありますよね。好き勝手言いますから(私も)・・・。ですが仰っている通りそれを強く避けると手引書になる。難しいものですね。

2007-03-16 01:22 │ from 手文庫URL

コメントありがとうございます

>>smoothさん

確定申告お疲れ様でした。

うちのも、また予約投稿が
お馬鹿さんになって、
えらいことになってました。e-263

2007-03-16 09:44 │ from ヨシザワURL

コメントありがとうございます

>>手文庫さん

そうなんですよね。

だから、無駄な感情的に
批判は絶対せず、
批判をかってでも言う価値があるかを
よく考える必要があると言うことでしょうね。

2007-03-16 09:45 │ from ヨシザワURL

ブロガーサミットお疲れ様でした。また、ありがとうございました。
先生のエネルギッシュなお姿にとても刺激を受けました。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

2007-03-18 15:27 │ from 出口 茂URL

吉澤先生へ

先日はブロガーサミット、お疲れ様でした。
商業出版のパネルディスカッションはどうなる
かな・・・と思っていましたが、吉澤先生の実
体験に裏打ちされたお話はしっかりメモをと
ってしまいました。

懇親会では残念ながらお話しすることができ
ませんでしたが、4月から東京ですのでまた
お会いすることができれば幸いです。

IKE■

2007-03-19 01:51 │ from IKEURL Edit

コメントありがとうございます

>>出口さん

土曜日はお世話になりました。

今後ともよろしくお願い致します。

2007-03-19 16:05 │ from ヨシザワURL

コメントありがとうございます

>>IKEさん

おっ、いよいよ4月から東京ですか。

一度、今度は書評系の方達と
一緒にゆっくりとお話ししましょうよ!

2007-03-19 16:06 │ from ヨシザワURL

O(≧▽≦)O ♪

根が繊細で弱気で臆病なんで

ノイローゼで入院しないために出版はやーめたO(≧▽≦)O ♪

2007-03-24 14:24 │ from kimutax@税金まにあURL

コメントありがとうございます

>>木村さん

木村さんくらいの実績があれば、
本当に無理に出版する必要は
ないでしょう。

「繊細で弱くで臆病」は
一応突っ込んでおいた方が
良いの?(^^)

2007-03-24 14:48 │ from ヨシザワURL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/208-4cdcbf45

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。