英語で読む 決算書が面白いほどわかる本 - あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ

あなたのファイナンス用心棒 吉澤 大 ブログ ホーム » スポンサー広告 » ビジネス書評・オススメ » 英語で読む 決算書が面白いほどわかる本

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語で読む 決算書が面白いほどわかる本

日英対訳 金児昭が書いた 英語で読む決算書が面白いほどわかる本

前回は著名レビュアーの記事を書いたので、
今回は彼らも読んでないであろう本をご紹介します。

(小さな対抗意識ですね

って、よく見てみたらAmazon時代の土井英司さんの
レビューが思いっきり入っていました。(T T)

やっぱり読んでいるのね。


作者は、元信越化学工業の経理担当常務で
公認会計士の試験委員も努めた、
「伝説の経理マン」金児 昭氏。

そしてこの本は、金児氏の語る
会計の基本を日本語のみならず
英語の対訳付で書かれています。

もちろん日本語だけを読んでも
非常に優れた会計基本書ということがわかるはずです。


私が強く心に残っているのは、
「経理主導では会社は伸びない」と言う点。



40年以上も経理畑の仕事をしていると、
普通の人間であれば、「経理こそ実は
経営にとって最も重要なこと」と
考えがちでしょう。

しかし、金児氏は
「メーカーがものを
売るためには販売、生産、研究が
三位一体となることが必要。
この中には経理や人事は、
入っていない。」

さらに
「経理の仕事は、バックアップ、
協力的アドバイス、サポート」
であり、あくまでも経理や
人事は三位一体の部門の
バックアップが仕事と
言い切っています。

経理のみならず、誰もが
自分の行っている業務を世の中の
中心と考えがちなところ、
冷静に全体を見渡した上で
自分の仕事の位置づけを
知る必要がある
ことを
思い出させてくれます。

もちろん英文会計の基本を
知るためのテキストと
しても最良の一冊
でしょう。

事実、私もガイジンに
会計の基本を説明しなくてはならない
時に、この本を必死に何度も
読むことで乗り切ったものです。

(もう、二度とやりたくないですけどね

まあ、TOEICとかには全く役に立たないとは思いますが・・・
★★★★★

日英対訳 金児昭が書いた 英語で読む決算書が面白いほどわかる本

ちなみにTOEICには、こちらの方が

TOEICテスト新公式問題集


TOEICテスト 新・最強トリプル模試

最新の人気blogランキングへ




【濃縮エッセンス】実務から生まれた即効性のあるスキルをお届け!

クローズド勉強会音源ファイル


コメント
非公開コメント

もちろん、読んでません。

こんにちは!

学生時代、アメリカ旅行の最中のこと、
ある米国人に日本のスラングを教えろと言われました。日本には、スラングは無いと説明しましたが、相手は納得せず。仕方ないので
「お前の母さん、でべそ」を教えるのに、おへその単語が分からす、大変苦労しました。
結局、通じましたが、英語の勉強が足りないといわれたことを思い出しました。

2006-09-15 14:49 │ from ニタ@教えて会計URL Edit

コメントありがとうございます

>>ニタさん

こんにちは!

最初に浮かんだスラングが
「お前の母さんでべそ」なんですかe-263

英語でなんて言うんでしょうね。

2006-09-15 16:29 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

こんにちは

会社勤めのときに英語の試験があって、聞き取り、筆記ともの判定不能と判定されました。以来英語は嫌いだ。

「おまえの母さんでべそ」なつかしか。
30年ぶりに聞いたセリフですね。

2006-09-15 16:43 │ from 中川隆政URL

コメントありがとうございます

>>中川先生

私もNativeのプライベートレッスンが
きつくて、少しでも楽になるように
勉強しているわけで。

先生が若いおねえさんなら
ガンガン習得できそうですが、
なにせ、私の先生は
ブルースウイリス似の
元特殊部隊員ですぜ。e-263

2006-09-15 16:55 │ from Yoshizawa Accounting OfficeURL

トラックバック

http://yoshizawaacc.blog37.fc2.com/tb.php/150-f03a2939

面白い 本

今回は 面白い 本 関連ブログを紹介しましょう。それぞれのブログにもぜひ訪れてくださいね!

2006-11-24 18:15 │ from 本|本達

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。