遺言特集-その3:なぜ遺産分割はもめるのか? - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » 遺言・相続 » 遺言特集-その3:なぜ遺産分割はもめるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺言特集-その3:なぜ遺産分割はもめるのか?

なぜ遺産分割はもめるのでしょう。

理由は「ミスマッチ」があるからです。

一つ目は「親子のミスマッチ」

これは、中小企業の事業承継の場面でよく見られます。

事業を引き継ぎ一緒に会社を運営していた子どもから見ると、
「名義は親父であっても、
あの財産の一部は俺が貢献してできたもの」
という自負があります。

ところが親からしてみれば、
「自分の事業を継がせてやった。
ゼロからこの事業を自分でやるよりははるかに恵まれている」

というように考えがちです。

このように親子間でも相続に関してミスマッチがあるのです。

そのため、このような意識のミスマッチを埋めることなく、
相続が発生してしまうと、
事業承継者とそれ以外の人の間で遺産分割に
関する争いごとが発生しがち
なのです。



二つ目のミスマッチは
「嫡男とそれ以外の兄弟のミスマッチ」です。

以前は、「家督相続」という言葉もあったように、
家の財産の散逸を防ぐため長男が財産の大半を相続し、
残りの人は「はんこ代」といわれるような
少しばかりの現金を持たされ祖遺産分割協議が
完了している場合も多かったと思います。

しかし、民法の「子供の間に相続分の差はない」
という考え方が浸透し、
バブルによって相続財産が生涯賃金を
大きく上回るようになった頃から、
そのような考え方ではなかなか相続はまと
まらなくなっています。


ところが、一方では冠婚葬祭の場面や墓の管理
などの場面では、何かと長男の負担が大きくなる傾向は
いまだに強く残っています。

どうも親はそれ程意識していないようですが、
実は長男とそれ以外の兄弟では、
期待していることも育て方自体も違っている場合が多く、
当然のことながら長男は
「その家の一家の長」という意識を持つことになります。

そうなると「財産の大半は自分が相続すべき」
という意識を持ちがちです。

しかしその他の兄弟は「あくまでも平等」であると思うため
ここでミスマッチが発生するわけです。

三つ目のミスマッチは
「親を扶養した人とそれ以外の人のミスマッチ」です。

老親と同居し最後まで看取った人は、
「この自宅は当然相続させて欲しいし、
それ以外の部分でも相続については
自分たちの努力を考慮して欲しい」

という考えを持つはずです。

もちろん多く人はそれらの考えを理解してくれるでしょう。

しかし、中には
「あの家族は親の年金で良い暮らしをした。
私は家賃の支払いで苦しんだのに、
あの家族はタダであの家に住んでいたのだ」

と言う考えを持つ相続人も決して少なくはありません。

「本当にそんな人はいるのか?」

事実、このような相談が最近多くなってきていますよ。

「相手がこちらの努力をそのまま理解してくれるとは
限らない」
ことを理解して
おかなくてはいけないということですね。

と言うわけで、次回は
「なぜ遺言は必要なのか」という
テーマでお話をすることにします。

人気blogランキングいつも応援ありがとうございます




【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

ついているもの

相続の問題は仲の良い兄弟姉妹でも、お互いについている人(配偶者)の意見でもめることも多いですよねー。
本来は関係ないのに・・・。

2006-12-06 00:15 │ from ユタURL

遺産相続

ヨシザワさん、こんばんわ。

遺産相続ってもめる要素がすごく高そうですね。
現に身内ももめていました。兄弟で裁判もありましたし。
私は子供で、無関心でしたが、
遺言は無かったように思います。そういう時の為にも必要なのでしょうね。

2006-12-06 02:43 │ from たなかURL Edit

避けては通れませんね

知らない間に、企画が進んでいますね。

さかのぼって、記事を読まねば(笑)。

2006-12-06 11:08 │ from ニタ@教えて会計URL Edit

コメントありがとうございます。

>>ユタさん

そうですね。さらに、その配偶者に
余計なことを吹き込む、
外野が登場してきたり。e-263

ちゃんと前提条件を理解して
話して欲しいものです。

2006-12-06 12:19 │ from ヨシザワURL

コメントありがとうございます

>>たなかさん

身近でもめた例があるのですね。

確かに、「遺言ですべて解決」なんて
コトはなりませんが、少なくとも
紛争解決の命綱には
なると思うんですけどね。

2006-12-06 12:20 │ from ヨシザワURL

コメントありがとうございます

>>ニタさん

確かに避けては通れませんねe-263

全10回ですから、まだまだ
続きますよ。(^^)

2006-12-06 12:21 │ from ヨシザワURL

ミスマッチ、納得です。

って先生、次は相続の本出すの??

2006-12-07 14:27 │ from 徳留新人URL

コメントありがとうございます

>>徳留さん

本はどうだろう。

遺言じゃ売れないでしょう。e-263

2006-12-07 18:16 │ from ヨシザワURL

コメントありがとうございました。

>>sさん

わざわざ、管理人限定での
貴重な情報ありがとうございます。(^^)

確かに別ブログも良いかなと思って
いたんですが。

コピーして別ブログ化しましょうか。

でも10記事くらいでも
意味があるんですか?e-263

2006-12-07 18:20 │ from ヨシザワURL

遺言書・・;

こんばんはv-280

知り合いのお宅では、2通の遺言書でもめてますv-12

気の弱いおじいさんは、無理やり書かされたみたい。

骨肉の争いは、避けたいですね。

2006-12-07 21:10 │ from ≪緑の葉≫URL

コメントありがとうございました

>>《緑の葉》さん
そういうこともあるのでやっぱり
公正証書の方をオススメしたいところですね。

2006-12-07 21:20 │ from ヨシザワURL

コメントありがとうございました

>>sさん

ありがとうございました。

今はキツいので年末にでもやってみます(^O^)/

2006-12-07 23:13 │ from ヨシザワURL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/198-22d05b88

“知識ゼロから年収3,000万円を突破する”宮川明のインターネット起業短期成功バイブル

インターネット起業短期成功バイブル

2006-12-06 00:54 │ from Infortop.net

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。